笹の葉っぱで作った船を小川に流したり、ピーピー鳴る草笛を作ったりする「草花遊び」。筆者も子どもの頃にシロツメクサを集めて花冠や指輪を作って遊んだ思い出があります♪
なかなかうまくできなくて上手にできるお友達に憧れを抱いていました(*´∀`*)
そんな草花遊びをご紹介しているinori‏さんの作品が話題になっているのです。

DLHYB2mU8AAejAz
twitter.com@kusabanaasobi

DLHYB2lV4AACTOU
twitter.com@kusabanaasobi

DLHYB2kUEAAvHHz
twitter.com@kusabanaasobi

これは絶対に何か宿っている・・・!∑(゚Д゚)

と、ついつい思ってしまう写真ですが、一晩経って水分がなくなり、乾燥したことによる変化なのです。

神様!?狐が化けた姿!?

このツイートを見た方々からのコメントは・・・。

ゲームや、おもちゃがない時代から老若男女問わず、ずーっと伝え、遊ばれてきた草花遊び。だからこそ、「神様が宿っているからかも!?」なんてちょっとワクワクしちゃうようなことを考えてしまします。

遊び終わったら


inoriさん曰く、作った作品は水分を無くしパラパラに崩れてしまうんだとか。
なんだか儚いですよね。取っておけなくて残念ですが、公園や道端に葉っぱでできた狐や虫を見つけたら少しほっこりするかも♡

子ども時代に見つけていたら間違いなくワクワクしていたと思います。
バラして作り方を真似てみたり。お友達に教えてあげたり・・・きっと無限大♪(笑)。

今の子ども達にも続けていってほしい素敵な遊びですね!