「ぶっちゃけ儲かってる?」元祖セレブタレント・マリエ、現在の姿に共感の声

    全体:4月:0週:0日:0

元祖セレブタレントと言えばマリエさん。自由奔放なコメントやキャラクターが支持され、一時はレギュラー番組9本を抱えるほどブレイク。

お父さんは自動車用オイルの輸入代理店の社長を務め、世界各地に豪邸を所持するセレブぶり。“和製パリス・ヒルトン”とも形容されました。

しかし、マリエさんは人気絶頂の2011年を境にメディアから姿をみせなくなりました。

8月17日放送の『有吉ジャポンゴールデンSP』(TBS系)ではマリエさんの現在に密着。デザイナーとして活躍し、夢に生きる姿が共感を呼びました。

マリエさん

写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

マリエさんの現在は? 激変した私生活

番組スタッフと待ち合わせたのは、セレブらしからぬ住宅街。

薄暗いガレージにマリエさんは姿を現しました。

「テレビによく出ていた時は18歳とか20歳とかだったんで、もう30歳になりましたので、ちょっと落ち着いたかもしれないです」

マリエさんは現在30歳。20代前半と比較すると、メイクや紙色が落ち着いた印象。しかし、その美しさは健在です。

公開された一室は、地下倉庫を改装した半地下にあるスペース。

所狭しと衣装が並び、雑然。オシャレな印象を与えますが、セレブの面影はありません。

昔レギュラー出演していた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)卒業時の記念品を手にし、過去を振り返ります。

なぜ、姿を消したの? デザイナーに転身

スタッフから問われたマリエさんは「デザイナーとして洋服作ったり、絵描いたりとか」と、現在の職業を説明。

このスペースはアトリエ兼自宅。2011年にマリエさんは、世界3大美術大学の1つであるニューヨーク市の「パーソンズ美術大学」に留学しました。

帰国した2012年からは、自身のファッションブランドを立ち上げるため、一切の援助を受けずに奔走。

そして、『pascal marie desmarais(パスカル マリエ デマレ)』と、自身の名前を冠したブランドを2017年6月にスタート!

5年の歳月に想いを込め、準備したそうです。

「pascal marie desmarais」をスタート

初めて販売したTシャツは72枚限定。

13,800円にもかかわらず、わずか5分で完売する反響!

デザインのみならず、商談、仕入対応…電話越しに「お忙しい中、お時間とっていただいてありがとうございます」と、セレブタレント時代は使わなかった敬語を話します。

地方にある良いモノを多くの人に知ってもらうため、地方の工場に赴いて交渉。

それらを自分のブランドに反映し、表現するために協力を呼びかけます。この夏だけで16都市を巡るそう…。

「私のモノを買うことで、何か1つ新しいものに出会ってほしい」

自身のブランドに込めた想いを語ります。

そして、デザイナーだけではなく、ラジオナビゲーターや専門学校の講師を精力的に行う原動力はセレブタレント時代のファンにあると明かします。

「日本のファンの人達に『がんばって』ってずっと励まされたことで、(活動)できたと思っていて……恩返しができたら、すごくいいなと思って…」

最後に『有吉ジャポン』は、マリエさんの懐事情にも触れました。

「ぶっちゃけ儲かってる!?」スタッフの率直な質問に、マリエさんは苦笑。

そして、「ぶっちゃけ……全然儲かってないです!」と暴露。

「スレスレです。どっこいどっこいって言うんですか?」「あの頃なんで貯金しとかなかったんだろうって…笑」と続け、セレブタレント時代と変わらぬ天真爛漫な笑顔をみせました。

夢に向かって生きるマリエさんの姿には、ネット上でも「かっこいい生き方してるなあ…」「高感度上がった」など多くの感想が書き込まれました。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/70986/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 評論家の西部邁氏(78)が死去 多摩川で入水自殺か
  2. パンダがギュッと温める♪ 動物モチーフのボディーウォーマー『MATAGI』が可愛すぎる
  3. ニュージーランド首相の妊娠・6月出産予定の一報に切なくなる日本女性「これが日本なら・・・」
  4. これが「センター試験・世界史」満点の参考書だ!涙ぐましい努力が一瞬で伝わる
  5. おばあちゃんそれ獅子舞ちゃう!キスマイや! 芸能人にまつわる笑える勘違い 7選
  6. 成人式で再会した恩師。教え子思いの「ある気遣い」に胸が熱くなる
  7. 高畑充希さんがファン嫉妬のキス写真を公開!「突然唇を奪われて」
  8. 韓国 アメリカ原潜の釜山入港を拒否
  9. インフルエンザで会社倒産?! インフル舐めたらアカンってなるエピソード 6選
  10. Jアラート訓練「中止を」藤沢市民が要請 「外敵をつくりだし、市民に戦争やむなしとの感情を抱かせる」
  11. 【育児漫画】「ごめんね」と言えた3歳姉... それに対して1才妹が取った行動にほっこり
  12. 100均グッズの「裏ワザ使用法」 7選!天才たちが生み出したお得で便利なアイディアに脱帽
  13. 【画像】 伝統工芸の職人が作った「初音ミク」のお雛様がなんかヤバイと話題に
  14. 「バカ親」と「親バカ」の違いがわかる素敵な親バカエピソード 6選
  15. 小室哲哉さんが引退を発表→介護の現実と報道の在り方について議論紛糾
  16. あの時の思い出を、もう一度。 同じ場所、同じシチュエーションで・・・14選
  17. 子どものYouTuberごっこは将来役に立つ?真似することで学べる「2つの要素」
  18. 【注意喚起】あの手この手で仕掛けてくる!用心したい詐欺の手口 8選
  19. 【笑顔注意報】世界を平和にしそうなカワイイやつら 9選
  20. 12歳から毎日6年間、山手線で痴漢に遭い続けた日本人女性がフランスで本を出版し大反響
  21. 100%リピーターになるわ!(笑) 店員さんが繰り出した「粋な計らい」7選
  22. NHK受信料「徴収督促チップ」が今後発売の全テレビに
  23. 【情がたちこめる】 街角イジゲン 第12話
  24. 小嶋陽菜さんがSweetの表紙でクールな写真を披露「タカラジェンヌかと思った!」
  25. イラッとしたけどオチにスカッと!ぶりっ子女子に送ったキレッキレの返し 6選
  26. 購買意欲爆上がり!センスの光る名キャッチコピー8選
  27. 【プルーンの苗木と校長と】明日ははなまる!〜ぬば小 5年3組の試練〜 第5話
  28. マスク着用でまさかのインフル拡大。その理由がいかにも子供らし過ぎた!
  29. 【悲報】 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」新作の猫娘のキャラデザが酷いと話題に
  30. 雪の結晶を激写!美しすぎる六角形の雪の結晶の数々
アクセスランキング