街で見かける大泣きする子ども。「とても悲しいことがあったのかなあ…」と思ってしまいますが、大抵はどうでもいい理由だったりします。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.