プロフィール
頭足類
・名前:オウムガイ
・生息地:インド洋から太平洋の熱帯域
・大きさ:からの直径20cm
・特徴:触手には味覚があり、さわりながら味を感じている

オウムガイ

オウムガイは「生きた化石」といわれ、4億数千万年前の古生代からほとんど姿が変わっていません
当時は最強の肉食動物だったようですが、現代では魚の死体やカニのぬけがらを食べるなど、わりと地味な食生活を送っています。

食事のとき活やくするのが90本もある足。えものや岩などにピタリと張りついて食事をとります。90本もあればさぞかし速く泳げそうですが、それは大きな間違い。足は移動には使われず、漏斗から水をふき出して水中を進みます。

それもそのはず、オウムガイは巻貝のように見えますが、その正体はタコやイカのなかまなのです。

続ざんねん連載用バナー