多摩美術大学の芸術祭で披露された看板職人の神ワザが話題です。大看板に下書きなしで、美しい文字を書き込んでいます。

パフォーマンスを披露した職人は大阪で看板屋を営むサインズシュウさん。このレタリング技術は日本特有のものであり、機械化が進んで失われつつある技術であるとのこと。

コメント欄には「もっと世界で評価されてもいい」「人間業ではない」など称賛の声が寄せられています。