どくだみ先生のあらすじ

中井小学校には落ちこぼれと称されるクラスがあった。そんなクラスに赴任してきたのが名物教師のどくだみ先生。女と酒をこよなく愛する教師らしくない男。どくだみ先生は遊ぶことも大好きだった。小学生よりも。

落ちこぼれクラスのダメ生徒を上回るダメダメっぷり。授業そっちのけで遊びまくるダメ教師。本当に教師なのかと疑いたくなる奇想天外な行動っぷりにダメ生徒たちも呆れ果てる。でも誰よりも教師らしくない男は誰よりも教師に相応しい男でもあった。

生徒のことを誰よりも想い、生徒のために行動できる、そんなどくだみ先生に落ちこぼれクラスも次第に懐いていく。ダメ教師とダメ生徒が送る抱腹絶倒の学園ギャグ漫画。学園ものの傑作が今ここに。

どくだみ先生のおすすめポイント

教師が主人公のナンセンスギャグ漫画で、強烈な個性を持つキャラクターがたくさん登場します。学園ものではありますが、主人公は生徒ではなく教師であるため、基本的にはギャグ中心で物語は展開されていきます。

とはいえただ笑えるだけのギャグ漫画ではなく、人情もののようなお涙頂戴話もあります。ふざけているけど実は生徒想いなどくだみ先生のキャラクター性は愛すべきものであると言え、予想のつかない突拍子のない行動は笑いを誘います。

愛すべきキャラクターのオンパレードである本作は、良い意味で頭を使わずに読める作品です。とにかく笑って元気になりたいというときにはうってつけの漫画と言えそうです。ちょっと下品なギャグもありますが、学園ものギャグ漫画としてはオススメできる作品です。

どくだみ先生を読む