トロルドお母さんが怖い!のあらすじ

沙也加とかおりは両親が再婚したことで、義理の姉妹になった。二人は義理の姉妹とは思えないほど仲が良く、まるで本当の姉妹のように日々を過ごしていた。かおりは勉強や運動となんでもそつなくこなせる義姉の沙也加を尊敬していた。

一方かおりの母親は夫の連れ子である沙也加を良く思っていなかった。自分の娘、かおりの上を行くからだ。娘のかおりは何とも思っていないが、母親は沙也加に対してコンプレックスを抱いていた。

次第にかおりの母親は沙也加を疎ましく思うようになり、ついに事件は起きた。 沙也加は友人たちの嫉妬で発動した自然魔法により、顔にやけどを負ったのだ。チャンスと思った母親は黒魔術で呪いをかけるようになる。沙也加の顔は呪いで醜くなっていき、かおりは大好きな姉のため、呪いの解除を決意する。

トロルドお母さんが怖い!のおすすめポイント

義理の姉妹同士が劣等感を抱いているわけではなく、母親のほうが連れ子に対してコンプレックスを抱いているという設定が本作のミソです。

母親は娘のかおりは愛していますが、連れ子の沙也加は愛していません。所詮、血の繋がりのない娘ですから、我が子のほうが大事なのです。 この母親が妙に怖くて、嫉妬だけでは飽き足らず、呪いまでかけてしまうのですから、真に恐ろしきは人間の感情だなとつくづく思います。人間の醜い感情が生む狂気、それこそが本作の恐怖の根源になっている気がします。

そんな黒魔術で追い詰められていく沙也加と呪いを解くため奮闘するかおり、対極な状況に陥った二人の物語は見る者を引き込む魅力に溢れています。ラストまで目が離せないホラー漫画だと思います。

トロルドお母さんが怖い!を読む