肌断食で乾燥が悪化する!?理由とガサガサ期間を乗り切る方法

    全体:10月:10週:0日:0

女性のあいだで人気となっている肌断食をご存じでしょうか。インターネット上でも肌断食に関する話題は絶えませんし、多くの女性が肌断食にチャレンジしています。肌断食を行うことでさまざまなメリットが得られると言われていますが、ここでは肌断食に関する基礎的な知識のほか、肌断食で乾燥が悪化する理由、断食中のカサカサ期間を乗り切る方法などについてお話したいと思います。

そもそも肌断食ってなに?


いきなり出てきた肌断食ですが、そもそもどんなものなの?と思った方もおられるでしょう。一般的な断食とは食事を絶つことで、古くは精神修養のために行われてきました。現在でも著名な寺社で断食の修業が行われていることもありますし、健康と美容のための断食道場なども最近では全国各地に誕生しています。断食が食事を断つという意味であることは誰でも理解できるでしょうが、肌の断食となると意味が分かりませんよね。肌断食とはスキンケアやメイクをやめて肌を休ませてあげる方法のことを指します。では、この肌断食によっていったいどのような効果が得られるのでしょうか。

乾燥やニキビに効果!?肌断食の効果

肌断食によって肌の乾燥やニキビに効果的だと言われています。肌断食では化粧やスキンケアを一切しませんが、これによって肌を休めることができます。日常的に何のためらいもなく使っているスキンケア用品やコスメにはさまざまな化学物質が使われていますし、それが肌に負担をかけています。化粧をしたまま寝ると肌に悪い、肌が荒れるという話をよく聞くと思いますが、それこそコスメに化学物質が使われていることを示しています。

肌断食を行うことによって肌が本来持つバリア機能を復活させることができますし、外部からのダメージへの耐性もできます。ニキビは乾燥によって毛穴が開きそこに皮脂などが溜まることでできることが多いですし、肌断食によって肌が本来の機能を取り戻ししっかりと潤いのある肌になれれば自然と乾燥肌やニキビも改善できるということになります。

肌断食のやり方

気になる肌断食のやり方ですが、初心者には難しいのではと思っている方もおられるでしょう。肌断食のやり方はまったく難しくありませんし、今日からでも始めることが可能です。特に必要なものなどもありませんし、必要なのはやる気だけです。では、実際のところどのようにして肌断食をすればいいのかということですが、肌断食は化粧やスキンケアをしないというだけです。女性だと毎日メイクをしているでしょうし、メイクを落としたあとやお風呂上りには丁寧にスキンケアもしていると思います。これらを一切やめればいいだけです。

メイクはもちろんスキンケアまでやめるというのは女性にとって勇気がいることです。女性にとってメイクをしている顔が素顔であるとも言いますし、メイクはもちろんスキンケアもやめるというのは怖いことですよね。だからこそやる気と決意が必要になるのです。肌断食で本当に効果を得ようと考えているのならメイクはもちろんスキンケアについても一時的にやめる必要がありますから、その決断ができるかどうかに成否がかかっています。

肌断食でお肌が乾燥する理由


肌断食を始めたものの余計に肌が乾燥するようになった、という声もよく耳にします。実際に肌断食にトライした方の多くが肌の乾燥を経験していますし、そのため肌断食では肌の乾燥を防ぐことはできないのではないか、もっと状態が悪くなるのではないかと感じる方がいるのも事実です。しかし、肌断食で肌が乾燥してしまうにはそれなりの理由があるのです。

乾燥が治らない!?それは好転反応かも

肌断食を始めると一時的にスキンケアをやめることになります。人間の肌はもともと天然の成分で肌を潤わせるようにできているのですが、長きに渡ってスキンケアを続けてきた肌はそれができなくなっています。そのため、スキンケアをやめてしまうと一時的に肌がカサカサになってしまうのです。今まで肌本来の力ではなくスキンケアアイテムに頼り切った保湿をしてきたため、いざスキンケアをやめてしまうと肌が自ら潤わせることができなくなっているのです。肌断食を始めたあとの乾燥というのは肌が良くなる方向に向かっている兆候、いわゆる好転反応ですからあまり気にする必要はありません。

肌断食成功に乾燥はつきもの

肌断食の成功に乾燥はつきものといっても過言ではありません。実際、肌断食に成功した方の多くが肌の乾燥を経験していますし、それを乗り越えたあとに肌の状態が改善したと口にしています。つまり、肌の機能が元に戻るための通過儀式のようなものと考えれば良いでしょう。

肌断食、お肌の乾燥対策


肌断食をしているときの肌の乾燥は好転反応ですから気にする必要はありませんが、そうはいってもカサカサの肌は気になってしまいますよね。そこで、ここでは肌断食をしている最中の乾燥肌対策についていくつかお話したいと思います。

ガサガサやかゆみが気になるときはワセリンでケア

カサカサの肌や痒みが気になる場合にいつも通りのスキンケアをしてしまうと元の木阿弥となってしまいます。そのため、この場合はワセリンを使いましょう。ワセリンは肌断食中の心強い味方ですから、できるだけワセリンを使うことをおススメします。肌に潤いを与えるだけでなく保湿もきちんとしてくれますからおススメですよ。

食べ物や生活習慣の見直しも

肌の乾燥を本気で何とかしようと考えているのなら生活習慣についても見直してみましょう。食生活の偏りや睡眠不足、運動不足などが重なって乾燥肌を悪化させていることも十分考えられます。本気で乾燥肌を改善したいと考えているのなら生活習慣も見直しつつ肌断食にトライする必要があります。そのほうが相乗効果も得られるでしょう。

強いかゆみや炎症は我慢せずにケアしよう

肌断食中に痒みを感じてしまうこともありますが、耐えられる程度の痒みならまだしも強い痒みを感じてしまうこともあると思います。こうした場合には我慢せずにケアしましょう。強い痒みを我慢したまま眠ってしまうと睡眠中に無意識に肌をかきむしってしまう恐れもあります。また、炎症をそのまま放置してしまうと痕になってしまう恐れもありますから注意しなくてはなりません。

スタート時期は乾燥しやすい冬を避ける

肌断食を始めるのなら乾燥しやすい冬は避けたほうが無難です。冬はどうしても肌が乾燥しやすい時期ですし、肌断食を始めるのにはあまり適していません。できるだけ春や夏などの時期を狙って始めたほうが無難でしょう。わざわざ冬に始めるメリットは見当たりません。

肌断食の効果がでるのはいつ?


肌断食の効果がどれくらいで出始めるのかというのはもっとも気になるところだと思います。ここでは肌断食の効果がいつ現れるのかについてお話したいと思います。

効果がでるまでの期間は人によりさまざま

効果が出るまでの時間は人によってまちまちです。肌質や肌の状態、乾燥具合などは人によって異なりますし、みんながみんな同じタイミングで効果が現れることはまずありません。人によって個人差がありますから、比較的短期で効果が出る人もいればなかなか効果が出ない人もいます。

いつまでも治らないならあきらめる選択も…

いつまでも乾燥肌が治らないという場合は肌断食という方法を諦める選択肢もあります。いつまでも効果が出ないとなるとモチベーションも保てませんし、ほかの方法を模索してみるのも一つの手でしょう。人によって効果の出方や出始めるタイミングには違いがありますが、諦めるという選択も視野に入れておくことです。

まとめ


肌断食を始めたときに起こる肌の乾燥についてお話しました。正しい方法で続けていれば効果が期待できると言われている肌断食ですが、効果の表れ方は人によってまちまちのようです。ただ、効果を感じられたという方が多いのも事実ですから試してみる価値は十分あるでしょう。断食期間中のカサカサもここでお話した方法で対策してください。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/79302/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【コロコロコミック問題】 横綱・白鵬も参戦 「残念ですね。子供が見るものでしょう!」
  2. 【驚異のシンクロ率】パパのDNAを完全に受け継いじゃった子ども達 14連発
  3. 【女性専用車両】 「男性差別とか寝言いってんじゃーぞ」 反対派とカウンターが渋谷駅前で衝突、「帰れ」コール響き騒然
  4. そんなミス聞いたことないよ!愛すべき我が家のオモシロお姉ちゃん 6選
  5. 良かれと思ったことが裏目に!せめて笑ってほしいロンリーヒーローの哀しき逸話 8選
  6. -67℃“世界で最も寒い村”に自転車で向かい夏用テントに滞在していた日本人学生らがSOS、地元住民が保護
  7. ひとり反省会スタート!心の中でごめんなさいを叫んだまさかの展開 7選
  8. 立ち止まらざるをえなかった!呼び込みの店員が放つナゾトーク 6選
  9. 子育ては毎日が思い出。ママがふと子どもの成長を感じたときに溢れた想いとは
  10. 美人は一日にして成らず!イイ女度を高める7つの指南的つぶやき
  11. まさにカオス……。44体のファービーが合唱する衝撃のオルガンが話題!
  12. どこから連れてきた!(笑) 巨大なクマさんがサイドカーに乗って街中に登場
  13. 「リング」貞子がARでテレビから飛び出し、あなたを追う恐怖映像!
  14. 神秘的な美しさ!大雨の後に登場した水中トレッキングコースがスゴい
  15. キュートすぎる!巨大サメとダイバーがじゃれる様子に思わず顔がほころぶ!
  16. 【画像】 松本零士の描いた最新のメーテルが酷すぎると話題に
  17. 熊本県警のセンスに金メダル! 全国で発見された見過ごせない「おもしろ電光掲示板」 8選
  18. 北朝鮮美女応援団の1人、米国選手に拍手 周囲「っ!?」「バカな…!」「あ…あ…」
  19. シュール折り紙フェスティバル!アイディアあふれる10作品に爆笑間違いなし!!
  20. 魅せ方うますぎ!みんなの「クリエイティブクッキング」が力作揃いで凄すぎる 10選
  21. 最近人気の癒し系男子。芸能人だったら”あの人”!
  22. 【女性専用車両】 駅員「男性乗れる」女性「えー!?降りて欲しい人~」「はーい!」「降りろ!降りろ!」→遅延 京浜東北線(動画あり)
  23. ドS男子の特徴とは?ドS男子に好かれる女性の”ある”共通点
  24. 魅力的な女性の特徴とは?あの人に振り向かれるために必要な考え方
  25. 純粋な女性はどうしてモテる?この世の男性が思い描く理想像とは
  26. 妊婦に起きやすい湿疹トラブル!早く治さないと大変なことに
  27. 日焼けが原因の湿疹はどう治療すればいい?
  28. 絶食系男子って本当にいるの?その驚くべき実態とは
  29. サブカル男子の特徴や好きな女性のタイプ、究極の攻略法とは?
  30. お肌に「はたけ」ができるのは〇〇の可能性も!効果的な治療法も
アクセスランキング