【話題】「2025年問題」をご存知ですか??9年後この国に起こること・・・・・

    全体:4月:0週:0日:0

1: 影のたけし軍団 ★ 2016/03/30(水) 09:58:12.04 ID:ID:CAP_USER*.net
「このまま無為無策で過ごせば、日本はとんでもない事態に見舞われます。
社会保障の破綻、際限のない増税といった山積みの問題が、10年足らずで一気に表面化するのです」

こう警鐘を鳴らすのは、政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏だ。

およそ1世紀も増え続けてきた日本の人口が、昨年ついに減り始めた。
「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、
65歳以上の人口は3500万人を突破する。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、
人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」(前出・松谷氏)

東京五輪が終わったあと、日本の姿は、今とは大きく変わっている。

現在と同水準の人口を維持できるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏と、愛知・沖縄・滋賀のみ。
青森・岩手・秋田・山形・福島の東北各県や、中四国の大半の県は、軒並み1割人口を減らす。

働き方も、大変化に見舞われる。厚生労働省のデータによれば、'00~'10年の10年間で、事務職や工業系技術者は14%、
農家や漁師は30%、また土木作業者や建設技術者は40%も減っている。

一方、介護関係職員は倍以上に増加し、葬儀関係者も1・5倍に増えた。この傾向は、2025年までにますます加速する。

若者が減り、老人が増える。何かを作る仕事に携わる人が減り、介護や葬儀に携わる人が激増する。
もはや、国全体が老境に入ってしまったような状態だ。しかも—。

「現時点でも、軽度のものを含めれば、少なくとも820万人が認知症を患っているという厚労省のデータがあります。
それに基づけば、2025年には今の1・5倍、1200万人以上が認知症になっていてもおかしくありません」(国際医療福祉大学教授の高橋泰氏)

全国民の10人に1人がボケている。そんな国が成り立つのか、という疑問がわいてくるが、あと9年で画期的な対策が見つかるとも思えない。
特別養護老人ホームには順番待ちの長い列ができ、認知症の特効薬ができる気配もない。もはや策は尽きている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48254

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459299492

続きを読む

引き用元サイト:【2ch】ニュー速クオリティ

記事元url: http://news4vip.livedoor.biz/archives/52151406.html

 - ニュー速クオリティ

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. コモドドラゴンの血液から強い抗菌作用発見 新薬「竜の血」の開発に期待
  2. 【田舎はヘビにご注意を!】田舎が嫌い子ちゃん 第10話
  3. あるある過ぎて笑う! 風邪薬のCMにありがちな演出12選
  4. 男子は閲覧注意...「女友達 = 最強🔥」と思った瞬間 5選
  5. 【いつの間にか腹筋バキバキ】演劇部だった人にしか分からないこと 11選
  6. 年収1億円ってこんな生活...?金持ちは住む世界が違うとわかる話 6選
  7. 「男は顔より心が大事」と思い知らせる7人のイケメン
  8. 助産師「今あなたがうんこだと思ってるのは赤ちゃん!」出産に関する波乱万丈な話 5選
  9. 散髪中に見てはいけない美容師との会話 7選
  10. 【画像】 重量19Kgの世界最強ノートパソコンDuraPACが凄すぎる件 / カフェでノマドに最適
  11. 幸せな家庭はこう築く!夫婦円満の「意外なカギ」5選
  12. 【画像】 ヘリ飛行に激おこ中の翁長知事、怒りのあまり見せてはいけないものを見せてしまう
  13. 【子育てってこういうこと】大人になって気づいた8のこと
  14. 【本当の動機】 犬とゴリラ 第22話
  15. 幼い兄弟(2歳・1歳)を生きたままオーブンで殺害 母親逮捕 ジョージア州・アトランタ
  16. 花で描いた世界地図!高校生の作品が世界平和を考えさせる
  17. 科捜研が出るまでもない! 極悪非道ニャンコが残した言い逃れできない物的証拠 8選
  18. 【デッドライン症候群が産んだ悲劇】身に覚えがありすぎる7つのつぶやき
  19. 平成生まれと会話が噛み合わない!時が経つのは早いと感じざるをえない瞬間8選
  20. 「生理」が言いずらいあなたに!明日からマネしたくなる言い回し10選
  21. ホリエモン「保育士の給与が低いのは誰にでもできる仕事だから」発言で物議! 「保育士馬鹿にしてる」
  22. 東京五輪ボランティアで薬剤師募集中…10日間以上勤務、英語で服薬指導のできる資格持ちが条件 報酬は無し
  23. アラサーになっても語り継がれる!子ども時代の衝撃的な話6選
  24. どうしたカップヌードル!? 上司の理不尽な修正指示にデザイナーがヤケクソになる
  25. 【恋愛に性別は関係ない!】僕の彼女は〇〇さん 第30話
  26. 【あなたの状態診断】今一番食べたいもの、食べたくないものは?
  27. 【ぱっと見、スケベな丼ぶり】きっと私だけじゃないはず!トラップとしか思えない空目8選
  28. 【奥さんのセンスがハンパない】購入待ったなしの珍グッズ 8選
  29. 5年前の父の日に「息子がくれたお守り」が行方不明に。しかしSNSの力で父親のもとへ...
  30. 【考えた人天才】夫婦仲を安定させるには「敵を用意すること」がベストである
アクセスランキング