ラジャ・アンパット諸島はインドネシア列島の最東部に位置する群島で、約1,500種類の魚類、約500種類以上のサンゴ、約699種類もの軟体動物類が生息することから、10大ダイビング地と呼ばれています。

そんなラジャ・アンパット諸島で、先日偶然見つかったのがこちらの大きな白マンタ!現地の観光ガイドの方がお客さんを連れてボートトリップをしている時に見つけたのだそうです。こんなに巨大な白マンタを見れるなんてとてもラッキーですね♪