妙に納得してしまう「極端な例え」を紹介します。こんな物の見方ができること尊敬しちゃいます。

1.


2.


3.


4.


5.


6.