修学旅行の醍醐味、枕投げ!しかし…

大人のいない空間、親しい仲間たちだけで過ごす時間――。修学旅行の夜はその特別な雰囲気から、むやみとテンションが上がってしまうものです。

hotel0120150124133048_TP_V

カサ子さんたちも、それは同じでした。

友人同士話し込むうち、部屋に集まった面々はついに、お決まりの「アレ」をやろうと色めき立ちます…。

「枕投げしよ!」

枕投げといえば修学旅行の醍醐味、反対意見が出るはずもありません。一同は早速、開戦の準備に取り掛かったのですが、そんな中、ひっそりと部屋を出ていこうとする女の子が一人。彼女は申し訳なさそうにこう言いました。

「喘息の発作出そうだし私が部屋出てくからみんなで楽しんで…」

 

shisyunki_girl2

 

彼女は仲間たちの楽しい気分に水を差さないように、こっそり出ていこうとしたのです…。

さて、そんな彼女の想いに対して、カサ子さんたちが示した反応とは?

SnapCrab_NoName_2017-11-2_13-8-39_No-00
twitter.com@asutalt

枕投げに参加できない友達のため、カサ子さんたちが出した答え。それは白熱の「ババ抜き対決」でした。

 
「全員が鬼のようなポーカーフェイス」「手以外1ミリも動かない」というカサ子さんの言葉から推察するに、相当に高度な心理戦が繰り広げられたのでしょう。ある意味、枕投げよりも見ごたえがありそうですね。
こうしたカサ子さんたちの臨機応変な対応に、投稿をみたユーザーからは以下のような声が寄せられています。


ババ抜き対決の結果、カサ子さんは驚異の五連敗を喫したそうですが、後悔は全くない様子。

それよりもむしろ「友人のおかげで喘息についての知識がついて、すごく感謝している」とカサ子さんは爽やかなコメントを残しています。

みんなのためを想う気持ちが生んだ、修学旅行のエピソード。友達想いの彼女たちの姿から、学ぶところは多いですね。