とある家族の「お守り」にまつわるエピソードをご紹介します。

ある日、女優兼タレントである村田綾さんが電車内に落ちていたお守りを拾って駅員さんに届けたことをTwitterで報告しました。


DLOav7qVAAAbzg6_R
twitter.com@murata_aya

DLOav7qUEAAdDeA_R
twitter.com@murata_aya

「おとうさんだいすき」と書かれたお守り。お守りの黒ずみ具合からは、お父さんがどこへ行くにも肌身離さず持ち歩いていたことがわかりますね。

村田さんの投稿は、瞬く間にリツイートされて拡散。しばらくして投稿に気づいたのは、お守りの持ち主の奥さんでした。

tatsukochan_R

電車で落としたお守りが手元に返ってくるなんてびっくり!本当にいい話ですね☺️

このお守りは、息子さんが3歳のときに描いたお父さんの似顔絵をもとに作られたものだそう。父の日のプレゼントに、奥さんが注文し息子さんからお父さんに手渡したという思い出たっぷりのアイテムです。

このお守りを、5年間肌身離さず通勤用カバンに入れて持ち歩いていたお父さん。そんなお守りをなくしたと知った時はショックを受けていたとのこと。

お守りを拾って届けてくださり、記事を投稿してくださった村田さんの優しさ。それを拡散してくださった皆様方の優しさに、感動し感謝の気持ちでいっぱいです(持ち主の奥さん)

村田さんの親切心や、リツイートで投稿を拡散した方々の協力が1つとなった今回の出来事。人と人との縁や家族の絆って素敵だなと感じるエピソードでした(*´▽`*)