仕事や人間関係など、人生の悩みは誰でも多かれ少なかれあるものだと思います。
近頃、問題視されているうつ病。なんとなく気分が落ち込むという日々が続くうちに、気づいたらうつ病だったという人も少なくありません。

うつ病の人に対して、「頑張って!」、「うつ病なんて気の持ちようだ!」なんて言葉がけは良くないようです。

ゆうきゆう♥マンガで分かる心療内科♥さんは、うつ病の人の精神状況を漫画で解説しているのでご紹介します。

CEh2kpqVIAAU9Vs_R
twitter.com@sinrinet

CEh2krCUgAIKmxh_R
twitter.com@sinrinet

CEh2ktfUMAA9p6O_R
twitter.com@sinrinet

CEh2kuyVEAAAQrs_R
twitter.com@sinrinet

うつ病という言葉が独り歩きしている時代ですが、うつ病は想像しているよりもずっと重いものなのです・・・。

だからこそ、うつ病患者に「頑張って!」、「考え方次第だ!」などという言葉を気軽にかけるべきではないし、そのことが逆にプレッシャーになってしまい精神的にさらに追い詰める結果になるのです。

うつ病に関して正しい理解ができれば、職場の人や友人の助けになったり、万一自分がうつ病になった場合に自分のためにもなります。
もし、身の回りでうつ病で悩んでいる人がいたら、うつ病から立ち直る努力を促すのではなく、休息や治療を勧めてみたほうが良いでしょう。

心療内科:ゆうメンタルクリニック
脱毛サロン:ゆう脱毛クリニック