今回は、頭の回転が速すぎる天才な人々をご紹介します。もしかすると平成の一休さんかも...。

1.


2.


3.


4.


5.


6.