福井大雪車閉じ込め死亡。母親がJAF・警察に対する怒りの手紙を新聞社に送りつける「これは人災です」

    全体:6月:6週:0日:0

1 名前:名無しさん@涙目です。(空) [FR]:2018/03/31(土) 10:01:28.84 ID:GrYHgINf0
大雪車中死「繰り返さないで」 母が悔しさ訴える手紙
1福井県嶺北地方が記録的な大雪に見舞われた2月7日、坂井市丸岡町上竹田の国道364号で富山県の男性=当時(19)=が雪に埋もれた車内で一酸化炭素中毒死した事故で、男性の母親(55)は3月27日の四十九日を前にしたためた手紙を福井新聞に寄せた。「すぐに助けに行ってくれていたら…。これは人災です」と愛息を失った悔しさを強く訴えた。福井新聞の取材に「同じ事を繰り返さないよう、息子のことを思い出してほしい」と願った。

福井県警や日本自動車連盟(JAF)によると、男性は2月7日午前0時ごろ、車が雪に乗り上げて立ち往生し、JAFに救出を求めたが、到着しなかったため午前9時半ごろ110番通報した。母親も同10時以降、少なくとも3回県警に電話し「早く行ってほしい」と要請。男性が体調不良を訴えていなかったことなどから、県警は緊急性は低いと判断、道路管理者の福井県が手配済みの除雪車の到着を待つよう伝えた。

母親の手紙は「“どうして誰も来てくれんがけよ”。息子の心の声が耳から離れません。おだやかな、本当に眠っている時の顔でした」と始まる。「ただJAFを信じ、警察を信じ、助けを待っていました。私も助けに行けませんでした」。県警には「死んだらどうするんですか」と母親も嘆願。「(立ち往生してから)9時間以上もたっているし、薄着で防寒着も着ていない」とも伝えたという。これ以上何て言えば緊急と思ってもらえたのか-。やり場のない怒りを書き記している。

車内で亡くなっている男性を除雪業者が発見したのは、110番通報から約9時間後の午後6時40分ごろ。「除雪しないと通れなかったのかもしれませんが、すぐに人だけでも(歩いて)助けに行ってくれていたら…」。県警が道路管理者に男性の情報を伝えなかったことには「業者の方に、地元の方になぜ息子の存在が伝わっていなかったのか、どうしても納得がいきません」とやるせない思いを吐露。「真摯に受け止め…とはどういう意味でしょうか」と県警への不信感を示し、「いまだ謝罪はありませんが、もう息子は戻りません。将来の大黒柱になる、大事な息子でした」と悲しみの言葉で締めくくられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00010001-fukui-l18
続きを読む

引き用元サイト: 痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1962474.html

 - 痛いニュース(ノ∀`)

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 睡魔に完敗した人たちが居眠りに本気をだした瞬間 11連発
  2. 元朝日記者 「スーパーの自動支払機は老人の客に残酷すぎる。こんな効率化はいらない」
  3. きっと人生の糧になる!自分らしく生きることの大切さがわかる名言 9選
  4. はい確保おぉぉぉ!誤植と矛盾を見逃さなかった「違和感ケイサツ24時」8選
  5. 外国人観光客に大人気の公道カート「マリカー」の危険性…国交省職員「ナメてんのかっ!」
  6. 麻生太郎氏が一着35万円するスーツを着ていたと判明!TBSが報じ、ネットで話題に
  7. 斬新すぎてビックリ!明日使えるかもしれない最強の「言い訳」 6選
  8. 覗くべからず・・・不意に垣間みえてしまった深すぎる「闇」 6選
  9. 理不尽度MAX!もう涙すら出てこない「お気の毒エピソード」 6選
  10. 【悲報】 女性弁護士「福山雅治さんや木村拓哉くんなら、セクハラされてもOK」
  11. 周りはもっと理解して!結婚に関して激しく主張したい「お独り言」 6選
  12. 衝撃の展開!料理に火を放つパフォーマンスで想定外の大惨事に(笑)
  13. 可愛すぎる!クラリネットを演奏する男性に戯れるキュートなゾウの赤ちゃん
  14. 繊細な動きも完全コピー!日本発のロボット「MELTANT-α」はトランプがつかめる!
  15. 自民・長尾「こちらの方々(野党女性議員)は私にとってセクハラとは縁遠い方々。皆さんには絶対しない」 → 批判殺到
  16. おじさまと猫第21話。奥さんを思い出してふくまるを抱きしめるおじさまが切なくも愛おしい
  17. 合成なしの奇跡の一枚!自然が生み出した決定的な瞬間 6選
  18. あなたは気付ける?よく見ると何かが違う、日常に潜む間違い探し 6選
  19. 欲しいのはあと一歩の気遣いです!夫に関する「THE・そういうとこやぞ」 6選
  20. ほっこりしてニヤニヤしちゃう!かわいいペットの平和なボケて 12選
  21. 麻生太郎氏、セクハラ問題に 「だったらすぐに男の記者に替えればいいだけじゃないか。なあそうだろ?」
  22. 金持ち老人「ロッキー山脈に2億隠した」→35万人殺到、4人死亡
  23. 今こそ変わるときだニッポン!社会にぶちかます痛烈な一撃 6選
  24. 【今日のひまつぶし】ただお金をばらまくだけの「キャッシュキャノン」が最高に気持ちいい
  25. コントか!!思わず一人ツッコミしちゃった日常の笑える場面 7選
  26. 電車で読んだら危険です!意外とかわいいサバンナのボケて 12選
  27. 野党女性議員たち、「MeToo」プラカードかかげて黒服で出席
  28. 腰が抜けちゃうゾッとする話!実録「恐怖の女性」特集 6選
  29. 【娘から教えてもらったこと】コドモが子どもをうみました 第7話
  30. 【子育てしやすい街検証】台東区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!
アクセスランキング