「ぶっちゃけ儲かってる?」元祖セレブタレント・マリエ、現在の姿に共感の声

    全体:4月:0週:0日:0

元祖セレブタレントと言えばマリエさん。自由奔放なコメントやキャラクターが支持され、一時はレギュラー番組9本を抱えるほどブレイク。

お父さんは自動車用オイルの輸入代理店の社長を務め、世界各地に豪邸を所持するセレブぶり。“和製パリス・ヒルトン”とも形容されました。

しかし、マリエさんは人気絶頂の2011年を境にメディアから姿をみせなくなりました。

8月17日放送の『有吉ジャポンゴールデンSP』(TBS系)ではマリエさんの現在に密着。デザイナーとして活躍し、夢に生きる姿が共感を呼びました。

マリエさん

写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

マリエさんの現在は? 激変した私生活

番組スタッフと待ち合わせたのは、セレブらしからぬ住宅街。

薄暗いガレージにマリエさんは姿を現しました。

「テレビによく出ていた時は18歳とか20歳とかだったんで、もう30歳になりましたので、ちょっと落ち着いたかもしれないです」

マリエさんは現在30歳。20代前半と比較すると、メイクや紙色が落ち着いた印象。しかし、その美しさは健在です。

公開された一室は、地下倉庫を改装した半地下にあるスペース。

所狭しと衣装が並び、雑然。オシャレな印象を与えますが、セレブの面影はありません。

昔レギュラー出演していた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)卒業時の記念品を手にし、過去を振り返ります。

なぜ、姿を消したの? デザイナーに転身

スタッフから問われたマリエさんは「デザイナーとして洋服作ったり、絵描いたりとか」と、現在の職業を説明。

このスペースはアトリエ兼自宅。2011年にマリエさんは、世界3大美術大学の1つであるニューヨーク市の「パーソンズ美術大学」に留学しました。

帰国した2012年からは、自身のファッションブランドを立ち上げるため、一切の援助を受けずに奔走。

そして、『pascal marie desmarais(パスカル マリエ デマレ)』と、自身の名前を冠したブランドを2017年6月にスタート!

5年の歳月に想いを込め、準備したそうです。

「pascal marie desmarais」をスタート

初めて販売したTシャツは72枚限定。

13,800円にもかかわらず、わずか5分で完売する反響!

デザインのみならず、商談、仕入対応…電話越しに「お忙しい中、お時間とっていただいてありがとうございます」と、セレブタレント時代は使わなかった敬語を話します。

地方にある良いモノを多くの人に知ってもらうため、地方の工場に赴いて交渉。

それらを自分のブランドに反映し、表現するために協力を呼びかけます。この夏だけで16都市を巡るそう…。

「私のモノを買うことで、何か1つ新しいものに出会ってほしい」

自身のブランドに込めた想いを語ります。

そして、デザイナーだけではなく、ラジオナビゲーターや専門学校の講師を精力的に行う原動力はセレブタレント時代のファンにあると明かします。

「日本のファンの人達に『がんばって』ってずっと励まされたことで、(活動)できたと思っていて……恩返しができたら、すごくいいなと思って…」

最後に『有吉ジャポン』は、マリエさんの懐事情にも触れました。

「ぶっちゃけ儲かってる!?」スタッフの率直な質問に、マリエさんは苦笑。

そして、「ぶっちゃけ……全然儲かってないです!」と暴露。

「スレスレです。どっこいどっこいって言うんですか?」「あの頃なんで貯金しとかなかったんだろうって…笑」と続け、セレブタレント時代と変わらぬ天真爛漫な笑顔をみせました。

夢に向かって生きるマリエさんの姿には、ネット上でも「かっこいい生き方してるなあ…」「高感度上がった」など多くの感想が書き込まれました。

引き用元サイト:FEELY

記事元url: https://feely.jp/70986/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 無限授乳の恐怖…「子育ての理想と現実の違い」を描いたマンガが話題
  2. プロのイラストレーターに依頼→3万円 アマに依頼→2500円 NHKが紹介「プロの仕事を奪うな」批判殺到
  3. ヒラメキの天才現る!本来の使い方と違うけどなんか便利なモノたち9選
  4. 育児ママたちが偉大であるとわかる5つのお話
  5. 【日清】 どん兵衛 「うどん」のカップに「そば」のふた…864個を自主回収
  6. こっちが赤面するわ!みんなが幸せを願った胸キュンなカップル 6選
  7. 日清の「女子高生サザエさん」のCMが酷すぎると話題に
  8. 【おじさまと猫 番外編その3】ふくまるの言葉を都合よく解釈しちゃうおじさまがお茶目で可愛い
  9. 【再会】ホストの拳 第6話
  10. 【お姉ちゃんの勘違い】オタクな姉とリア充な妹 第6話
  11. カップルの「距離を置こう」はNG!ケンカした時に見てほしい5つの恋愛アドバイス
  12. 【画像】“世界で最も若く見える71歳の女性” が元クラスメート(71)と並んだ結果
  13. 【野生動物ナメたらアカン!】田舎が嫌い子ちゃん 第15話
  14. 【笑撃の展開】美少女に隠されたヒミツ... 友人も驚いた彼女の隠し事とは?
  15. そのお店即オープン希望!(笑) 子育てママが発信する「リアルな叫び」4選
  16. よくぞ言ってくれた!そろそろ本気で直していきたい日本のダメな風習 5選
  17. 肩の力抜いてこうぜ! 人生に希望が持てる珠玉のつぶやき5選
  18. 「でも」より「なるほど」が大事!上手な人付き合いの7つのコツ
  19. 愛する娘の成長を痛感した4人の悲しきパパたち
  20. 隣の人に伝えたくなる。99%の人が知らなさそうな5つのこと
  21. 決断力のない幼稚園の先生。でも、そこには胸キュンな理由が…!
  22. 【北国育ちのくせに散歩にならない】柴犬との日常がシュールすぎる件10選
  23. Android、位置情報オフのときも位置情報を収集してGoogleに送信してしまうバグ 修正へ
  24. コマツ元社長が、個人で出した『新聞広告』 内容に「大きな器」「美しい」
  25. 表情豊かすぎだろ!ペットの「ONとOFFの違い」が激しすぎる 6選
  26. 【相撲】 白鵬、勝敗が納得できず異例の土俵の上で抗議
  27. いつの間に成長したんだ!息子の「大物感漂う発言」4選
  28. 【あなたの性格を16タイプから分類】クレイジー式パーソナリティ診断
  29. 女性議員(42)が議会に子連れ出席求め 開会遅れる…熊本市議会
  30. Wi-Fiがナウシカじゃねえか!日常に潜むジブリを捕らえた瞬間 5選
アクセスランキング