誰しも一つは持ってるかもしれない「ぶっ飛んだ友人」の話。今回は、タイミング、あるいは発想において天才的なフレーズを残した友人のエピソードをご紹介します!

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.