別れた元・飼い主、2年ぶりに声かけると? ネコの反応に、涙涙

    全体:16月:16週:2日:0

「3年の恩を3日で忘れる」

猫にまつわる諺(ことわざ)です。

「3年の恩を3日で忘れる」

提供写真:マース ジャパン リミテッド

たしかに、飼い主に忠実な犬と違い、猫ちゃんは自由奔放。

一般的に、犬と比べてなつきにくいイメージを持たれています。

東大が「ネコは飼い主の声を聞き分ける」と科学的に証明

ただ、東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻にて講師(当時)を務めていた齋藤慈子さんが発表した研究によると、次の結果が実証されているようです。

「2013年の実験で、“猫は他人と飼い主の声を聞き分ける”ことがわかっています」

研究の結果を説明する齋藤慈子さん

出典:youtube.com

「知らない人の声に慣れて、無反応になった後でも、飼い主さんの声には、明らかに反応していました」

2年前、入院で離れてしまった飼い主 覚えてる?

とはいっても、我が子はどうなんだろう……。

このたび、実在するシニア猫と元・飼い主の絆をテーマにしたノンフィクション・ストーリーが話題になっています。キャットフードブランド「カルカン」が公開しました。

入院で別れた元・飼い主「大野さん」

猫の元・飼い主「大野さん」

提供写真:マース ジャパン リミテッド

猫の元・飼い主「大野さん」

提供写真:マース ジャパン リミテッド

還暦近いシニア猫「くうちゃん」の幼い頃

提供写真:マース ジャパン リミテッド

「忘れてしまっていたら、どうしよう…」

そう語るのは、埼玉県に住む大野さん(63)。

2年前、大野さんは、入院のためやむなく、愛する猫「くうちゃん」を知人に譲りました。

歌番組が好きだったという「くうちゃん」との思い出を口にします。

還暦近いシニア猫「くうちゃん」

還暦近いシニア猫「くうちゃん」

提供写真:マース ジャパン リミテッド

こちらがシニア猫「くうちゃん」。

くうちゃんの年齢は、人間でいう還暦に近い10歳。

還暦近いシニア猫「くうちゃん」

提供写真:マース ジャパン リミテッド

いざ、実験

研究の結果を説明する齋藤慈子さん

出典:youtube.com

「何年も離れていた飼い主さんの声に、反応できるかどうか、やってみないとなんとも言えないかな…?と思います」

研究を発表した先生も、今回の条件に不安をのぞかせます。

飼い主・大野さんが声を録音する

提供写真:マース ジャパン リミテッド

飼い主の声が録音されたスピーカー

出典:youtube.com

絆を証明する方法は「録音した声」

埼玉から仙台へ。スピーカーにおさめられた「大野さんの声」が、くうちゃんの元に届けられます。反応できるのでしょうか。

無反応の猫

提供写真:マース ジャパン リミテッド

他人の声を3回流し、最後に大野さんが呼びかけます。

……手に汗にぎる瞬間。ぜひ、動画でご覧ください。

「元気でやってる? くうちゃん」

遠い記憶を思い出したかのように、ピクリと顔を上げ、目を離しません。

飼い主の声に反応する猫

提供写真:マース ジャパン リミテッド

いったいなにが起こったのか。耳を大きく動かし、声を拾い上げます。

飼い主の声に反応する猫

提供写真:マース ジャパン リミテッド

大野さんは、映像をじっとみつめ、その瞬間を「涙が出てきちゃう」と表現。

やっぱり家族。忘れてなかった…!

喜ぶ飼い主「大野さん」

提供写真:マース ジャパン リミテッド

ラストは、くうちゃんと実際に再会。喜びました。

緊張感が伝わってくる深みあるドキュメンタリー。感動。本当によかった…!!

元・飼い主に抱きつく猫

提供写真:マース ジャパン リミテッド

引き用元サイト:FEELY

記事元url: https://feely.jp/71809/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 笑って送り出そう。ご年配夫婦2人の旅立ちを描いた漫画がちょっぴり切なくも温かい
  2. 型にはまった正解なんて知らない!個性が爆発している子どもの宿題・テストの珍解答9選
  3. ある意味フォトジェニック!オシャレさよりインパクトに力をいれたフード9選
  4. 民家の物干から下着を盗み、写真を撮って物干に戻していた小学校教諭を逮捕
  5. 民進党、豊田真由子に罵倒された元秘書に出馬を打診 元秘書も出馬に前向き
  6. お願い、もう一度チャンスをちょうだい!発言ミスが招いた爆笑エピソード8選
  7. ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Delete」を後悔 あまりにやりにくい
  8. 【愛は地球を救うの巻】動物番長 ラッコン 第3話
  9. 【口がァッ口がァ!!!!/虫多すぎ】田舎が嫌い子ちゃん 第7話
  10. その感性を大事にしてね!「子どもの見てる世界は大人と違う」と感じた瞬間9選
  11. 韓国、北朝鮮に9億円の支援決定
  12. 「用はないけど、なんだこれ!?」スーパーで見つけたつい立ち止まってしまう光景8選
  13. クオリティーはんぱない(笑)誕生日に食べたい、一生忘れられないケーキ10選
  14. 頭の体操してみます?開智高校謎解き制作集団『K-Index』の問題にチャレンジ!
  15. これは寄ってみたい。商品より見た目のインパクトを重視したコンビニたち 11選
  16. 人間の脳 初めてインターネットに接続
  17. どんな時でもカープ愛は忘れない!わや面白い広島県の実態8選
  18. アマゾンで買ったスリッパの裏にハーケンクロイツが! 消費者が激怒しクレーム → 勘違いでした
  19. 歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退
  20. 永遠の人生の師はおかんである。「母親」が放った個性あふれるアドバイス9選
  21. 【地道な聞き込み】 犬とゴリラ 第18話
  22. “異物混入給食”大磯町 「原因が特定されるまでは給食業者を変更しない」
  23. 「妥協を許さない彼女だからこそ…」 安室奈美恵の引退に、ファン反応
  24. ごめん、見逃して下さい!寝ぼけてやっちゃった不思議な行動8選
  25. 香里奈、新CMで活き活き 表情豊か!
  26. 「大人」ってなに!よく聞く「もう大人なんだから」というアドバイスは無視すべき理由
  27. 認知症の祖母にネイルをしてあげた理由 「孫としての私は忘れてしまったけど…」
  28. 発想の勝利に拍手!マネしたくなるユニークなアイディア8選
  29. 「そうだったの?!」が止まらない。日常に潜む、まだ知られていない意外な知識9選
  30. 泥酔運転で人身事故←テキーラなど17杯飲んで車は車検切れ、自賠責保険もなし
アクセスランキング