ここ最近メディアで目にする機会の増えた「毒親」というワード。「毒親」とは、暴言や暴力、育児放棄や過干渉によって、子どもの成長の「毒」となるような親のことを指す言葉ですが、その実情を詳しく知るひとは多くありません。そんな現状に一石を投じるべく、2018年1月8日にとあるマンガが公開されました。

ab8f49ea0eae3310a7ed6e4319f80c82

その作品のタイトルは「お母さん、あなたを殺してもいいですか?」

制作プロジェクトの発起人で原作を担当したのは、TV番組「マネーの虎」への出演でも知られる女社長・臼井由妃さん――作中語られる痛ましいエピソードの数々は、自身も毒親に育てられた過去を持つという、臼井さん本人の体験がもとになっています。

家庭という逃げ場のない空間で繰り返される、実の母親からの陰湿な暴力。それでは早速、本編をご覧ください。

臼井先生ネーム_001

臼井先生ネーム_002

臼井先生ネーム_003

臼井先生ネーム_004

臼井先生ネーム_005

臼井先生ネーム_006

臼井先生ネーム_007

臼井先生ネーム_008