邪道

邪道のあらすじ

ラーメン業界を大いに揺るがす風雲児、麺処 天守閣。

連日多くの客が詰めかけるこの人気グループには、様々な志を持った多くの若者たちが集う。厳しいが確実に自分のためにもなる修行の場だったが、若くして人気店のレベルになるまでのラーメンを作り上げた社長が不慮の事故で急死してしまう。

天守閣グループは社長の妻を後継にし経営を続けていくが、巨大なカリスマを持つ社長がいなくなったために、ベテランの店員たちには引き抜き話が外部から入ってきて、そのことが店に入った新人、兵藤新介の明晰な頭脳に裏打ちされた巨大な野心に火をつけることになる。

邪道のおすすめポイント

これまで、徹底してうまい料理を描き、それをうまそうに食べる登場人物たちを描き抜いてきた土山氏が、新たな境地に挑んだ意欲作。

もちろん業界を震撼させる人気店である天守閣が出すラーメンの美味そうな説得力、知略に長けた兵藤が提案してくる様々なアイディアの「もっともらしさ」は実に素晴らしく、思わず食べてみたい気になるほどです。

しかし、一方で本作の兵藤たちは、おいしいラーメンを「目的」ではなく単なる「手段」として割り切っており、その部分に他の土山作品とは違う、殺伐感が滲んでいるように感じられました。

邪道を読む