「ゆずはネトウヨ」 ゆずの新曲の歌詞に困惑の声が相次ぐ

    全体:1月:1週:0日:0

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [SE]:2018/04/10(火) 11:31:19.73 ID:pHTJau9C0
ゆずの新曲 政治的とも捉えられる歌詞に困惑の声が相次ぐ
1人気フォークデュオ・ゆずの新曲「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞が、インターネット上で注目を集めている。

「美しい日本」「靖国の桜」――。このように、「政治的」とも捉えられるフレーズが頻出する歌詞に、「こういう思想の持ち主だったの?」などと困惑するユーザーが相次いでいるのだ。

話題の楽曲は、ゆずが2018年4月4日に発売した最新アルバム「BIG YELL」に収録されたもの。作詞、作曲はリーダーの北川悠仁さん(41)が担当している。

(略)
だが、こうした楽曲の歌詞の内容が、ネット上で議論を呼ぶことになった。右寄りの思想を感じさせるフレーズが頻出するとして、違和感を訴えるユーザーが続出したのだ。

「ガイコクジンノトモダチ」というタイトルの通り、歌詞は日本が大好きだという外国の友人を持った「僕」の心情を表現したもの。サビでは、日本に生まれ育ち、日々の生活を送っていることなどを歌った上で、「なのに 国歌はこっそり唄わなくっちゃね」「なのに 国旗はタンスの奥にしまいましょう」といったフレーズを続けている。
(略)
「ゆずは一体どうしたの...。歌詞だけ見るとネトウヨって感じですけど」といった困惑の声が続出。一方、「自分の主張を曲にのせるなんて別に普通」「皮肉なのでは」といった意見もみられる。

ジャーナリストの津田大介氏も4月9日未明のツイッターで、曲の歌詞を紹介しつつ、「ゆずのニューアルバムに入っている『ガイコクジンノトモダチ』という曲の歌詞確かにパンチが効いてる。メロディは素朴なのがまたこう......これはベタでやってるんだよね?」と反応。

また、映画評論家の町山智浩氏も同日、「総理とご飯食べてないか」とツイートした上で、「『国歌はこっそり歌わなくちゃ』なんて、どっかの国に占領されたレジスタンスか? 現実は、君が代に起立しない教師は減給されるのに」と投稿していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/14553349/
続きを読む

引き用元サイト: 痛いニュース(ノ∀`)

記事元url: http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1963573.html

 - 痛いニュース(ノ∀`)

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【悲報】 女性弁護士「福山雅治さんや木村拓哉くんなら、セクハラされてもOK」
  2. 周りはもっと理解して!結婚に関して激しく主張したい「お独り言」 6選
  3. 衝撃の展開!料理に火を放つパフォーマンスで想定外の大惨事に(笑)
  4. 可愛すぎる!クラリネットを演奏する男性に戯れるキュートなゾウの赤ちゃん
  5. 繊細な動きも完全コピー!日本発のロボット「MELTANT-α」はトランプがつかめる!
  6. 自民・長尾「こちらの方々(野党女性議員)は私にとってセクハラとは縁遠い方々。皆さんには絶対しない」 → 批判殺到
  7. おじさまと猫第21話。奥さんを思い出してふくまるを抱きしめるおじさまが切なくも愛おしい
  8. 合成なしの奇跡の一枚!自然が生み出した決定的な瞬間 6選
  9. あなたは気付ける?よく見ると何かが違う、日常に潜む間違い探し 6選
  10. 欲しいのはあと一歩の気遣いです!夫に関する「THE・そういうとこやぞ」 6選
  11. ほっこりしてニヤニヤしちゃう!かわいいペットの平和なボケて 12選
  12. 麻生太郎氏、セクハラ問題に 「だったらすぐに男の記者に替えればいいだけじゃないか。なあそうだろ?」
  13. 金持ち老人「ロッキー山脈に2億隠した」→35万人殺到、4人死亡
  14. 今こそ変わるときだニッポン!社会にぶちかます痛烈な一撃 6選
  15. 【今日のひまつぶし】ただお金をばらまくだけの「キャッシュキャノン」が最高に気持ちいい
  16. コントか!!思わず一人ツッコミしちゃった日常の笑える場面 7選
  17. 電車で読んだら危険です!意外とかわいいサバンナのボケて 12選
  18. 野党女性議員たち、「MeToo」プラカードかかげて黒服で出席
  19. 腰が抜けちゃうゾッとする話!実録「恐怖の女性」特集 6選
  20. 【娘から教えてもらったこと】コドモが子どもをうみました 第7話
  21. 【子育てしやすい街検証】台東区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!
  22. 【子育てしやすい街検証】目黒区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!
  23. 革命的美しさ!小型ドローンで女子高生を撮影した映像が新鮮!
  24. 「今日のおすすめは何かニャ~」肉屋のご主人と常連客のニャンコの会話が話題
  25. 桃太郎「家来の人件費についてご質問です」もしも童話のキャラがビジネスメールを送ったら
  26. 【子育てしやすい街検証】港区ってどんなところ?住むならこの駅がおすすめ!
  27. フリーダムな営業スタイルに笑う!日本に広まれ「適当のススメ」 8選
  28. 愛しくて抱きしめたくなる!ドジっ子妻の勘違いエピソード 7選
  29. 【報ステ】 後藤謙次氏「セクハラ問題、テレビ朝日はギリギリセーフ」
  30. 妊娠中の佐々木希がローストビーフを食べインスタ炎上 医師・宋美玄氏、「不適切」と指摘
アクセスランキング