ふいに思い出してみるとなんだか素敵な思い出たち。今回は、日常的だけどどこか哀愁漂うツイートをまとめました。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.