格ゲーの世界大会で無名のパキスタン人が優勝 「国には俺より強いやつがゴロゴロいる」 →1年後

    全体:15月:1週:1日:0

1 名前:ジャンピングパワーボム(宮城県) [US]:2019/11/23(土) 09:03:43.52 ID:ffotGJfa0
tk09「パキスタンには俺より強い奴が沢山いる」は本当だった!
「Tokyo Tekken Masters 2019」、パキスタンから初来日のAtif Butt選手が堂々優勝

昨年の「Tokyo Tekken Masters」の時点では、パキスタンに「鉄拳」コミュニティが存在していること自体、誰も知らなかった。これは、パキスタンがネット環境などが整わない途上国であり、ビザ取得にも難がある閉鎖的な国であることが所以だろう。そんな彼らが脚光が浴びたのが、2019年1月に福岡で開催された「EVO Japan」である。無名であったパキスタン人のArslan Ash選手が、錚々たる強豪たちに打ち勝ち優勝しただけでなく、こんなコメントを残したのだ。「パキスタンには俺より強い奴が沢山いる」と。

■まさに異次元の強さ、パキスタン勢の前に続々と敗れる日本人プロ選手たち

知名度では日本一と言っても過言ではない、ベテランプロプレーヤーのノビ選手ですら、Atif Butt選手に一太刀を浴びせることすら叶わなかった。ノビ選手は「鉄拳5」からドラグノフを使い続けており、ベテランならではの切れ味のある攻めが真骨頂だ。しかしその攻めもAtif Butt選手にことごとく凌がれ、気づけば試合のペースはAtif Butt選手に。最終的にはしゃがみ右パンチからの高火力コンボに翻弄され、ノビ選手も2-0で敗れた。

■パキスタン勢同士の決勝、新時代の到来

決勝戦、これまで圧倒的な強さを見せつけ、今までの「鉄拳」界の常識を打ち壊したパキスタンの両名が、異次元の「鉄拳」を繰り広げた。豪鬼同キャラ戦となった決勝戦だが、両者一歩も引かず、試合は高度なコンボ、差し合い、そして反撃の応酬となった。両者とも、反応速度、判断力、コマンド精度どれをとっても前代未聞の水準を持っており、とてもじゃないが真似できる動きではない。彼らを目の当たりにして、会場は口をあんぐりと開けてただただ試合を眺めるばかりだ。

原田PはTOP8全員を称えると共に、パキスタン勢の活躍に対して、「歴史が変わった瞬間を目の当たりにした」とコメントした。昨年まではその存在すら知られていなかったパキスタンの「鉄拳」コミュニティが、今では日本開催の「Tekken Tokyo Masters」を完封するまでになっている。これはまさに「鉄拳」新時代の到来といっても過言ではない。

https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1215049.html
続きを読む

引き用元サイト: 痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1995941.html

 - びっくりニュース

新着記事

  1. 【画像】 完成間近だった魚の彫像、「卑猥だ」と苦情が相次ぎ取り壊される
  2. 華原朋美が金欠すぎてファンにお金求める 助けたいなら「お金くれ」
  3. 新型コロナウイルスは空気感染する 米CDCが確認
  4. 菅内閣、新婚生活60万円補助へ 少子化対策で
  5. 【画像】華原朋美の激変ぶりに驚きの声
  6. 爆笑問題田中、コロナ後遺症で嗅覚を失う
  7. 藤井聡太二冠の自作PC CPUに「ライゼンスレッドリッパー3990X」(約50万円)を使用と明かす
  8. 枝野代表、デジタル化を後ろ向きと批判 「前向きの自然エネルギーで食っていこう」と訴える
  9. 「ソフト・オン・デマンド」が歌舞伎町に大人のテーマパーク「SOD LAND」をオープンへ
  10. ノーベル平和賞候補に文大統領、トランプ氏、グレタ氏、WHO、BLM…ブックメーカー予想が酷すぎると話題に
  11. 【新聞離れ】 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は「350万部以下」、10年で300万部失う
  12. 【画像】 イオンがブラの工場で作った“上品な”マスクを販売 「フォーマルな場での着用に最適」
  13. 白髪でマスク姿の男性が女児に「10万ボルトで殺すぞ」と暴言を吐く事案が発生
  14. 【Amazon】PS5を「キャンセル不可」で35万円の高額出品 騙されて購入してしまう人続出
  15. ワニもヘリウムガスで声高く 日本人にイグ・ノーベル賞 14年連続
  16. 新型コロナウイルス、脳細胞を乗っ取り自己複製しているという新事実
  17. 菅首相、10万円再給付を示唆
  18. PS5、PS4のゲーム「99%」と互換性あり
  19. 【中国】「森林の中での生活を提案」…緑あふれるマンション、蚊の大量発生でほぼ無人に
  20. 海外プロテインバーに生きた虫混入 貿易商社「海外ではそもそも虫は危険ではない」
  21. 【炎上】 配信中と気付かず父親が2歳児に肘打ちなどの虐待 母親「温かく見守って」
  22. マスク拒否の男性「同じ列の乗客から『気持ち悪い。こんなんと一緒に乗られへん。あっち行け』と言われ意固地になった」
  23. 立憲・小川氏「菅総理の生い立ちを国会で追及していく」「どういう人間かは出自で決まる」
  24. 「PayPay」も不正利用 ゆうちょ銀行口座から不正な引き出し
  25. 米国、「中国製の衣服」を輸入禁止、いきなり今日から
  26. 町山智浩 「天安門広場での死者はなかった。死傷者が出たのは天安門広場の外」
  27. 【画像】 中国が凶悪な見た目の可変式サソリ型ゲーミングチェア発表 価格21万円
  28. 「餃子のタレがないならすぐ買ってこい!」車で30分の町まで買いに行かせる夫に批判相次ぐ
  29. 婚活に励む30歳CA 「年収1億円の男はもう無理かも」
  30. 「業務用スープだろ!」とSNSで中傷された人気ラーメン店、裁判で勝訴するも粘着され続ける
アクセスランキング