室井佑月氏がミサイル迎撃に異議 「迎撃したら破片が飛んできて危ない」

    全体:10月:1週:0日:0

1 名前:Pescatora ★@\(^o^)/ :2017/08/11(金) 09:58:47.05 ID:CAP_USER9.net
234376ae7cd38cfde2e444262c1d320f-m10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、作家の室井佑月氏が、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、自衛隊の地対空誘導弾パトリオット「PAC3」で迎撃した際のリスクを指摘した。

番組では、ミサイルの脅威で米国を威嚇する北朝鮮について特集し、識者が見解を語った。8日、米国・トランプ大統領の「これ以上アメリカを挑発するなら、見たことのない炎と怒りを見るだろう」という北朝鮮への発言を受けて、9日、北朝鮮はグアム島周辺に向けて4発の「ICBM」を発射することを検討していると表明した。

その後、トランプ大統領はTwitter上で北朝鮮に反発するも、10日、北朝鮮は「ミサイル4発が同時に発射され、日本の島根、広島、高知の上空を通過しながら、グアム周辺30~40kmに着弾する」と、具体的な計画を明らかにした。

番組では「最新情報」として、同日午前の衆院安全保障委員会における「PAC3の空白地域があることは問題ではありませんか?」という小野寺五典防衛相への質問を取り上げた。

スタジオでは、元防衛省自衛隊情報分析官・西村金一氏が、PAC3は移動型のため、北朝鮮のミサイルが飛行するであろう地域に持っていき、仮にミサイルが日本に飛んでくることになれば、迎撃することができるだろうと解説した。

すると室井氏が「でも迎撃ってしたらいいものじゃなくて」「下に地面がある場合って、破片がどこに飛んでくるかも分からないですよね」「日本の国土の近くでやったら破片が飛んできて、迎撃も危ないってことですよね」と疑問を呈したのだ。

西村氏は「命中したら(ミサイルの)破片は必ず落ちてきます」「対馬海峡のところにイージス艦を置いて、SM3(艦船発射型弾道弾迎撃ミサイル)で打ち落とすというのが一番いい」「そこでも日本に破片が落ちてくる可能性はあります」と解説していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/13458954/
続きを読む

引き用元サイト:痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1936011.html

 - 痛いニュース(ノ∀`)

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. ダイエット中の人は見習いたい!筋肉を愛する人たちのマッスルワード5選
  2. 【激突⁈ お姉ちゃん VS 妹】オタクな姉とリア充な妹 第7話
  3. 【🔥謎の儀式開催🔥】斜め上から切り込む子どもの「攻めた遊び」9選
  4. 【にゃんこの団子】冬はネコ界で事件が頻発 ← ほぼ暖房を巡るトラブルでした
  5. カップルばかりだと思った?水族館のお笑いポテンシャルがやたら高い4選
  6. カップルばかりだと思った?水族館のお笑いポテンシャルがやたら高い4選
  7. 2秒でファンになりました!芸能人と一般人の「ほっこり交流記」5選
  8. ノーベル賞作家の作品送ってみたら…全出版社がボツに ファンが「実験」
  9. 「山田くん座布団5枚持ってきて〜」ネーミングセンスがキレッキレな食品 9選
  10. 中国人「俺、この62階建てビルの屋上で懸垂に成功したらプロポーズするんだ」→転落死
  11. 「ネバーギブアップするな」校長先生の言動に全校生徒が吹いた瞬間 5選
  12. 【初出勤!】レジの佐藤さんはあがり症 第2話
  13. 【今年もお渡しします】2017年「あなたの成績通知表診断」
  14. 【沖縄の人は海ブドウ食べないし…】他県民が勘違いしやすい「県民のホンネ」8選
  15. おぎぬまXの4コマ空間 第8話 ~わたしの秘密編~
  16. 最高齢は80歳!高齢者による本気の劇団「かんじゅく座」から広がる絆
  17. ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される
  18. 趣味を通じて出会った2人が結婚!ウエディングケーキのデザインが話題に
  19. 笑いの神が舞い降りた!トンデモ勘違いが生んだ「爆笑の領収書」 6選
  20. ダンナさんちょっと見てって!妻から夫への5つのお願い
  21. 【期待に応えられず申し訳ありません】りゅうちぇるが謎の謝罪会見を開催
  22. 猫は世界を平和にする5つの証明
  23. 育児中の人にも見てほしい!「本田圭佑の名言」が冴え渡っている6選
  24. 完全にコントじゃねぇか!(笑) みんなの「職質エピソード」 に警官も吹き出す6選
  25. 【人生3倍は楽しんでる】どんなこともポジティブに変換する6人の強者たち
  26. 【沖縄】 一歳児「母さん、ドーン、ドーンだよ」と、米軍機が飛んだときのことを話したと保護者
  27. 【すべらない話テロ】電車の中ではキケンな「隣から聞こえてきた会話」7選
  28. 【好きなあの人の妹】僕の彼女は〇〇さん 第38話
  29. 久しぶりに帰宅したのに猫がそっけない。しかし母から衝撃の真実が…!
  30. AIを使い、好きな女優やアイドルの顔をポルノ動画に違和感なく合成することに成功
アクセスランキング