映画『死霊館のシスター』に登場する「悪魔の修道女」を見たことがありますか?アメリカ映画史上最も恐ろしいといわれる「おばけ」のうちのひとつであり、子どもなんかが見てしまった日には泣き叫ぶこと必至で、数日は夜も眠れないこの映画。

メキシコ在住のルシアちゃんは、自信の誕生日パーティで「悪魔の修道女」のコスプレをすることを自ら選択しました。

その姿がこちらです ↓

「かわいい」を選ばないこのセンス最高かよ。

「ディズニープリンセスはありきたりでつまらない!」という3歳の女の子は、いるかもしれません。世界中探せばそんな意識の高い女の子もいます。将来パリコレに出る類のエリートです。

でも「ディズニープリンセスはありきたり!」→「死霊館の修道女にしよう!」の論理展開は史上初ですよねたぶん。

「カレーはいつも食べているから飽きちゃった・・・」→「タガメを食べよう!!」的な発想...。

血の気の通っていない、真っ白な顔面に「何日寝なかったんだ」と問いたくなるほど大きなクマの修道女。パンダ界ではおしゃれなのかもしれませんが、人間の女の子がする選択としてはなかなかの攻め具合。

友達もこの通り ↓

友達の心の広さよ。

またリプ欄にはこんなツイートが... ↓

投稿者「私の姪っ子も同じタイプだから友達になるといいかも」

絶対気が合うと思います。

またルシアちゃんを絵に描いた人も...。絵にすると普通に怖いですね。

「普通の女の子じゃつまらない!」

ぶっ飛んだセンスと実行に移す行動力を持った少女ルシアちゃん。どんな大人になるのか非常に楽しみです。