買い物客や外国人観光客で常に賑わいを見せるサブカルの街、秋葉原。漫画やフィギュアなど、コアなファンが多く訪れることもあってか、ネットカフェが点在しています。

ネットカフェは有料でインターネットが利用できたり漫画が読めたりと、自分なりにくつろぎの時間を過ごすことができますよね。

最近はまるで自宅の様にリラックスできる個室タイプのものや、ネイルやマッサージサービスを行っている店舗もあり、バラエティに富んでいるのも魅力なんです。そこで今回は、秋葉原にあるおすすめのネットカフェをご紹介しましょう。

和を感じる雰囲気が外国人にも大人気!「和style.cafe AKIBA」

JR「秋葉原駅」電気街口から中央通りへ出て、末広町方面へ歩くこと7分。蔵前橋通りの信号を渡ったところにあるビルの地下1Fにあるのが、「和style.cafe AKIBA」

JR「上野駅」、JR「御徒町駅」からも徒歩で10分弱、東京メトロ「末広町駅」からは徒歩0分という、どの駅からもアクセスが良好な立地にあるのが魅力です。

フロントで受付をして店内に入ると、まず最初に目に飛び込んでくるのがまるで京都の旅館か料亭にいるかの様な風景。

フロントの横に飾られた石が敷き詰められている古風な枯山水は、まさに店名にぴったりの「和」を表現しています。またお出迎えしてくれる店員さんの衣装も昔のハイカラさんを彷彿とさせ、和のテイストが大好きな人には嬉しいポイントでしょう。

赤い太鼓橋を渡った先には、各スタイルの個室が用意されています。シングル、ペア両タイプともリクライニング式の椅子かフラット式の座スタイルかを選ぶことができ、その日の気分でどちらでリラックスするのが自分に合っているかをチョイス!

これなら海外からのゲストが来ても、日本のサブカルチャーも和の雰囲気も両方楽しむことができますね。

個室に着いたらゆったりしたり、映像を楽しんだりと自分流の楽しみ方を見つけるのが良いでしょう。もしも長時間滞在するようであれば150円で作務衣を借りたり、30分420円でシャワールームの利用もできちゃいますよ。

特に作務衣は、「手軽に和体験をすることができる」と外国人の観光客にも人気があるとのことで、国内外問わず多くの方が訪れます。

また、夜更かしをした小腹がすいたときには、100種類もの豊富なメニューの中からフードを選ぶことができます。ネットカフェには欠かせないフリードリンクももちろんありますよ!

このお店はフードメニューの多さから、食事を楽しみたいという方も訪れることが多いとか。確かにこんなにメニューがたくさんあれば、長時間いても飽きずに楽しむことができそうですね。

【利用料金表】
利用料金表①

【店舗名】和style.cafe AKIBA
【住所】東京都千代田区外神田6-14-2サカイ末広ビル地下1階
【電話番号】03-5812-9753
【営業時間】24時間
【定休日】なし

ゲームにネット!ネカフェを満喫するなら「アイ・カフェ」

「アイ・カフェ」は共有スペースの広さが有名で、個室はもちろんですが気軽に漫画やPC環境を楽しむことができます。Akiba Place店は、JR「秋葉原駅」電気街口を出て中央通りを末広町駅方面へ歩いていると、4分ほどで看板が見えてきます。

利用可能な動画サービスの種類に関しては、他に比べて特化しているのがポイント。例えばニコニコ動画がプレミアム会員で視聴できたり、他にも新作の映画やアニメなど、用意されている映像には気に入るものがきっと1つは見つかるはずです。

またアイ・カフェでは時間により食べ放題を行っているのですが、朝はトースト、お昼はカレーなど、若い方がお腹いっぱいになる様なメニューを多数用意しています。

フードメニューはネットカフェライフを充実させるかどうかにも関係するので、とても重要ですよね!ドリンクバーはもちろん、女性に人気のアイスクリームも提供してくれるのは嬉しいところ。

さらにアイ・カフェの最大の魅力は60分1,080円で「VR体験」ができてしまうこと!VRとは専用のゴーグルをしながら、まるでその経験を本当にしているかの様にリアルに楽しむことができる「仮想体験」のことです。こちらのアイカフェでは、まだ日本に数台しかないというフィットネス系VR「イカロス」を導入。

もちろんフィットネス以外にも通常のVRゲームもプレイできますよ。ゲーム好きに限らず運動好きにもとても人気があり、多くのお客さんがVR目当てで来店するんだとか!予約も可能なので、流行に敏感な方はネットカフェでくつろぐついでに話題のVRを試してみてはいかがでしょうか。

【利用料金表】
利用料金表②

【店舗名】アイカフェ
【住所】 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-15-1 アキバプレイス7-8F
【電話番号】03-5298-0126
【営業時間】24時間
【定休日】なし

ゲームをしながらお菓子をつまみたいという方はぜひ「もんきーねっと」へ

「モンキーネットアキバ店」は、JR「秋葉原駅」電気街口を出て、神田明神通りを左折すると右手に見えてくるビルの4F〜6Fに入居しています。店内のインテリアは暖かみを感じるウッド系でまとめられ、清潔感があるのがフロントからもわかります。

この店のユニークな点はお菓子バー!

ドリンクバーが各フロアに用意されているのはもちろん、さらにフロントのある4Fには好きなお菓子がいつでも食べ放題のお菓子バーエリアがあるのです。

しかもソフトクリームまで食べ放題というから驚きですよね。漫画や映画鑑賞をするとき、ついつい手を出してしまうのがおやつですよね。これなら甘い物片手に長時間の利用が可能です。

ブースも各種用意があり、PC環境だけが必要という場合はオープンスペースをお得な価格で利用することができます。

その日の気分や時間の制限で個室まではちょっと…という方でも、オープンスペースでPCをすることが可能であれば「ふらっと立ち寄りたい」という方もいるはず。また少し仮眠もとりたいという方には、フラットタイプのチェアが嬉しいブースも用意されています。

これならばゆっくりPCや漫画を楽しんだ後でも、ごろっと一休みできちゃいます。しかも朝食のサービスも充実しておりトーストとゆで卵が食べ放題という、思わず朝まで居たくなってしまう快適さが魅力的。この朝食サービスは、そのまま仕事に行かなければいけないというハードスケジュールの方たちにも喜ばれているんだとか!

また長時間過ごしたい喫煙者にとって、店内が禁煙だった場合の心配もつきもの。こちらのお店は7Fのみですが、喫煙可能なフロアが設けられています。フロアで分煙されており、利用階を選べるのは嬉しいですよね!また、基本的に各フロアのセンターにドリンクバーと携帯通話スペースが設けられており、ブースは左右で分かれています。

その構造はフロアマップで見ると一目瞭然。ネットカフェにありがちな窮屈な空気があまりなく、スペースに余裕を感じることができるのも、ゆったりくつろげる理由かしれませんね。

他にもカップルや友人と楽しむことができるワイドブースや、高速インターネットにDVD鑑賞まで楽しむことができるリクライニングブースなど、値段や目的に沿った個室が用意されているのでちょっとした空き時間にはもってこいです。

【利用料金について】

もんきーねっとの利用料金は平日の昼間・夜、週末の昼間・夜と大きく4パターンに分かれており、それぞれオープン席、リクライニング席、ネットゲーム席の3つにさらに細かく分かれます。どのパターンでも時間制のお得なパック料金があるので、長く滞在する際はそちらがおすすめですよ。詳細はこちらのもんきーねっと料金表でチェックしてみてください!

【店舗名】もんきーねっと 秋葉原店
【住所】東京都千代田区外神田3-1-15 モンキータウン4~7F
【電話番号】03-5298-0008
【営業時間】24時間
【定休日】なし

女性も安心して利用できる「快活CULB」

「快活CULB」は、先ほどご紹介した「アイ・カフェ」と同じく、VR体験をすることができるネットカフェ。JR「秋葉原駅」電気街口改札から中央通りを目指して数分歩いたビルの4Fに位置しています。

秋葉原駅前店の最大の魅力は女性専用エリアがあるということ。まるでバリのリゾートを思わせるインテリアと清潔感のある室内は、女性だけの空間なので長時間パックでも安心して過ごすことができます。

ブースデザインも女性用に「スイート」、「ナチュラル」、「エレガンス」と3種類あり、席もそれぞれリクライニング、フルフラット、マッサージと違っています。ネットカフェというと女性1人で入りにくいというイメージがありますが、そんな悩みを気にさせません。シャワールームも完備で、部屋にはミラーが置いてあったり、ヘアアイロンやナノスチーマーの無料貸出までできちゃうんです!

また、快活CULBは丼ものなどのメニューも豊富で、食事も楽しむことができるのが人気。例えばお店で注文する人が多いメニューの1つ「トルコライス」は、パスタとライスそしてお肉がのっている豪華プレート!男性でも納得の美味しいボリュームです。

快活クラブを利用する際はぜひ注文してみてくださいね。

【利用料金表】
利用料金表③

【店舗名】快活CLUB 秋葉原駅前店
【住所】東京都千代田区神田3-1-15
【電話番号】03-5298-0008
【営業時間】24時間
【定休日】なし

終電を逃しても大丈夫!駅のすぐそばに「マンガ・ネット館」

JR「秋葉原駅」電気街口から徒歩1分のところに位置する「マンガ・ネット館」。ネットカフェが点在する秋葉原駅周辺で、ここまで近い場所にあるのはそうそうありません。

アイドルのライブ前後や会社帰りのビジネスマンなどが多く、客層の良さに定評があります。個室料金が平日の3時間パックで1,000円前後と、他店に比べ少々割高かもと思う方がいるかもしれませんが、その分アクセスやサービスの良さが気に入ったという声もあります。

店内に入ると、まるでビジネスホテルの様なフロントが現れます。従来のネットカフェのイメージで入ると、小綺麗な作りに驚かれる方もいるかもしれませんね。廊下をはじめとするスタイリッシュなデザインは、都会的でセンスの良さを感じさせてくれます。

個室スペースも全体的にブラックカラーで統一され、大人な雰囲気が漂っています。長時間の作業も落ち着いてこなせるでしょう。フラットスペースの席を確保することができれば、足を伸ばしてゆっくりと過ごすことも可能です。

マンガ・ネット館にはクールな店内に似合うダーツ台があり、訪れる多くの人に人気のサービスです。駅前にあるにも関わらず、気軽にダーツを楽しむことができると聞いて訪れる人もいるほど!

今や漫画やオンラインゲームに限らず、様々なエンタメコンテンツを取り揃えつつある「マンガ・ネット館」。ちょっとした空き時間などにぜひ足を運んでみては?

【利用料金表】

利用料金表④

【店舗名】マンガ・ネット館 秋葉原店
【住所】東京都千代田区神田3-1-15
【電話番号】03-5298-0008
【営業時間】24時間
【定休日】なし

最後に

いかがでしたでしょうか?
平日はもちろん、土日や祝日には多くの家電製品やゲームなどを探しに来る方でにぎわう秋葉原。居酒屋やカフェも増えている中、やはりサブカルチャー好きとして楽しみたいのは個室でゆっくり楽しむことができるネットカフェではないでしょうか。

手軽にオンラインゲームをすることはもちろんですが、アニメや映画鑑賞、充実したお料理やドリンクのなど、日々進化を続けています。

最近は、休みの日にネットカフェへ出かける方が増えているという話にも頷けますね。もしもどこか気になったネットカフェがあった方は、ぜひ足を運んでみて下さい。リラックスできる、自分だけのお気に入りの場所が見つかるかもしれませんよ。