乾燥性敏感肌の原因は?その驚きの対策法とは

    全体:3月:0週:0日:0

敏感肌に悩んでいる女性が増えて来ております。敏感肌になってしまうと化粧が上手にのらず厚塗りになりやすくなってしまったり、赤く腫れてしまったり湿疹がでてしまったりと非常に大変な状況が続いてしまいます。

敏感肌に悩んでいる女性の方だけでなく、これから敏感肌にならないように日頃からケアしたいという方も多いので注目度も高くなっており、女性に人気のファッション誌などでは毎年のように特集記事が組まれております。色々な雑誌で色々な情報が錯綜しているような状態ですので、どうしてもよくわからないという方も多いと思います。そこでこちらのページでは、乾燥性敏感肌の原因や驚きの対策法などの情報をご紹介していきます。

乾燥性敏感肌とは


敏感肌には色々な種類がありますが、その中でも注意したいのが乾燥性敏感肌です。色々な雑誌などでも乾燥性敏感肌の対策方法について紹介されておりますので、名前は聞いたことがあるとは思いますが、実際にどのようなものなのかを良く理解していないという方も多いので、まずは、乾燥性敏感肌とはどのような物なのかを簡単にですがご紹介していきたいと思います。

乾燥して肌の保護機能が低くなっている状態

乾燥性敏感肌とは、どのような状態になっている肌なのかというと、乾燥して肌の保護機能が低くなっている状態の事です。人間の肌には、元々バリア機能が備わっておりますので、気温の変化であったり、雑菌やハウスダスト、ダニ、そして乾燥などから肌を守ってくれているのですが、乾燥性敏感肌になってしまうと、それらのバリア機能が失われてしまいますので、もろに外的要因のダメージを受けてしまう事になります。

これまでは全然大丈夫だったのに、急に肌荒れをおこしたり、肌にかゆみが生じたりするような場合には、このバリア機能が弱まっている状態、つまり乾燥性敏感肌の症状があらわれている可能性があるという事になるのです。

乾燥性敏感肌の主な症状

どのようなものが乾燥性敏感肌の主な症状なのかというと、普段から使用している化粧水を付けた時にピリッとした刺激があったり、粉をふいてしまったり、皮がめくれている部分があったり、洗顔をした後やお風呂上りにやけに突っ張るような肌をしているという場合は乾燥性敏感肌の可能性があります。

また、メイクやファンデーションを付けた時に痛かったりかゆかったりする場合や、寒い時期の風や強い紫外線などにあたると赤みを帯びたり、汗をかくと肌が急にかゆくなったりするのも乾燥性敏感肌の主な症状になっております。

他にも洋服の素材によってかゆみが強くでてしまうようなケースも乾燥性敏感肌の主な症状として注意しておかなければいけません。

乾燥性敏感肌の原因


乾燥性敏感肌の対策を行い、肌を正常な状態にしようと思ったり、乾燥性敏感肌にならないように対策をしようと思ったら、まずは乾燥性敏感肌の原因について深くしらなければいけません。

乾燥性敏感肌の原因として考えられるものは複数ありますので、自分がどのような事が原因となっているのか、また、原因になりやすいのかを客観的に判断し、乾燥性敏感肌を効果的に対策する必要があります。こちらでは、色々な乾燥性敏感肌の原因の中から、特に多いものをピックアップしてご紹介しますのでご確認ください。

化粧をする女性ならではな原因がある

男性より女性の方の方が乾燥性敏感肌になりやすいのは、当然その方の肌の強さの違いなどにもよりますが、その原因のひとつに化粧をするかどうかというものがあります。

当然、女性の方ですから化粧はたしなみといえると思いますが、化粧を上手にしなければ肌への負担になってしまいます。何も考えずに海外製の化粧品を使っていたり、用法容量を守らずにつかっていたり、肌に塗布する時に力を入れ過ぎていたり、化粧を落とさないでそのまま眠る生活を続けているような場合には、それらがすべて肌へのダメージとして蓄積されてしまい、乾燥性敏感肌の原因となってしまうのです。

間違った洗顔

間違った洗顔をしているという方も乾燥性敏感肌になりやすいと言われております。特に肌の調子が悪いという方は、どうしてもしっかりと洗いすぎてしまいますので、どうしても肌が荒れやすくなってしまうのです。

肌の調子が悪いからといって、力を入れてゴシゴシと荒ってしまうと、肌の表面に目には見えない無数の傷がついてしまったり、肌の水分量を守るために必要な分の皮脂までそぎ落としてしまう事があります。そうなってしまうと、外的な刺激から肌を守る事ができなくなってしまいますので、敏感肌の症状は進行する一方になります。

また、洗顔に時間をかけすぎている方も肌への影響が強くなっておりますので症状が悪化しやすくなっております。力を入れずに優しく洗顔しているつもりでも、時間がたちすぎると、やはり肌の脂質が大幅に削られてしまいますし、肌に傷も付きやすくなります。

他にも洗顔料を顔につける前にしっかりと泡立てていないような場合には、刺激が強すぎてしまいますので症状が悪化しやすくなっておりますし、洗顔の効果も薄くなってしまいます。どの洗顔料を使うのかという問題以前に、洗顔の方法が間違っているという事もありますので十分に注意が必要になるのです。

肌に合っていない基礎化粧品

肌には色々なパターンがありますので、自分の肌にしっかりとあっている基礎化粧品を使わなければ効果がみられないどころか、逆に肌を痛めてしまう事にも繋がってしまいます。

基礎化粧品には、敏感肌の方に開発された方から、皮脂が多い方のために開発された物まで色々な物があります。単に基礎化粧品の金額が高いからといって、自分の肌に良いという事はありませんので、まずは、自分の肌にしっかりとあっている基礎化粧品を購入するという事が必要になります。

最近ではお試しパックなどが色々なメーカーから発売されておりますので、最初はそういった物を利用するのもおすすめです。くれぐれも大好きなモデルさんとお揃いだからといった安直な理由で購入する事は市内でください。

乾燥性敏感肌の対策


乾燥性敏感肌の方は、毎日しっかりと精舎洋画悪化しないように対策をする必要があります。特に乾燥しやすい冬の時期や、紫外線の強く日焼しやすい夏の時期などはしっかりと対策をとらないと症状が悪化してしまう可能性がありますので十分に注意してください。

色々な対策法がありますが、こちらでは比較的チャレンジしやすい対策法をご紹介します。

週に1回はノーメイク、ナチュラルメイクを

お酒を飲む方というのは休肝日といって、お酒を飲まない日を意識的に作って肝臓への負担を減らすという対策がありますが、乾燥性敏感肌の方も同様に、最低でも週に一度はノーメイクで過ごせるような日を作るのがおすすめです。メイクをしない日を作るだけで肌の負担が軽減されますので、徐々に肌が正常な状態に回復していきます。

全くのノーメイクが辛い場合には、ナチュラルメイクでも十分に効果があります。付けまつ毛であったりカラーコンタクト、マスクなどを利用すれば、ナチュラルメイクでも十分に対応する事ができますので、色々と研究してみてください。

ごしごし洗わない

洗顔はメイクをした後には絶対に行わなければいけないもので、化粧が残ってしまっていると、その部分にかゆみが生じたり、くすんでしまいますので必須となっております。

しかし、毎日の洗顔は、肌にダメージを蓄積する結果にも繋がっております。その為、化粧水や乳液でダメージを緩和しているのですが、ごしごしと力を入れて洗っていると、基礎化粧品だけでは対応できなくなってしまうのです。

その為、力を入れて洗わないと落ちないような化粧の仕方をしていると、乾燥性敏感肌の原因にもなりますので、化粧の仕方、化粧品の選び方に注意する必要があるのです。

低刺激でUV対策や保湿成分の高い基礎化粧品

基礎化粧品には色々な種類があります。女性でしたら誰もが憧れるような外国製のブランド化粧品から、プチプラで高校生に大人気の化粧品までかなり幅があります。

あまり知らない方は、値段が高ければ高い程に良い基礎化粧品であると思っているかも知れませんが、自分の肌の状態にどれだけあっているのかというのかがポイントになります。

色々な基礎化粧品がありますが、最低でも低刺激でUV対策や保湿成分の高い基礎化粧品を選ぶ事は重要になります。乾燥性敏感肌の方は、どうしても痛みが出やすいので低刺激な基礎化粧品を選ぶべきですし、紫外線からもダメージを受けやすいので、UV対策が施されている保湿効果の高い成分がたっぷりと含まれている基礎化粧品を選ぶ必要があるのです。

まとめ


乾燥性敏感肌の方は、症状が重くなると毎日のお化粧すらできなくなってしまいます。学生の方でしたらそれでも問題無いかも知れませんが、社会人の方の場合にはそうはいきません。

そこまで症状が重くなるまえに、乾燥性敏感肌になっている要因をピックアップし、対策を講じる必要があります。また、症状に合わせて基礎化粧品をしっかりと選ぶというのも重要になりますのでしっかりと覚えておいてください。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/79262/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【帯を後ろから引っ張られた!】…まさかの「優しい世界」にほっこり
  2. 「まだらの毒ぐも」【クレイジーで無料読破!】
  3. 化粧から服まで... 女の子の苦労を知るために女装に挑戦してみた
  4. 見ると心がニャごみます。人間味あふれるネコのボケて 11選
  5. 【ガチャの闇】 乃木坂46と一緒にゲーム出来る券ゲットする為に600万円ぶち込む → 爆死
  6. 完成度高すぎ!プレデターがエイリアンのバイクに乗って爆走する姿がタイで目撃される
  7. 店員さんも思わず二度見!葉加瀬太郎が3万円の初心者用バイオリンで「情熱大陸」を試し弾き
  8. 窓をバールで割って知人男性宅に侵入した女子高校生を逮捕 「彼氏を絶対に許さない」
  9. 「120日絶食」「オスがミルクっぽいもん出す」育休を取るペンギンが理想の夫すぎた…
  10. 女性「ガストで子供が暴れてたのを放置してたら店員に注意されたからブチギレて店長呼んでやった」
  11. 【二枚目をご覧ください。私じゃなくて資料です。】人生で一度は言いたいセリフ 6選
  12. 見て見ぬふりができなかった「寺の御言葉」 7選
  13. HAHAHA!国境を超えてやってきた「海外の笑い話」 6選
  14. キラキラを閉じ込めよう♡セルフでも簡単!《スパンコールネイル》できらめく指先
  15. お気に入りの色を長く楽しむために!染めた髪の色を長持ちさせるコツ
  16. 【コスパ◎】ドラッグストア・ネットで手に入る《お手ごろ乳液・保湿クリーム》6選♡
  17. また同じようなものを買っちゃった?《コスメの色かぶり》を防ぐポイント
  18. さらっとした美肌を長時間キープ!話題の《塗る脂取り紙》とは?
  19. 知ってる人は使ってる!研磨剤なしの歯磨き粉のおすすめ5選
  20. お手ごろ価格なのに超優秀!ドラッグストアで手に入る《おすすめ化粧水》7選♡
  21. 女性の何気ない仕草にドキッ!食事中に男性がときめくポイント5つ
  22. 突然訪れる衝動!女性がヘアスタイルを変えたいと思う瞬間5パターン
  23. もうひと手間が美人への近道!メイク後のワンポイントテクニック
  24. 大人女子ならいつものケアにプラスしよう!おすすめ《フェイスマスク》6選♡
  25. この職業の男性はお断り!女性に不評な職業の共通点は「女の気配」!
  26. 今年の夏は《フォンダンウォーター》が来るッ!おしゃれで美味しいお水の正体とは?
  27. 大人可愛い《ステンドグラスネイル》で芸術性あふれる魅力的な指先に
  28. 男が思わず振り返る!去り際に程よく香る「いい香りを放つシャンプー」
  29. 夫婦生活の中で会話がなくなっていく…これって普通?~Aさんの場合~
  30. ふんわり感が可愛い!《バルーンシルエット》で楽しむコーデ術
アクセスランキング