世界中で様々なペットが飼われている現代。その時その時で、ブームになる動物がいますよね。そして、ブームが去った動物の中には、悲しい運命を迎える子もいます。今回は、社会問題になっているこのテーマを、ファンタジーの世界で描いた漫画家の一智和智さんの『ペットショップにドラゴンを見に行く』をご紹介します。

DpObog8V4AYuUGH
twitter.com@burningblossom

DpObseJU8AEHiKt
twitter.com@burningblossom

DpObu-dU8AESo_M
twitter.com@burningblossom

DpObzNaU4AEF-6c
twitter.com@burningblossom

『ペットショップにドラゴンを見に行く』いかがでしたか。幼い少女が捨てられた石竜を拾い、無償の愛情を捧げる姿に心が洗われます。少女の命を大切にしたいという思いが、石竜にも伝わり、立派な金剛竜になったのでしょう。

少女とドラゴンの感動の結末に、Twitter上では20万を超えるいいねがされ、多くの人から感動の声が挙がっています。

現在日本でも、飼い主の身勝手な理由で捨てられる動物が、たくさんいます。少しでもそんな動物たちが減って、人間も動物も、幸せに暮らせるようになれたらいいですよね。

ちなみにドラゴンの詳細を教えてくれたおばあさんは、「ファンタジー世界の赤字路線バス」にも登場します。このほかにも、作者の一智和智さんは多数の人気作品を公開しているので、ぜひチェックしてみてください!

Twitter:@burningblossom
Twitter:ファンタジー世界の赤字路線バス。
Amazon:バーサスアース
連載:便利屋斎藤さん、異世界に行く