ゴーン被告のお父さん、とんでもない極悪人だった…神父銃殺・麻薬・賄賂・偽札・死刑判決・模範囚→刑務所脱出

    全体:6月:6週:1日:0

1 名前:ガーディス ★:2020/01/12(日) 15:51:12.90 ID:jrPx93Ex9
gonレバノンに逃亡したカルロス・ゴーンの記者会見は、レバノンをはじめアラブ諸国でも大々的に報じられているが、衝撃的な報道が登場した。それは、ゴーンの実父、ジョージ・ゴーン(2006年に死亡)が、かつて密輸にからむ殺人事件を起こした後、いくつもの事件で死刑判決を受けていた、というものである。

ドバイのアル・アラビーヤ国際ニュース衛星放送が報じたところによると、フランスのオプセルヴァトゥール(L’Obs)の東京特派員レジー・アルノー記者が、カルロス・ゴーンの人生にせまる『逃亡者』という本を2月5日に発売する。その本に、ゴーンが6歳のとき、父親のジョージが犯した殺人事件について触れていることが明らかになった。

ただの脅しのつもりが……

アルノー記者の本を事前に入手したクウェートのアル・カバス紙によると、事件が起きたのは1960年4月17日。レバノンの村の路上で銃殺された死体が発見された。

被害者は、ボリス・ムスアド神父。3日後に5人組の犯人グループが逮捕された。その一人が、当時37歳だったジョージ・ゴーン。ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業者であり、ジョージは検察官の取り調べに対し、「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」と供述している。

ジョージは事件の20年前にナイジェリアの首都ラゴスでボリス神父と出会っていた。ボリスはレバノンの山岳地帯で羊飼いから神父になった人物。その神父にジョージは密輸を依頼するようになる。儲けたカネを分け合う関係だったが、「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」と、ジョージは供述している。

事件当時、息子のカルロスは6歳。父親は殺人で逮捕されるのだが、その後、さらなる驚きの犯罪が発覚する。

https://forbesjapan.com/articles/detail/31734/1/1/1
続きを読む

引き用元サイト: 痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1997131.html

 - びっくりニュース

新着記事

  1. 【画像】 いきなりステーキ、いきなりカードが使えなくなる
  2. 中国政府、27日から海外への団体旅行を全面中止へ
  3. 【悲報】 タピオカブーム終了で閉店ラッシュ 冬すら越せず
  4. 【新型肺炎】 国内3人目の患者 症状軽く入院せず
  5. 厚労省から国民の皆様へのメッセージ「過剰に心配すんな!」 以上
  6. 【東京五輪】時給1600円の有償スタッフ募集に、ボランティア「だまされた」と憤慨
  7. 新型コロナウイルス、日本国内で2人目の感染者を確認 武漢在住の旅行者
  8. 【画像】 日本政府「中国から来た方はアンケート調査にご協力くださーい」…新型コロナウイルス対策
  9. 欅坂46・平手友梨奈(18)がグループ脱退を発表
  10. 【中国】「マスクは切ってから捨てて」 拾って再販売する業者を警戒、ネットで呼び掛け
  11. 中国・武漢閉鎖へ 本日10時から市民の移動を禁止
  12. 【大阪】 吉村知事、松井市長「大阪府→大阪都」への名称変更目指す…「わくわく感が出る」
  13. 10代が予想する今年の流行語大賞は 「チンチャ(本当)それな」
  14. 【新型肺炎】 中国衛生当局「ウイルスが変異する可能性があり、さらに拡散するリスクがある」と発表
  15. 「歳を取るとゲームを始めるのが憂鬱になる」に共感多数 マップを暗記してエイムを鍛えるのがしんどい
  16. 【動画】 中国でバンジージャンプオープン記念に豚が宙を舞う 非難殺到
  17. 中国人『病院が肺炎患者で溢れかえって、みんなバタバタ倒れている助けて!』←中国当局、速攻で削除
  18. 総務省がインターネット利用者による負担金制度検討 5G網全国整備へ
  19. 総務省がインターネット利用者による負担金制度検討 5G網全国整備へ
  20. 【画像】 本屋、ポップや装飾でAmazonに対抗 「Amazonには絶対負けないと思ってる」
  21. 【悲報】 ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される
  22. 山下達郎、紅白の「AI美空ひばり」をバッサリ「一言で申し上げると、冒とくです」
  23. 新設のアメリカ宇宙軍が軍服を発表 → 迷彩柄で炎上 「宇宙で迷彩? 税金の浪費だ」
  24. 人気アニメ「鬼滅の刃」主人公のイヤリングが旭日旗であると韓国系米国人が発狂 海外呆れ
  25. 【ネット】 新発売の「スズメバチ巣駆除剤」に批判の声 「生態系壊す危険がある」
  26. 【画像】 中国、世界一高い橋が完成 ヤバすぎると話題に
  27. 預貯金口座とマイナンバー連結義務化検討を要請…高市総務相
  28. 【韓国】 鼻の頭を赤く塗るイチゴ鼻メイクが大流行 今春には日本の女子の鼻の頭も真っ赤になるぞ(写真あり)
  29. 日経新聞「パワーワードとは力強いことば、パワワと略されます。例:『婚約者と別れた』」
  30. 【画像】 香山リカ 「日本が中国に乗っ取られても『中国の味方です』と言って生き延びるよ~笑」
アクセスランキング