「ぶっちゃけ儲かってる?」元祖セレブタレント・マリエ、現在の姿に共感の声

    全体:4月:4週:0日:0

元祖セレブタレントと言えばマリエさん。自由奔放なコメントやキャラクターが支持され、一時はレギュラー番組9本を抱えるほどブレイク。

お父さんは自動車用オイルの輸入代理店の社長を務め、世界各地に豪邸を所持するセレブぶり。“和製パリス・ヒルトン”とも形容されました。

しかし、マリエさんは人気絶頂の2011年を境にメディアから姿をみせなくなりました。

8月17日放送の『有吉ジャポンゴールデンSP』(TBS系)ではマリエさんの現在に密着。デザイナーとして活躍し、夢に生きる姿が共感を呼びました。

マリエさん

写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

マリエさんの現在は? 激変した私生活

番組スタッフと待ち合わせたのは、セレブらしからぬ住宅街。

薄暗いガレージにマリエさんは姿を現しました。

「テレビによく出ていた時は18歳とか20歳とかだったんで、もう30歳になりましたので、ちょっと落ち着いたかもしれないです」

マリエさんは現在30歳。20代前半と比較すると、メイクや紙色が落ち着いた印象。しかし、その美しさは健在です。

公開された一室は、地下倉庫を改装した半地下にあるスペース。

所狭しと衣装が並び、雑然。オシャレな印象を与えますが、セレブの面影はありません。

昔レギュラー出演していた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)卒業時の記念品を手にし、過去を振り返ります。

なぜ、姿を消したの? デザイナーに転身

スタッフから問われたマリエさんは「デザイナーとして洋服作ったり、絵描いたりとか」と、現在の職業を説明。

このスペースはアトリエ兼自宅。2011年にマリエさんは、世界3大美術大学の1つであるニューヨーク市の「パーソンズ美術大学」に留学しました。

帰国した2012年からは、自身のファッションブランドを立ち上げるため、一切の援助を受けずに奔走。

そして、『pascal marie desmarais(パスカル マリエ デマレ)』と、自身の名前を冠したブランドを2017年6月にスタート!

5年の歳月に想いを込め、準備したそうです。

「pascal marie desmarais」をスタート

初めて販売したTシャツは72枚限定。

13,800円にもかかわらず、わずか5分で完売する反響!

デザインのみならず、商談、仕入対応…電話越しに「お忙しい中、お時間とっていただいてありがとうございます」と、セレブタレント時代は使わなかった敬語を話します。

地方にある良いモノを多くの人に知ってもらうため、地方の工場に赴いて交渉。

それらを自分のブランドに反映し、表現するために協力を呼びかけます。この夏だけで16都市を巡るそう…。

「私のモノを買うことで、何か1つ新しいものに出会ってほしい」

自身のブランドに込めた想いを語ります。

そして、デザイナーだけではなく、ラジオナビゲーターや専門学校の講師を精力的に行う原動力はセレブタレント時代のファンにあると明かします。

「日本のファンの人達に『がんばって』ってずっと励まされたことで、(活動)できたと思っていて……恩返しができたら、すごくいいなと思って…」

最後に『有吉ジャポン』は、マリエさんの懐事情にも触れました。

「ぶっちゃけ儲かってる!?」スタッフの率直な質問に、マリエさんは苦笑。

そして、「ぶっちゃけ……全然儲かってないです!」と暴露。

「スレスレです。どっこいどっこいって言うんですか?」「あの頃なんで貯金しとかなかったんだろうって…笑」と続け、セレブタレント時代と変わらぬ天真爛漫な笑顔をみせました。

夢に向かって生きるマリエさんの姿には、ネット上でも「かっこいい生き方してるなあ…」「高感度上がった」など多くの感想が書き込まれました。

引き用元サイト:FEELY

記事元url: https://feely.jp/70986/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 人間の脳 初めてインターネットに接続
  2. どんな時でもカープ愛は忘れない!わや面白い広島県の実態8選
  3. アマゾンで買ったスリッパの裏にハーケンクロイツが! 消費者が激怒しクレーム → 勘違いでした
  4. 歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退
  5. 永遠の人生の師はおかんである。「母親」が放った個性あふれるアドバイス9選
  6. 【地道な聞き込み】 犬とゴリラ 第18話
  7. “異物混入給食”大磯町 「原因が特定されるまでは給食業者を変更しない」
  8. 「妥協を許さない彼女だからこそ…」 安室奈美恵の引退に、ファン反応
  9. ごめん、見逃して下さい!寝ぼけてやっちゃった不思議な行動8選
  10. 「大人」ってなに!よく聞く「もう大人なんだから」というアドバイスは無視すべき理由
  11. 認知症の祖母にネイルをしてあげた理由 「孫としての私は忘れてしまったけど…」
  12. 発想の勝利に拍手!マネしたくなるユニークなアイディア8選
  13. 「そうだったの?!」が止まらない。日常に潜む、まだ知られていない意外な知識9選
  14. 泥酔運転で人身事故←テキーラなど17杯飲んで車は車検切れ、自賠責保険もなし
  15. 犯人はこの家の中にいる!危うく迷宮入りしそうな「やんちゃペットの犯行」10選
  16. CGもワイヤーアクションもなし?パルクールのプロが江戸を舞台に侍・忍者とバトル!
  17. 【電磁パルス攻撃】 Jアラートが鳴ったら、パソコンのコンセント抜き、部屋の中心部に移動して感電を避ける。蛍光灯の破裂から頭を守る
  18. 「犬に車を運転させる」 驚きの映像が伝えたかったコト
  19. センス爆発!思わず事情聴取せざるを得ないこどもたちの珍行動12選
  20. 【瞬間、手を重ねて】僕の彼女は〇〇さん 第26話
  21. 警察庁「ハイビームにしていれば衝突死亡事故の56%は防げていた」
  22. 【懐かしクイズ】むかし吹奏楽部だった人にしかわからない問題
  23. 惜しい!ちょっとしたミスが大きく意味を変えてしまった光景8選
  24. 3年で人はこんなにも変われる。ある男性が人気コスプレイヤーになるまでの努力
  25. 安室奈美恵、故郷で凱旋ライブ 「騒げ!沖縄!」とシャウト
  26. これ知ってた?意外と知られてない、暮らしに役立つライフハック9選
  27. 東京五輪の恩恵を受ける3人制バスケットボール「3×3」の今とこれから
  28. ゆっくり用足させて!ハプニングの宝庫トイレで起きた珍エピソード8選
  29. 【放送事故】 テレ朝のモーニングショーで、玉川徹と吉永みち子が安倍総理を小馬鹿にする音声が流出
  30. 山下達郎がライブで合唱する人に苦言「あなたの歌を聴きに来てるんじゃない」
アクセスランキング