赤ちゃんは泣くのが仕事。それはお家にいるときだけでなく、電車の中でも同じです。お母さんがどんなに頑張っても、泣き止まないときは泣き止みません。

しかし、赤ちゃんの鳴き声に顔をしかめる心の狭い人が極少数いることも事実。そしてそんな人がいるから、赤ちゃんが泣き出してしまうとお母さんも周りに申し訳ない気持ちになってしまいます。

そんなお母さんたちの気持ちを少しでも軽くする、素敵なアプリが話題です。
それがこちら。
Image uploaded from iOS (191)

このアプリは『ひよこボタン』。赤ちゃんが泣き出してしまったら、このボタンを押してひよこの鳴き声を発信し、「全然大丈夫ですよ」「もっと泣いていいんですよ」と意思表示をしようというアプリです。たしかにこれが鳴れば、お母さんたちの(本来なら必要のない)罪悪感を減らすことができそうです!

実はこのひよこボタンというシステムを考案したのは、イノッチことV6の井ノ原快彦さん。井ノ原さんが司会をつとめるNHK総合『あさイチ』で「こんなシステムがあってもいいのでは」と発言したことにより、このアプリが誕生しました。

実際どんな音なのか、弊社のザワザワした職場の中で鳴るヒヨコの音がこちら。

 
可愛らしい音です♪
スマホの音量を変えることで、鳴き声も変えられますし、犬や猫も選べます。お母さんたちが子どもをあやすのに、鳴き声が活躍するかもしれません。
浸透する前はなかなか使うのに勇気がいりますし、お母さん本人が知らないと意味がありません。早くこのシステムが有名になり、そしてそもそもこのアプリがいらなくなるような社会になっていくといいですね。