【AI大失業時代】 20年後、人間が「マクドナルドの肉焼き係」を奪い合う日がやって来る

    全体:6月:2週:0日:0

1 名前:野良ハムスター ★:2017/08/18(金) 19:04:54.66 ID:CAP_USER9
1インターネットが商用化されたのが1990年代初期。この当時、流通が劇的に変わると騒ぎになった。旅行会社や書店、窓口で株を販売する証券会社はいずれなくなり、これからはインターネット企業の時代だと言われた。

2000年にインターネットバブルが起きて、バブルははじけた。「インターネット企業なんて所詮幻想だよ」と言われたものだが、20年後の2014年になってみると実際にリアルな書店や中小の旅行会社の方が街角から消えていった。やはりインターネットはおもちゃではなく脅威だったのだ。

ここでの問題はAIだ。猫と人間を区別できる学習能力を備えたAIが出現したのが2012年だとすると、20年後の2032年には、おそらく人間よりも賢い「AI上司」が人間から仕事を奪う現実の脅威になっているはずだ。

そしてその5年前、つまり2027年くらいの段階ではまだ人型のAIを人類は「おもちゃだよ」と言って馬鹿にしているだろう。カシオのデジカメがフィルムメーカーの幹部に馬鹿にされたのと同じ現象が起きる。

実際今から5年前、囲碁や将棋のソフトも同じように人類から馬鹿にされていた。「あんなソフトウェアにプロの棋士が負けるはずがない」と。

仮にソフトが棋士に勝つ日が来ても、それは計算力で勝てるだけで、思考力でAIがプロ棋士に勝つとは誰も思わなかった。技術の進化や学習能力とはそのようなものだ。AIの場合、1年前は幼稚園児並の思考しかできなかったものが1年で人類よりも頭がよいレベルへと変貌する。

イノベーションの技術サイクルは過去、ペニシリンや化学繊維、コンピュータからロボットまですべてにあてはまってきた。20年後、そして5年後というのは、バカにしていたオモチャが化け物に変貌するまでには十分な期間なのである。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52465?page=2
続きを読む

引き用元サイト:痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1936562.html

 - 痛いニュース(ノ∀`)

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Delete」を後悔 あまりにやりにくい
  2. 【愛は地球を救うの巻】動物番長 ラッコン 第3話
  3. 【口がァッ口がァ!!!!/虫多すぎ】田舎が嫌い子ちゃん 第7話
  4. その感性を大事にしてね!「子どもの見てる世界は大人と違う」と感じた瞬間9選
  5. 韓国、北朝鮮に9億円の支援決定
  6. 「用はないけど、なんだこれ!?」スーパーで見つけたつい立ち止まってしまう光景8選
  7. クオリティーはんぱない(笑)誕生日に食べたい、一生忘れられないケーキ10選
  8. 頭の体操してみます?開智高校謎解き制作集団『K-Index』の問題にチャレンジ!
  9. これは寄ってみたい。商品より見た目のインパクトを重視したコンビニたち 11選
  10. 人間の脳 初めてインターネットに接続
  11. どんな時でもカープ愛は忘れない!わや面白い広島県の実態8選
  12. アマゾンで買ったスリッパの裏にハーケンクロイツが! 消費者が激怒しクレーム → 勘違いでした
  13. 歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退
  14. 永遠の人生の師はおかんである。「母親」が放った個性あふれるアドバイス9選
  15. 【地道な聞き込み】 犬とゴリラ 第18話
  16. “異物混入給食”大磯町 「原因が特定されるまでは給食業者を変更しない」
  17. 「妥協を許さない彼女だからこそ…」 安室奈美恵の引退に、ファン反応
  18. ごめん、見逃して下さい!寝ぼけてやっちゃった不思議な行動8選
  19. 「大人」ってなに!よく聞く「もう大人なんだから」というアドバイスは無視すべき理由
  20. 認知症の祖母にネイルをしてあげた理由 「孫としての私は忘れてしまったけど…」
  21. 発想の勝利に拍手!マネしたくなるユニークなアイディア8選
  22. 「そうだったの?!」が止まらない。日常に潜む、まだ知られていない意外な知識9選
  23. 泥酔運転で人身事故←テキーラなど17杯飲んで車は車検切れ、自賠責保険もなし
  24. 犯人はこの家の中にいる!危うく迷宮入りしそうな「やんちゃペットの犯行」10選
  25. CGもワイヤーアクションもなし?パルクールのプロが江戸を舞台に侍・忍者とバトル!
  26. 【電磁パルス攻撃】 Jアラートが鳴ったら、パソコンのコンセント抜き、部屋の中心部に移動して感電を避ける。蛍光灯の破裂から頭を守る
  27. 「犬に車を運転させる」 驚きの映像が伝えたかったコト
  28. センス爆発!思わず事情聴取せざるを得ないこどもたちの珍行動12選
  29. 【瞬間、手を重ねて】僕の彼女は〇〇さん 第26話
  30. 警察庁「ハイビームにしていれば衝突死亡事故の56%は防げていた」
アクセスランキング