米国ノースカロライナ州に住むメアリー・セジウィックさんは、約20年前病気のため視力を完全に失ってしまいました。そんなメアリーさんを長年、盲導犬のルーシーが支えてきました。

こちらの映像はそんなメアリーさんが視覚障害者用デジタル眼鏡を通して、初めてルーシーの顔を見た瞬間の映像です。感極まり涙が止まらないメアリーさん。とても感動的です。

これからも2人仲良く過ごせるといいですね。