どんなお国柄でも、「これなんでそう決まってるの?」と気になる慣習はあるものかもしれません。今回は鋭い視点で因習に警鐘を鳴らす人々の考え方をご紹介。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.