【話題】「2025年問題」をご存知ですか??9年後この国に起こること・・・・・

    全体:4月:0週:0日:0

1: 影のたけし軍団 ★ 2016/03/30(水) 09:58:12.04 ID:ID:CAP_USER*.net
「このまま無為無策で過ごせば、日本はとんでもない事態に見舞われます。
社会保障の破綻、際限のない増税といった山積みの問題が、10年足らずで一気に表面化するのです」

こう警鐘を鳴らすのは、政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏だ。

およそ1世紀も増え続けてきた日本の人口が、昨年ついに減り始めた。
「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、
65歳以上の人口は3500万人を突破する。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、
人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。これが『2025年問題』です」(前出・松谷氏)

東京五輪が終わったあと、日本の姿は、今とは大きく変わっている。

現在と同水準の人口を維持できるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏と、愛知・沖縄・滋賀のみ。
青森・岩手・秋田・山形・福島の東北各県や、中四国の大半の県は、軒並み1割人口を減らす。

働き方も、大変化に見舞われる。厚生労働省のデータによれば、'00~'10年の10年間で、事務職や工業系技術者は14%、
農家や漁師は30%、また土木作業者や建設技術者は40%も減っている。

一方、介護関係職員は倍以上に増加し、葬儀関係者も1・5倍に増えた。この傾向は、2025年までにますます加速する。

若者が減り、老人が増える。何かを作る仕事に携わる人が減り、介護や葬儀に携わる人が激増する。
もはや、国全体が老境に入ってしまったような状態だ。しかも—。

「現時点でも、軽度のものを含めれば、少なくとも820万人が認知症を患っているという厚労省のデータがあります。
それに基づけば、2025年には今の1・5倍、1200万人以上が認知症になっていてもおかしくありません」(国際医療福祉大学教授の高橋泰氏)

全国民の10人に1人がボケている。そんな国が成り立つのか、という疑問がわいてくるが、あと9年で画期的な対策が見つかるとも思えない。
特別養護老人ホームには順番待ちの長い列ができ、認知症の特効薬ができる気配もない。もはや策は尽きている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48254

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1459299492

続きを読む

引き用元サイト:【2ch】ニュー速クオリティ

記事元url: http://news4vip.livedoor.biz/archives/52151406.html

 - ニュー速クオリティ

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 「好き」のキモチは伝えよう!言葉にすることの大切さを実感した6つのエピソード
  2. 【埼玉】 肛門にふざけて空気注入、同僚死なせる
  3. 「信じて待ってたのに1人も来なかった」…30人の貸切予約があった小さな飲食店の悲しみ
  4. ますますファンになりました!思わず笑顔になる「いろんな企業の神対応」 5選
  5. 生まれた子どもの姿はなんと... 「元勇者」のドタバタ子育て漫画にママたち共感
  6. NHK集金人を撮影し投稿すれば30万円もらえるコンテスト開始 議員が企画
  7. 【 「お金をどんな風に使う人か」で相手を選びなさい】幸せを掴むための名言5選
  8. ダメ人間の代表と思いきや!のび太、実はトンデモなく優秀な人物説
  9. 【吹いたら負け】あなたの腹筋を破壊する爆笑ボケて11選
  10. おっちゃん逃げて!(笑) パニックを起こしかねない「笑えるトンデモ勘違い」 7選
  11. NHK集金人が女の家に1日17枚も手紙入れる 市議会議員が集金人を直撃し女を救う動画が話題に
  12. 100点満点の芸術点をあげたい「見た目で攻めるキャラ料理」7選
  13. 全裸にオレンジピンクのブラジャー男 気温6℃の武蔵村山路上に出没
  14. 【思わず頬が緩む】電車で起きた心がほっこりするエピソード 6選
  15. 座間殺人事件アパート入居者募集 家賃19000円
  16. 受験生のみんな!追い込み前に笑ってリラックスだ!試験に現れた6人の猛者たち
  17. 【共感したあなたはダメ人間】欲望に勝てなかった人たちの叫び 5選
  18. 【頑張りすぎ ≠ 良いこと】改めて考えたい「日本の風習のアレコレ」 6選
  19. 入れ歯も吹っ飛ぶ「じいちゃんばあちゃんとの笑える電話」 6選
  20. 可愛さと笑いの融合!クスッとくる動物のボケて11選
  21. 「禁断スピードおつまみ」7選!お酒と相性バツグンすぎて考えた人を褒め称えたい
  22. 【茨城】 バイト中に15歳少女が転落死 屋根で太陽光パネル点検作業/古河市
  23. 【この映画館は反則】人をこの上なくダメにするソファ 11選
  24. 現代に物申す!日本の「寒い時期に起きがちな問題」をぶった切るつぶやき 6選
  25. 右手に飲み物、左手にスマホ、耳にイヤホンという曲芸乗りでおばあちゃんを轢き殺した自転車の女子大生を書類送検
  26. 【伝説の再臨】ホストの拳 第7話
  27. ケンカして3秒で和解!みんなの「仲直りエピソード」に癒される 5選
  28. 男「ごめんママと間違えて誤送信」よくあるLINEの会話を描いたイラストに笑う
  29. 【ツノ】 街角イジゲン 第7話
  30. カワウソの可愛さポテンシャルが思った以上に高い件(画像13枚)
アクセスランキング