東京でラーメンといえば池袋や新宿と思われがちですが、渋谷にも美味しいラーメン屋がたくさんあります!

いつも池袋や新宿へ行くという人も、バラエティーに富んだメニューを取り揃えたお店が目白押しな渋谷に少し足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するのはどれも渋谷駅から徒歩圏内の近場ばかり。大規模な再開発工事が進み変化していく街を眺めながら、ぶらりと散歩気分でラーメン屋へ向かいましょう。

舌の肥えたラーメン好きも唸る渋谷の本当に美味しいラーメン屋10選をご紹介します!

渋谷屈指の名店「はやし」

JR山手線「渋谷駅」より徒歩5分ほど、渋谷マークシティ裏の坂道を上ると、木でできた看板と白いのれんがかかったお店が見えてきます。

食べログ ラーメン 百名店 TOKYOに2017年・2018年と2年連続で選出された渋谷の名店「はやし」です。

店内はカウンター席が10席のみと少し狭めで、連日店先には行列ができています。

テーブルに置かれているのはお箸とレンゲだけでトッピングはありません。

営業時間は15時30分までとなっていますが、14時頃にはスープがなくなり営業が終了してしまうことも少なくありません。

土曜日ともなると開店直後すぐに満席となり行列ができるのだとか。さすが渋谷で高い人気を誇るラーメン店です!

メニューは「らーめん」800円(税込)を始め「味玉らーめん」900円(税込)「焼き豚らーめん」1,100円(税込)の3つ。化学調味料未使用の天然スープは豚骨と魚介を合わせた醤油ベースです。

中太のストレート麺との相性も良く、具はシンプルにまとめられています。ほのかな柚子の香りが女性からの人気も高い1杯です。

実は裏メニューがあり、券売機で食券を購入後、店員さんに渡す際「塩味で」と言うと「塩ラーメン」を注文することができます。

洗練された1杯を味わいたい方はぜひ「はやし」でその味をご堪能ください!

【店舗名】はやし
【住所】東京都渋谷区道玄坂1-14-9 ソシアル道玄坂1F
【電話番号】03-3770-9029(予約不可)
【営業時間】11:30~15:30(スープが無くなり次第終了)
【定休日】日曜・祝日

ボリュームを求めるならここ!「凜」

ラーメンを食べる時は味はもちろんですが、ボリューム重視の方もいますよね。渋谷でボリューミーなラーメンを楽しめるお店といえば「凜 渋谷店」です!

JR山手線「渋谷駅」から歩いて10分ほど、渋谷区立神南小学校のすぐ側にあるマンションの1階にお店を構えています。

店先に出されている黒板に書かれたメニューの数々を見るだけでも食欲がそそられて店内に誘われることでしょう。

店内に入るとそこは喫茶店のような空間が広がっており、テーブル席が多く並んでいます。もちろんカウンター席もあるので一人での利用にも適していますよ。

メニューの種類は豊富で、定番の「しょうゆ」740円(税込)「塩」870円(税込)から、他のお店ではあまり見かけることがない「カレー」920円(税込)など珍しい1杯もあります。

しかし、このお店の魅力はなんといってもこのボリューム!

そんな個性的で、ボリューミーなラーメンの中でも人気なのは「ポン酢ラーメン」820円(税込)です!


スープを混ぜながら食べることで、ポン酢が混ざり合いさっぱりとした味わいが広がります。

他にも「カレーチーズ」1,020円(税込)といったチャレンジしてみたくなるメニューもあります。こちらも混ぜながら食べると極太の平打ち麺が豚骨カレースープとよく絡み合い、麺の弾力感とコクのあるスープを一緒に楽しめるのでぜひお試しあれ!

野菜やニンニク、麺の量は注文時に少なめにできるので、自分の食欲や好みに合わせて楽しんでください。

【店舗名】凛 渋谷店
【住所】東京都渋谷区宇多川町6-20 パラシオン渋谷1F
【電話番号】非公開(予約不可)
【営業時間】11:00~15:00、18:00~22:00
【定休日】日曜日

塩ラーメンの気分なら「鬼そば 藤谷」へ

芸能人の顔が描かれたパネルにあごをはめてものまねをすることで知られる、ものまねタレントのHEY!たくちゃんが店主を店主を務めるラーメン屋「鬼そば 藤谷」

お店はJR山手線「渋谷駅」より徒歩3分渋谷センター街を進んだ先にあります。店内には有名人の色紙がずらりと並んでおり、壁に大きく書かれた「鬼塩」の文字も目を引きます。

ここを訪れた際にはぜひ食べていただきたいのが、「鬼塩ラーメン」800円(税込)!

塩ラーメンに自信があるのお店なので、絶対に外せない一品と言えるでしょう。

透明度が高く透き通ったスープは味にコクがあり、ほのかに感じる柚子の香りが食欲をそそります。

麺は食感も風味もずば抜けて完成度が高くスープとのバランスも最高!

具のチャーシューやメンマはは熊本醤油でじっくり煮込んでいて、随所に店主のこだわりが伺える一杯です。

また、「鬼塩ラーメン」はカップ麺にもなっており、なかなかお店に来ることができない旅行客でも、気軽に自宅で楽しむことができます。

カップ麺になっているもう1つのメニュー「赤鬼ラーメン」850円(税込)は、赤いスープを口に入れると刺激的な辛さがじわじわと広がる人気の一品です。

お腹いっぱい食べたい人はラーメンと一緒にサイドメニューの「鬼塩キムチチャーハン」800円(税込)「鬼塩キムチチャーシュー丼」500円(税込)をプラスするのもおすすめ!店主こだわりのメニューで心もお腹も満たされることでしょう。

【店舗名】鬼そば 藤谷
【住所】東京都渋谷区宇田川町24-6 渋ビルヂング 5F
【電話番号】03-5428-0821(予約不可)
【営業時間】11:30~15:00、17:00~22:00
【定休日】木曜日

都会の喧騒から離れた人気店「らーめん 穀雨」

「らーめん 穀雨」はJR山手線「渋谷駅」より徒歩7分、駅の南側に位置しているので、繁華街から少し離れ都会の喧騒からも開放されます。

ラーメン屋というより古民家カフェのような外観のお店に入ると、中にはラーメン屋らしいカウンター席が9席用意されています。

おしゃれな雰囲気の漂うお店はで女性客の姿も多く見られ、そんな女性からの人気も高いお店でいただける人気の1杯は「醤油ワンタン麺(3個)」880円(税込)です。

醤油スープはカツオの旨みがよく出ていて優しい味わい。そんなスープに投入された麺は中細のストレート麺で張りのあるちょうど良い固さです。

盛り付けられたワンタンにはたっぷりと餡が詰まっていて、チャーシューは味がしっかりと染み込み噛みごたえのある仕上がりになっています。

その他にもピリッとした辛さの中に、コクと甘みがある「担々麺」880円(税込)といったメニューもあります。

麺は1杯ずつ茹でられ、チャーシューは切断面が乾かないように提供する直前に切り分けるなど、お客さんを思う丁寧な仕事ぶりもこのお店の人気の理由の一つと言えるでしょう。

【店舗名】らーめん 穀雨(コクウ)
【住所】東京都渋谷区桜丘町29-5 石島ビル 1F
【電話番号】03-3770-7709(予約不可)
【営業時間】月〜土ランチ 12:00~15:00、平日ディナー 18:00〜20:00
【定休日】日曜・祝日・第1・第3土曜日

魚介の王道つけ麺「三田製麺所」

濃厚な豚骨魚介スープを使用したつけ麺が楽しめるつけ麺専門店「三田製麺所 渋谷店」

JR山手線「渋谷駅」から道玄坂方面へ歩いておよそ6分ほど。夕方になると明かりが灯る店頭の提灯が目印です。

店内は落ち着いた雰囲気で細長いカウンター席とテーブル席が用意されています。主なメニューは「つけ麺」760円(税込)「辛つけ麺」820円(税込)

麺のサイズは小・並・中・大・特大と5段階あり、並・中・大はお値段据え置きで注文できるので大を頼めばちょっと得した気分になりますね。そして、このお店の魅力といえばなんといっても種類が豊富なメニューでしょう。

定食メニューには「肉ネギ飯」や「明太子飯」などのご飯ものがついたメニューから、人気No.1の「唐揚げ定食」1,040円(税込)「餃子定食」920円(税込)といったメニューがあります!

また、唐揚げも餃子も両方食べたいという欲張りさんには唐揚げも餃子もセットになった「ボリューム定食」1,200円(税込)なら満腹間違いなし!

好みでメンマや半熟卵などトッピングの種類が多いのも嬉しいポイントです。

さて、肝心のつけ麺ですが、じっくりと炊き込まれた豚骨と魚介を合わせたスープは魚介の風味が強めのこってりスープ。

麺は自家製極太麺で濃厚でとろみのあるつけ汁とよく絡みます。海苔の上には魚粉が乗っていてこれぞ魚介の王道!といったところでしょうか。

こってりのつけ麺を食べたいならぜひ「三田製麺所 渋谷道玄坂店」にお立ち寄りください!

【店舗名】三田製麺所 渋谷道玄坂店
【住所】東京都渋谷区道玄坂2-28-2 MMビル 1F
【電話番号】03-5428-3819
【営業時間】日~木曜日・祝日:11:00~翌2:00、金・土・祝前日:11:00~翌6:00(いずれも、18:00~スープなくなり次第営業終了)
【定休日】
なし

パリパリの排骨がやみつきに「らーめん 亜寿加」

渋谷駅の西口から国道246号をまたぐ歩道橋を渡ると、赤い壁が目を引くラーメン店があります。そのお店が渋谷に20年以上店を構える「らーめん 亜寿加」です。

ガラス張りなので中の様子も一目でわかります。木製の看板やメニュー表は年季が入っていてお店の歴史の長さが伺えます。

中に入るとラーメン店としては広めの空間が広がっていて、席はカウンターが17席。中央の厨房を囲むように並んでいますが、席と席の間は余裕があるので、隣の人とヒジがぶつかるなんてことはありません。

メニューを選んだら料金は先払い。ここでぜひ注文していただきたいのは「排骨担々麺」980円(税込)!

このお店では「排骨」は「パイクー」と読みます。訪れたお客さんのほとんどが注文するほど人気の高い一品。

赤いスープの上にあるのは排骨とほうれん草と白ネギ。まるごと1枚乗っかった排骨は迫力があります!

スープをすくうと挽肉や白ネギが浮かんでいて食欲をそそります。芝麻醤(チーマージャン)を絶妙な割合で合わせていて、味はちょうどいいピリ辛!

白ごまの香ばしい風味の後にラー油と唐辛子の刺激が追いかけてきて、お箸が止まらなくなること間違いなしです!

【店舗名】亜寿加 (あすか)
【住所】東京都渋谷区桜丘町2-11 荻野ビル 1F
【電話番号】03-3461-3383(予約不可)
【営業時間】11:00~20:00(L.O. 19:50)※スープ切れ次第終了
【定休日】日曜日・祝日(GW休業、お盆休み、年末年始休みあり)

素材にこだわり抜いた渾身の一杯「アートマサシヤ」

JR山手線「渋谷駅」より246号線沿いを神泉方面へ歩くこと10分ほど。外観を見ただけでは喫茶店と勘違いしてしまうようなラーメン店「アートマサシヤ」があります。

「心」と「身」にやさしいラーメンを目指しているこちらのお店では、天然素材100%のスープを使用しています。

店内にはメニューについての説明書きが多く用意されており、素材に対するこだわりが伝わってきます。

お店で提供している「ラーメン」700円(税込)「酸辣」750円(税込)には濃口・旨口・旨口αの3種類があります。

中でもおすすめなのは旨口α。旨口よりもコク深いタレと香味油を多く合わせることで、力強い味に仕上がっています。


「純天然出汁」というとあっさりした薄味を想像しますが、「アートマサシヤ」のラーメンは煮干・節類・昆布などを使ったスープはとても濃い出汁で旨みがたっぷり!凝縮された味に感動すること間違いなしです!

麺は中太で三角形の薄焼き玉子がトッピングされています。薄焼き玉子というだけでも珍しいですが、こちらも素材選びにはこだわりがあり、平飼いされた鶏の有精卵が使用されています。

ぜひお店を訪れた際には「ラーメン」「酸辣」を旨口αで注文してみてください。

【店舗名】アートマサシヤ
【住所】東京都渋谷区南平台町2-8 日興パレス南平台アヅマ 1F
【電話番号】080-4437-5511(予約不可)
【営業時間】11:30~15:00(売り切れ次第閉店)
【定休日】
水曜日(年末年始:毎年12/30〜1/4くらい)

辛くない担々麺!?「麺飯食堂 なかじま」

赤いのれんにガラス張りの外観が印象的なラーメン店「麺飯食堂 なかじま」

店舗はJR山手線「渋谷駅」から恵比寿方面に明治通りを2分ほど歩くと、「なかじま」と大きく書かれたのれんを掛けたお店が出てくるのですぐに見つけられるでしょう。

清潔感のある店内にはカウンター10席と4名席、2名席のテーブルが1卓ずつあります。種類豊富なメニューを見ると「中華食堂」のようなラインナップです。

そんな「麺飯食堂 なかじま」の看板メニューは「担々麺」830円(税込)!ここでは珍しく「辛め」と「まろやか」の2種類の担々麺が楽しめます。

「辛め」は一般的な担々麺ですが、「まろやか」の方は辛くない塩ベースになっていて食欲も興味もそそられる1杯です。

「まろやか」の担々麺は乳白色のスープが登場します。担々麺特有のゴマの風味はなく、ミルク風の味わいですがベースの塩味もしっかり効いています。

定番の「辛め」の担々麺は辣の油が浮いた薄オレンジのスープ。レンゲで混ぜると甘さと辛さが絶妙に調和した味わいを楽しめます。

麺はよくある細麺とは異なり、コシがあります。炒めたひき肉の甘さもちょうど良く、どんどんと食べ進めてしまいます。控えめな山椒も良い仕事をしています。

他にもチャーハンや回鍋肉など様々な中華料理を提供しており、季節限定のメニューもあるので美味しい担々麺と中華料理を食べたい方は「麺飯食堂 なかじま」を訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗名】麺飯食堂 なかじま
【住所】東京都渋谷区渋谷3-18-7 ナルセビル 1F
【電話番号】03-5774-1601
【営業時間】平日 11:00〜26:00、土曜・日曜 11:00〜23:00 (L.O. 22:30)
【定休日】なし

「道玄坂 マンモス」ならではの胚芽麺のつけ麺

濃厚魚介とんこつが美味しいと評判の「道玄坂 マンモス」

つけ麺がウリのこちらのお店は渋谷の道玄坂にお店を構えています。黒地に赤と金で書かれた店名が目立っているので、始めていく方でもすぐにお店を見つけられるでしょう。

このお店で提供している「濃厚つけ麺」800円(税込)の麺にはコシの強い「極太胚芽麺」ともっちり食感の「極太もっちり麺」の2種類の麺があります。

「濃厚つけ麺」のつけ汁はどろっとした魚介豚骨出汁で、料理が届いた瞬間から魚介の香りが感じられます。麺はちょうど良い長さにカットされていて食べやすく、一口噛むともっちりとした食感と小麦の味が伝わってきます。

つけ汁にドロッとしたつけ汁がよく絡みます。ゆずの皮が入っていることでしつこくなりすぎず、あっさりとした印象を与えます。

麺を食べ終わったらテーブルに置かれたスープ割り用の出汁をつけ汁に入れるとさっぱりスープの出来上がり。最後の一滴まで美味しくいただけます。

また、徐々に広がる辛みが魅力の「濃厚辛つけ麺」850円(税込)も人気がある一品。辛いものが好きな方はこちらも堪能してみては?

【店舗名】道玄坂 マンモス
【住所】東京都渋谷区道玄坂2-10-1
【電話番号】03-5459-3956(予約不可)
【営業時間】平日ランチ 11:30~16:00、平日ディナー 17:30~23:00、土・日・祝日 11:30~22:00
【定休日】
なし(年末年始、お盆はお休み)

長く愛される秘訣は?「中華麺店 喜楽」

渋谷を代表するラーメン店は?と聞かれれば、「中華麺店 喜楽」と答える方も多いのではないでしょうか。

渋谷の数あるラーメン店の中でも長く愛されるこちらのお店はJR山手線「渋谷駅」より徒歩6分、道玄坂を進みしぶや百軒店に入るとすぐに見えてきます。

ビルの1階と2階に店舗を構えているということもあり、外観はかなりシンプルですが、創業から65年以上の歴史があるお店です。

長年愛されているこのお店は食事時になると10人以上の行列ができるのが当たり前です。

1階と2階で2フロアあるので、ランチタイムと時間を少しずらすだけでもすんなりとお店に入ることができます。しかし、お会計の方法が1階と2階で少し違うので注意しましょう。

店名に中華と入っているようにメニューはチャーハンや餃子などの中華料理も多く取り揃えています。しかし、お店を訪れたお客さんの多くはやはりラーメンを注文しています。

中でも看板メニューの「もやしワンタン麺」950円(税込)が人気!

もやし炒めとワンタンがたっぷりと乗った具沢山なラーメンで、ラードを使い炒められた野菜は表面がツヤツヤと輝き、揚げネギが浮かんだ黄金色のスープもなんとも食欲をそそります。

一口口に入れると鶏ガラと豚ガラを長時間煮込んだ清湯スープのコクが口いっぱいに広がります。麺はもっちり食感の平打ち中太麺です。ワンタンは餡が小さく皮が大きいのがポイント。食べやすい一口サイズで、餡から滲み出た肉汁がたまりません!

常に変化し続ける街・渋谷で愛され続けるこちらのお店は渋谷に来たら必ず訪れたいラーメン店です。

【店舗名】中華麺店 喜楽 (ちゅうかめんてん きらく)
【住所】東京都渋谷区道玄坂2-17-6
【電話番号】03-3461-2032(予約不可)
【営業時間】11:30~20:30
【定休日】
水曜日

最後に

健康面に気遣ったものや60年以上もの間愛されるものまで、様々な魅力を持つラーメン店を紹介しました。

渋谷にラーメン店のイメージがなかった人も、自分の好みや気分に合わせて一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっとお気に入りのラーメン店が見つかることでしょう。