「ブランド志向の女性」をピシャリ! GACKTの意見に共感の声

    全体:11月:1週:0日:0

GACKTさんが自身のブログにて「ハイブランド志向」について意見をつづり、共感を呼びました。

空港の列で、前に並んだ若い女性がイヴ・サンローランのバッグを肩にかける姿をみかけたGACKTさん。スッパリと言い切ります。

「若い子の身の丈に合っていないブランド志向に気分が悪い」

声を大にして言いたい。

「一体どうやったらそんな300万もするバッグを自分で買えるか?」

20代前半の子が高級ブランドのバッグを持っていると、その「稼ぎ方」や「背景」に疑問を抱くといいます。

よく考えると恐ろしい

「ブランド志向がここまで強い国も珍しい」

GACKTさんは日本特有の意識について問題視。

話は日本で行われる“売りビジネス”に及びました。

JKビジネスがどうのこうの…とよくニュースでは見かけるが、
実際に今の日本は想像以上の売りビジネスが横行している。
売れないアイドル・グラドル・モデルの子達も
一見、普通の大学生・社会人に見える子達も
こういった仕事をやってる子が少なくない。

出典:ameblo.jp

ブランド品を手にすることは決して悪いことではない。

しかし、高級ブランドを持つ文脈が間違ってないか。

「小遣い稼ぎ」と表現し、若い子の心情を推測します。

自分の身の丈に合っていない買い物をするために
売春などを平気でしてしまうおかしな感覚に慣れている子が多すぎる。
いや、そもそも売春などとは思っていないのだろう。
デートをして小遣いを貰うという軽いイメージなのだろう。

出典:ameblo.jp

もっと自分を大切にして

また、世界を旅してきたGACKTさんによると、海外であれば生活ができない背景から「身売り」するケースが多いそう。

しかし、日本は贅沢を目的にしていると鋭く指摘します。

「日本では生活ができないから身売りをするのではなく、高価なブランド品を買うために、贅沢な生活をするためにウリに走る。もしくは普通に仕事をするのは面倒臭いからするのか?」

GACKT

出典:Victor Fraile / Getty Images

素直な気持ちをあらわにしたGACKTさんは、最後に「もっと自分を大切にして」とのメッセージをおくりました。

世の中の女性たちにはもっと自分を大切にしてもらいたい。
確かに【若いうちにしかできないこと】はたくさんある。
だがその解釈を履き違えてなんでもやっていいわけではない。

出典:ameblo.jp

ブログには、貧困から身売りするケースもあるとの指摘した意見もある一方、「皆と同じでないと怖い」「安易な稼ぎをしてしまうのも悲しい」「ほんとに共感できました」「自分を大切にするというのは、本当に本当に難しい」など共感を示したコメントが多く寄せられました。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/70741/

 - FEELY ,

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 思わず笑顔に!ハンドスピナーにドハマリしたダックスフンドがキュート
  2. あなたもスター・ウォーズのチューバッカに!? ウーキー・ウィークエンド!
  3. これはやむを得ない!思わぬ誤解が生まれそうな光景 6選
  4. 「完全防音」で「爆音上映」の映画を見たら楽しめるの?
  5. 【世の中捨てたもんじゃない】電車で遭遇したドラマのようなほっこりエピソード 9選
  6. 艶やかな美しさ……。サボテンの開花を捉えたタイムラプス映像が神秘的
  7. 「すげえええええ!!!」海を初めて見たオウムの興奮っぷりがスゴい
  8. あの「キングダム」の後の時代!秦の始皇帝に立ち向かう新時代の英傑たちの物語!
  9. 笑ったら負けです!5秒でポーカーフェイスを破壊する「表情」のボケて 11選
  10. 自殺した農業アイドル(16歳) 「アイドル辞めたいと言ったら事務所社長に違約金1億円請求された」
  11. 「もうダメだぁ」その時後ろをふり返ると一人のこどもが!こどもをテーマにした爆笑4コマ漫画を読んでみる!
  12. 鳩山由紀夫「赤坂を歩いてたらルーピーと叫ばれた。以前はショック受けたが最近は可哀想に思う。彼らに真の友愛を伝えたい」
  13. その生き様にあっぱれです。世界を救う!素敵ギャル 8選
  14. 【画像】 ラブライブ! マンホールのふたになる 「想像以上に出来が良い」
  15. 嫌いより好きを主張していこうぜ!会話をポジティブにした結果 7選
  16. 「これ僕専用~☆」エスカレーターに乗るブルドッグがカワイすぎる!
  17. 可愛すぎて食べるのがもったいない!超小さなキッチンでユニコーンケーキを作ってみた
  18. これぞ究極の臨場感!超高画質『8K』映像で見る日本の美しさ
  19. まるでドラマの1シーン!運命という言葉がピッタリな胸きゅんエピソード 6選
  20. 武蔵小杉駅の混雑、JRに対策求め署名運動スタート 改札、ホーム、車内すし詰め「あばら折れちゃう!」
  21. 命だけでなく患者の人生も救う!?再生を司る神「ホルス」と呼ばれた名医師の手技が冴え渡る!
  22. なんか予想してたのと違う!期待を裏切られた瞬間 6選
  23. 中村雅俊の息子が大麻で逮捕されたって本当?今は何をしているの?
  24. 痛烈な言葉が胸に刺さりまくる!容赦ない妹の一言 6選
  25. アン・ラッキーは突然に!まさかの角度から心にダメージを負った出来事 7選
  26. かわいいさと面白さでニヤニヤする!電車で見たら危険なボケて 10選
  27. 学園のイケメン3人組との胸キュンラブストーリ♡大人気作品「SECERT」続編にして完結作!
  28. 田舎の村に住む二人の少年が画家を目指して東京へ!二人の成長を描いた「蒼き炎」が熱い!
  29. 【動画】 札幌ドームで幼い少女に怒鳴り散らし続ける男性 Twitterで拡散炎上
  30. 【あっちの世界でもスマホは手放しません】底尽きることのないみんなの願い 7選
アクセスランキング