あなたや周囲の方は、産婦人科について正しい認識を持っていますか?

「産婦人科に行きにくい」という悩みを抱えている女性が居ます。

妊娠から出産をサポートする産科と、子宮や卵巣の病気の診療を行う婦人科があるのが「産婦人科」です。総合して「女性外来」や「レディースクリニック」と呼ばれることもあります。

小学生でも生理不順などの治療で通院の必要があるにもかかわらず、「周囲からの誤解によって通院しにくい」と問題になっているのです。

ちなみに、女性でも誤解する方は居ますし、男性でも理解している方は居ます。「男性が」「女性が」というよりは、社会全体で認識を改めなければいけない問題のようです。

通院しなかったことで、取り返しのつかない状態になることもあります。

そんな中、漫画家のふくだもとこさんは知人のこんな「教え」を聞きました。

産婦人科を利用される方は、様々な理由で「治療」をしに来ています。「周囲の目を気にして行けない場所」ではなく、「周囲の人に話せないことも相談できる場所」として、必要な人が利用できる世の中になることを願います。

 

ツイートをご紹介させて頂いたふくだもとこさんは、こうした問題を取り上げた漫画を描かれています。気になった方はこちらから。