女子高生に全力タックル?!東京の街に突然現れたラガーマン達の目的とは?

    全体:6月:0週:0日:0

31021_main2

屈強なラガーマン集団が、渋谷の街に突如出現!

黒いユニフォームに身を包んだ彼らは、何やらお互いに目配せをすると、一斉に走り出します。

31021_01

渋谷や新宿の街へ四方八方に散らばり、人の隙間を駆け抜けていくラガーマン達。

そこへ一人の女子高生が、スマホを片手に歩いてきています。

31021_02

ラガーマンは、スマホに夢中な女子高生を避けるかと思いきや、次の瞬間!

31021_03

勢いをつけたまま、まさかの全力タックル!! な、なんで?!

黒いユニフォームのラガーマン達は、あちこちで次から次へと街の人たちにタックルしていきます。

31021_04

自転車で走行中のメッセンジャーや街中でビラ配りをしている着ぐるみ、名刺交換をしているサラリーマンなど、フィールドでボールを取りに行く時のように、ラガーマン達は全力で向かっていきます。

ラガーマン達はいったい何のために、街中でこんな全力タックルをしまくっているのでしょうか?

スマホに夢中になって歩いていた女子高生のいた場所は、ちょうど横断歩道の上。

もしタックルをされていなかったら、大きなダンプカーにひかれていたかもしれません。

黒いユニフォームの彼らが、全力でタックルしていたのは、思いもよらない『事故』から街の人達を守るためだったのです。

31021_06

自転車に乗っていたら車のドアがいきなり開いてぶつかることだってありますし、工事現場ではバランスを崩した鉄骨が、街中では老朽化した看板が落ちてくる可能性もゼロではありません。

いつものお店に、運転操作をあやまった自動車が突っ込んでこないとも限りません。

31021_07

私たちの日常に、あらゆる予想外な危険が潜んでいることを教えてくれるこの動画は、保険会社のAIGグループが公開したもの。

思いもよらないリスクを未然に防ぐために能動的なサポートを提供していくという、AIGグループの事業戦略コンセプト『ACTIVE CARE』を表現しているのだそうです。

31021_08

登場するラガーマンは、ニュージーランドの代表選手達

さまざまな危険から街中の人達を守ってくれたラガーマンは、ラグビー世界最強チームと言われるニュージーランド代表の『オールブラックス』の選手達です。

AIGはオールブラックスのグローバルスポンサーということもあり、今回の撮影が実現したそうです。

31021_09

街中での撮影だったため、突然現れた選手達に、通勤前の社会人や学生達も本当にビックリしていたとか。

撮影の合間には、噂を聞きつけたラグビーファンや学生達と気さくに交流するなど、選手にもファンにもとても貴重な体験になったと思います。

また、この動画は日本だけでなく海外でも話題になっており、公開からわずか4日間で1,000万回以上再生されたそうです。

様々な事故を未然に防ぐためにできること

31021_10

東京消防庁によれば、歩きスマホが原因による救急搬送のうち、約2割は入院の必要があると診断されているそうです。

街中にあふれる色々なリスクを知っていれば、危険を避けるために「どうしたらいいのか?」と気をつけることができます。

普段は忘れがちな、身近に潜んでいる危険について、改めて考えてみたいですね。

提供:AIGジャパン・ホールディングス株式会社

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/65420/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 侍 VS 龍 バトルファンタジー!個性あるキャラクターにワクワクが止まらない
  2. 子供が来るからオーブンに銃を隠す→友人が知らずに点火→銃が暴発、オーブンを開けた男性重傷
  3. “怒らない人”は“優しい人”ではない?「怒らない人の本音」は怒られるより怖い説
  4. ソーシャル疲れしてませんか?考えさせられる「SNSの使い方」に関する7つの主張
  5. わざと財布落とし…拾って追いかけてきた女児に「クレカ取ったでしょ」と自宅へ連れ込む、誘拐とわいせつ未遂で大学生逮捕
  6. 絵にかいた幸せ。イラストレーターの父が描く「娘の成長記録」漫画に笑い癒される
  7. 【性格診断】あなたのTシャツのたたみ方はどれですか?
  8. 【誤爆】「日本体育大学」に抗議殺到
  9. 「客だからって偉いわけじゃない」人生のヒントをくれた父の教え 8選
  10. 「どこ見て歩いてんだ!」激しく口論するオオヤマネコのうなり声が怖すぎる
  11. マジックで子供を楽しませる歯医者!男の子のリアクションがカワイすぎる
  12. 【あなたならどうする?】おぎぬまXの4コマ空間 第29話
  13. 日本伝統の奈良『高速餅つき』が海外で話題沸騰!海外で3000万再生を記録!
  14. 裏切りの連続、信じていたものを全て失った一人の警官の絶望の果てからスタートした新たな人生に迫る!
  15. 幼い頃より”裏切り娘”と世にさげすまれてきた一人の女の波乱の人生を、歴史漫画の巨匠が描く!
  16. 「本人も何が起きてるのかわかりません」思わずフリーズしてしまったうっかりミス 8選
  17. コンビニは低糖質ダイエットの味方!上手に活用して効果的に痩せよう
  18. 室町時代がら続く日本の伝統のスポーツ「羽根つき」に懸ける、女子中学生の友情と青春の物語!
  19. 記者「あなたの発言で日大のブランドが落ちますよ」 司会(日大)「落ちません!」
  20. 内田監督「ボールを見ていたので、反則行為は見てなかった」
  21. 内田監督「ボールを見ていたので、反則行為は見てなかった」
  22. 主張がスゴい!気になって仕方ない、商品の謎パッケージ 6選
  23. 小顔は前髪で作れる!顔のタイプ別小顔見せテクニックをご紹介
  24. ただよう恐怖感!日常に潜むホラーになってしまった光景 7選
  25. サブウェイが4年間で170店舗もの閉鎖 一体何が駄目だったのか
  26. 小顔メイクの簡単なやり方!丸顔と面長メイクも自由自在!
  27. SNSで流行っている想いが実る「両想い切符」ってなんなの?
  28. みんな間違っている!?ニンニクダイエットの効果と臭い対策
  29. お肌に「はたけ」ができるのは〇〇の可能性が!効果的な治療法も
  30. 【大阪弁禁止ゲームの行く末は…?】大阪ちゅーとリアル 第12話
アクセスランキング