聞いてしまったがもう最後。ふと耳に飛び込んできた言葉の数々に、気が散って何にも手につきません!インタビューさせてくれ…。

1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.