『BLEACH』久保帯人先生、最終回を読めずに亡くなったファンの情報提供を求める

    全体:154月:0週:0日:0

 2001年から15年間、週刊少年ジャンプで連載された人気漫画『BLEACH』。作者の漫画家・久保帯人先生がツイッター上で、最終回を読まずして亡くなったファンに関する情報提供を求めています。

 久保帯人先生は11枚のイラストとともに、読者への感謝を綴った後、【皆さんへのお願い】と題して「この手紙の送り主を捜す手伝いをして頂けませんか」「彼へのお礼が 言いたいのです」と協力を呼びかけています。

BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)

出典:BLEACH―ブリーチ― 74 (ジャンプコミックス)集英社(amazon.com)

 漫画『BLEACH』の連載終了から3ケ月が経過。久保帯人先生は、11月17日、この3ケ月を悩み過ごし、未練を感じていると前置き、「連載を終えた感謝を読者の皆さんにお伝えしたく、改めてこの場をお借りすることにしました」と自身のツイッターアカウントにイラストを投稿しました。

読者から届いた手紙は宝物、全部保管している

 15年という象徴的な年数で連載を終えたこと、第一話時に思い描いていた最終回を執筆できたことを振り返り、読者に感謝の気持ちを述べています。そして、読者から届いた何万通もの手紙は宝物であり、すべてに目を通して保管していることも明かします。

連載10年目で体を壊しました

葛藤の日々。名もなき一通の手紙が届く

 決まった時間、決まったクオリティで。それが漫画家のあるべき姿。それができない状態で連載をするべきではない。久保帯人先生は、寧日がない日々を送ったといいます。そんな中、名前も住所もない一通の手紙が届きます。

闘病中の男の子からの手紙

 「イタズラかね……」小首を傾げつつも、久保帯人先生は封を切ります。それは、闘病中の男の子からの手紙。

「薬でおさえていた病気が突然悪化し ふつうの学生生活から突然 病院から一歩も出られない生活に変わったこと」

「TVを観ても ゲームをしても 友達と一緒にいた時のことを 思い出し 何も楽しめないこと」

「医者も親も何も言わないけれど 自分で調べて 自分の病気が 治らないことを知っていること」

「その頃に荒れて今すぐ死にたいと言った時 しっかり生きてほしいと 余命を告げられたこと」

「その余命が一年半であること」

「それからは ベッドの上から 動けないながらも 自分が楽しめる方法を 考えるようになったこと」

「その結果 漫画なら世界に入り込み 友達のことを思い出さずに 楽しめるんじゃないかと 思ったこと」

「いろんな漫画を読んだ結果 BLEACHに辿りついたこと」

「BLEACHの次の巻が読みたくて 入院してから初めて明日のことを考えるようになったこと」

「BLEACHが 自分の世界を 変えてくれたこと」

「BLEACHが 自分に再び 生きる力を与えてくれたこと」

久保先生へ、最後のお願い

「そして 自分がもう この世にいないこと」(僕が亡くなったらこの手紙を送ってと頼んだ)

「どうか先生の思うままの BLEACHを 最後まで描き切って下さい」

「僕はそれが 読みたい」

皆さんへのお願い

この手紙の送り主を捜す手伝いをして頂けませんか

「住所も名前も 書いていない手紙の 差出人を捜すなんてことが 僕のわがままであることも わかっています」

「それでも僕は 彼へのお礼が 言いたいのです」

出典:@tite_official(twitter.com)

 久保帯人先生は、この男の子に関する情報提供を呼びかけています。

投稿フォームはコチラ

引き用元サイト: FEELY

記事元url: http://feely.jp/56570/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【サントリー】 ジャパンビバレッジ、支店長が部下に「有給チャンス」クイズ 不正解者は有休取らせず 「永久追放、降格」のメールも
  2. 【高校野球】 金足農業、滞在費が底をつく
  3. 理不尽クレーマーへ会心の一撃!みんなのクレーム対応マニュアル 7選
  4. 清々しさに好感度アップ!こんなところで働きたいなと思うお店 6選
  5. 【アメリカ】 警官、タンポポを摘んでいた87歳女性をテーザー銃で鎮圧
  6. 【神?いいえ、上司です】この人さえいればホワイト企業になる「自慢の上司」 6選
  7. 田舎出身者は100%共感!地方から上京してきた人に刺さりすぎる光景 6選
  8. 野球の試合中、観客席にバットが飛んでいった!男性がバットを片手でキャッチし、奥さんを守る
  9. 陸上自衛隊が姫路城の大天守を清掃する姿が、まるで突入する忍者のようだと話題
  10. 若造にはまだまだ負けん!おじいさんがバスケの試合で見せた鮮やかなフェイクが話題
  11. 不倫が楽しいと思うのはなぜ?知っておきたい不倫の落とし穴
  12. 本人はいたって真面目だから困る!うちの母の暴走に目が離せない 8選
  13. この光景、何かが始まりそうな予感!ゲーム好きがテンション上がる光景 6選
  14. 「ブルーエンジェル」【クレイジーで無料読破!】
  15. 可愛くてほっこり、役に立って二ヤリ。「こどもの遊び」が家族を笑顔にした瞬間 7選
  16. フランス・パリで立ちションが深刻な問題に→立ちションボックスを設置→苦情殺到
  17. 今すぐデザイナーを呼んでくれ!褒めちぎりたくなる街中グッドデザイン 9連発
  18. 高知県立大「新しい図書館、前より小さく造っちゃった」 → 蔵書3万8千冊を燃やす 絶版本も多数
  19. 【炎上】 実写版「魔法少女まどかマギカ」 欅坂46が挑戦!→大惨事で批判殺到
  20. 「元気があれば何でも出来る!」はずだった…。大人になって気付いたこと 7選
  21. 【息子とクレーンゲーム】出張!きょうの横山家 第5回
  22. 女子トイレはどっち?カンボジアのトイレ記号が難問すぎるんだが…
  23. デザインで印象が変わる!顔の形に合ったピアスの選び方
  24. ほっこりデザインが可愛い!《北欧ネイル》が話題沸騰中
  25. 2018年トレンドの《ウェットヘア》におすすめの”スタイリング剤”5選
  26. あなたはどのくらい?彼氏と連絡をとる《最適な頻度》を見極めよう!
  27. コンプレックスはファッションで解決!《なで肩解消コーデ》とは?
  28. セルフで簡単《アニマルネイル》のやり方♡ダルメシアン&レオパード&ゼブラにチャレンジ!
  29. 海外インスタ女子を参考に!海外流の「ポニーテール」が使える
  30. 1冊あると便利!本から学べる《ヘアスタイル関連本》オススメ7冊
アクセスランキング