フジテレビの新ドラマ「民衆の敵」での安倍総理の病気を揶揄する演出に批判殺到

    全体:7月:7週:0日:0

1 名前:名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ]:2017/10/30(月) 16:26:03.80 ID:J+kypGvL0
110月23日からスタートした篠原涼子主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)の視聴率が、9%だったことがわかった。同ドラマは「プロ野球クライマックスシリーズ」の中継時間が延長となり、30分遅れの開始となった。

「前クールの『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ系)放送時は、高視聴率を記録していた月9枠ですが、『民衆の敵』はその好調な流れを維持することができませんでした。今回は野球延長による低迷との見方があるものの、放送直前の9時26分の時点では、視聴率16.6%という高い数字をマークしている。そのため、ドラマの内容を見て多くの視聴者が離れてしまったようです」(テレビ誌記者)

同ドラマは、篠原演じる平凡な主婦が、高額報酬を目的に市議会議員選挙に立候補するという物語。また実際の衆院選直後の放送だったため、注目度は高いように思われたが、視聴率には結びつかなかった。

さらに、ドラマを見た視聴者から、ある演出に批判が殺到しているという。

「今回、主人公が選挙で戦った相手に、磯部真蔵(いそべしんぞう)という、明らかに安倍晋三総理を意識したキャラクターが登場しました。 そして物語の終盤、その人物のもがき苦しむ様子が放送され、健康上の理由で退陣となった。結果、篠原演じる主人公が繰り上げ当選するのです。

安倍総理と言えば、前就任中に持病の潰瘍性大腸炎が悪化し退陣している。それだけにこの展開が、安倍総理を意識しているとして、一部視聴者から『難病で辞任した安倍総理をバカにしているのか!?』『やり方が汚い。不愉快だ!』『フジは民衆の敵が安倍さんだと言いたいの?』と批判が殺到しています」(前出・テレビ誌記者)

フィクションのドラマとはいえ、実在の人物への悪意を想起させかねないキャラクターの描き方には、不快感を抱く視聴者が多かったようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1370639/
続きを読む

引き用元サイト:痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1945171.html

 - 痛いニュース(ノ∀`)

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 大人にこそ知ってほしい。盲導犬を見かけた時に「やってはいけない」こと
  2. 3秒で吹き出す!電車で読んだらキケンな猫のボケて11選
  3. 【週に3日くらい休みほしい】社会人の休日が完全に不足しているとわかるツイート 5選
  4. この子将来大物になるな(笑) 授業参観で起きた笑える事件 5選
  5. 友人から「結婚が決まりました」というLINEが。驚きの結婚相手とは・・・
  6. あなたのクラスにもいた?桁違いのインパクトを持つ「おもしろ同級生」4選
  7. 「残業するな」「早く帰れ」 残業したいのに…多くの会社員が“時短ハラスメント”に悩んでいると判明
  8. ほぼ異世界!ライトアップされた「平等院鳳凰堂」が幻想的過ぎて鳥肌
  9. 事件は診察室で起きている!お医者さんが発した笑撃の発言 5選
  10. 「体は女性だが心は男性」「女性刑務所に入るくらいなら死刑に」…性同一性障害の被告「死ぬほど苦痛」
  11. 【仮住まい】 街角イジゲン 第4話
  12. 【クレーマーの神降臨】女性店員の営業スマイルを勘違いする客がヤバい(笑)
  13. お笑いポテンシャル高すぎる!「友人」の笑撃エピソード 5選
  14. 無限授乳の恐怖…「子育ての理想と現実の違い」を描いたマンガが話題
  15. プロのイラストレーターに依頼→3万円 アマに依頼→2500円 NHKが紹介「プロの仕事を奪うな」批判殺到
  16. ヒラメキの天才現る!本来の使い方と違うけどなんか便利なモノたち9選
  17. 育児ママたちが偉大であるとわかる5つのお話
  18. 【日清】 どん兵衛 「うどん」のカップに「そば」のふた…864個を自主回収
  19. こっちが赤面するわ!みんなが幸せを願った胸キュンなカップル 6選
  20. 日清の「女子高生サザエさん」のCMが酷すぎると話題に
  21. 【おじさまと猫 番外編その3】ふくまるの言葉を都合よく解釈しちゃうおじさまがお茶目で可愛い
  22. 【再会】ホストの拳 第6話
  23. 【お姉ちゃんの勘違い】オタクな姉とリア充な妹 第6話
  24. カップルの「距離を置こう」はNG!ケンカした時に見てほしい5つの恋愛アドバイス
  25. 【画像】“世界で最も若く見える71歳の女性” が元クラスメート(71)と並んだ結果
  26. 【野生動物ナメたらアカン!】田舎が嫌い子ちゃん 第15話
  27. 【笑撃の展開】美少女に隠されたヒミツ... 友人も驚いた彼女の隠し事とは?
  28. そのお店即オープン希望!(笑) 子育てママが発信する「リアルな叫び」4選
  29. よくぞ言ってくれた!そろそろ本気で直していきたい日本のダメな風習 5選
  30. 肩の力抜いてこうぜ! 人生に希望が持てる珠玉のつぶやき5選
アクセスランキング