下町食物語 浅草人~あさくさびと~

下町食物語 浅草人~あさくさびと~

東京の下町、浅草。観光地としても世界的に有名なこの町で、人力車夫として活動する若者、風介。

体力はもちろん喋りもうまく、江戸っ子としての意気もある彼だが、元々は「風神軒」の後継予定の料理人志望者だった。

家庭の事情から店を継ぐことはできず、引き取ってくれた店とも衝突を繰り返し浅草中の洋食屋から出禁を食らっているお尋ね者の風介だが、その実力はまさに一級品で、様々な人に「本物の洋食」を示してみせるのだった。

下町食物語 浅草人~あさくさびと~

身近な存在でありながら熟練の技術と手間が必要で、なかなか「本物」の洋食にめぐり合うのは難しい昨今ですが、本作で描かれる絶品洋食はまさに超一流。

定番料理ばかりですが、だからこそ読み手の食欲を強烈に刺激するインパクトがあります。手間のかかり方も家庭料理とは少し違い、まさしくプロの仕事という感じでしょうか。

「中華一番」シリーズの小川先生の筆による料理も人物造形も素晴らしく、まさしくようやくたどり着いた定番メニューのように、「おいしい」一作という感じでした。

下町食物語 浅草人
~あさくさびと~を読む