眠い中での出勤、疲れきっての帰宅、そんな人たちがひしめき合う満員電車。イライラして、人を気遣う余裕が無くなってしまいますよね。

車椅子の息子さんを持つTAKERU/TK2/YUUさんは、そんな満員電車の中で「浪花のヒーロー」に出会ったのです。


車いすを押しのけるつもりは無いけれど、後ろから圧がかかるから仕方がない。周囲の人も、そんな気持ちだったのではないでしょうか。しかし、1人のおっちゃんが車内の皆を動かしました!

そんな浪花のおっちゃんの行動に、「かっこいい!」と称賛の声が挙がっています。

さらに、去り際までかっこいい!!

正にヒーロー!なかなか真似できない行動だからこそ憧れます。そして感動します。

浪花のヒーローが教えてくれたのは、声を挙げれば満員電車の車内も変わるということだけではありません。多くの人が、「ちょっとした気持ち」を持っていると示してくれました。


皆が優しい気持ちを全く持ち合わせて居なければ、おっちゃんが何を言っても誰も動かなかったはずです。

ヒーローにはなれなくても、全員が自然と動ける世の中にしていきたいですね。