片付けられない女の実態・原因・脱却法とは?

    全体:9月:9週:4日:0

女性の中にはなかなか片付けることができないという方がいます。どうしてそのようなことになってしまうのでしょうか。どうすれば解決できるのでしょうか。片付けができない女性の実態について注目してみましょう。

片付けられない女の特徴


片付けられない女性がいます。そのような女性には共通する特徴があります。まずは、その特徴についてみていきましょう。

貯めて一気にかたずけるの繰り返し

片付けられない女性というのは何もずっと片付けないのではありません。こまめに片付けないのが特徴となっています。ずっと片付けをしていないとどんどん物が溜まっていってしまうでしょう。そして、あるところでさすがに限界だと気がつくのです。そこで一気に片付けるのです。そして、また物が溜まってしまうまで放置してしまいます。

定期的に片付けをするという習慣がないのです。一気に片付ければ良いという発想になってしまうのです。そのため、いつまで経っても片付けをすることができなくて困ってしまいます。このような女性はたくさんいるのです。物がたくさん溜まってしまうと簡単に片付けられなくなってしまい、限界まで溜めこんでしまうのです。

いるものといらないものの判断ができない

片付けができない女性というのは判断ができない方が多いです。部屋の中にたくさんの物があるときに、一体どれが必要なものであり、どれが必要のないものなのか自分で判断することができません。そのため、片付けようと思っても何から手をつければ良いのかが分からなくなってしまうのです。

どれも必要なもののように思えてしまうという方がいます。このままではいつまで経っても片付け始めることすらできなくなってしまうでしょう。そして、結果的に物ばかりが増えてしまうのです。思い切って必要のないものを捨ててしまうという判断ができないのです。

両親がそもそも片付けられない人達だった

そもそも片付けられない女性というのは両親が同じように片付けられなかった可能性があります。子供というのは両親のことをみて育ちます。両親の性格や生活習慣を受け継いでしまうことが多いのです。良い習慣を受け継ぐならば良いのですが、中には悪い習慣を受け継いでしまうこともあるのです。

両親が片付けをできない人だったならば、その子供も同じようになる可能性が高いのです。そもそもどうやって片付けをすれば良いのかが分からないのです。片付け方というのは誰かから教えてもらったり、実際にそれを目にしなければ身につけられることではないのです。そのような機会を与えられなかった女性が片付けられなくなります。

片付けられない女はどうして片付けられないのか


それではどうして片付けられない女性は、そのような事態に陥ってしまうのでしょうか。片付けられなくなってしまう要因について説明しましょう。

物に執着している

片付けられない女性は物に執着している可能性が高いです。捨てるべきものをなかなか捨てることができないのです。捨てたらもったいないと考えてしまいます。そのため、本来であれば必要のない物であっても、捨てるという決心をつけることができなくて悩んでいるのです。物に執着しているというのは片付けられない女性の共通点といえるでしょう。

計画性がなくあれもこれもと買いだめ

計画性のないのも特徴となっています。自分の欲しいものがあれば、あれもこれもとすぐに手を出してしまうのです。そうするとどんどん家の中に物が溜まっていくことになるでしょう。そうなるとますます片付けができなくなってしまうのです。家の中に物ばかりが溢れかえってしまうことになります。

判断ができない

片付けられない女性は上手く判断することができません。いるものといらないものを分けることがまずできないのです。また、どこから片付けるべきなのかも判断することができません。どうしてこのようなことになるかというと、元々の性格が影響していたり、病気のためにそうなっているケースもあります。あるいは育ち方が影響していることもあります。

片付けられない女性は実は病気の可能性も


女性が片付けをできない原因の一つとして病気があります。病気になっているために、物を片付けようと思っても片付けることができないのです。それではどんな病気の可能性があるのか説明しましょう。

うつ病

まず、うつ病になっている可能性があります。うつ病にはさまざまな症状があるのですが、片付けができなくなるという症状になってしまうことがあるのです。これまで普通に片付けができていたのに、突然片付けられなくなった場合にはうつ病を疑ってみると良いでしょう。精神的にとても追い込まれており、片付けどころではなくなっている可能性があるのです。

まさか自分がうつ病なわけはないと考えてしまう方が多いのですが、片付けられなくなったということがサインとなっている可能性もあります。このような病気を疑ってみるべきでしょう。

ADHD

ADHDの方は片付けをするのが苦手だというケースがあります。こちらは日本語に訳すと注意欠如多動性障害であり、発達障害の一種です。基本的には子供の頃からずっと障害を抱えているものであり、大人になって初めて気がつくというケースもあります。不安な方は一度病院で検査を受けてみると良いでしょう。

発達障害の場合は普通の人ができることが困難になってしまうケースがあるのです。軽度の場合もあります。これまでは性格的な問題で片付けられていたことが実は発達障害だったということもあるのです。

強迫性神経症

強迫性神経症になっている可能性もあります。こちらは、たとえば家の鍵をかけたのか気になってしまい何度も確認してしまったりするような病気のことです。さまざまな症状があるのですが、その中にはとにかく物を貯めなければ気が済まないという症状もあるのです。不用品を捨てられない場合にはこちらが当てはまることがあります。

片付けられない女からの脱出法


それでは片付けられない女性から脱出するためにはどうすれば良いのでしょうか。簡単なことではないのですが脱出法はあります。それについて詳しく紹介しましょう。

自分の好きな部屋、理想の部屋を妄想する

まず、自分にとっての好きな部屋や理想の部屋を妄想してみましょう。そこはとても部屋が片付いていて、キレイな状態になっているのが良いでしょう。そのような部屋を妄想してみて、あこがれを抱けるようになったならば、自分で部屋の中を片付けてみようという気持ちが生まれるはずです。

小さな部分からかたずける

部屋の片付けができるようになるためには、小さな部分からまずは手をつけてみましょう。その部分だけでも片付けることができたならば、達成感が生まれます。達成感があれば、部屋の片付けのやる気が生まれるようになるでしょう。そして、徐々に片付ける範囲を広くしていくのです。そして、これを繰り返していくことによって、習慣化していくでしょう。

「捨てる」ではなく「いるものを残す」

片付けようとする場合、何を捨てるのかを考えてしまうことが多いです。しかし、このような考え方ではいつまで経っても終わらないでしょう。発想を転換させて、いるものを残すと考えてみましょう。これから3ヶ月以内に使う予定のあるものだけを残していくのです。必要なものを残すようにしておくと、それ以外のものはすべて捨てることができるでしょう。

これからすぐに使う予定のあるもの以外は家の中に置いておくべきではないのです。いつか使うかもしれないと考えて、実際にそれを使うことになるケースはほとんどありません。

まとめ


なかなか部屋を片付けられない方はたくさんいるでしょう。そのような女性が現状から脱却するための方法について紹介してきました。ぜひとも実践してください。部屋をしっかりと片付けられる女性になることができれば、さまざまなメリットがあります。今すぐにでも部屋の片付けを始めてみましょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/80263/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 【コロコロコミック問題】 横綱・白鵬も参戦 「残念ですね。子供が見るものでしょう!」
  2. 【驚異のシンクロ率】パパのDNAを完全に受け継いじゃった子ども達 14連発
  3. 【女性専用車両】 「男性差別とか寝言いってんじゃーぞ」 反対派とカウンターが渋谷駅前で衝突、「帰れ」コール響き騒然
  4. そんなミス聞いたことないよ!愛すべき我が家のオモシロお姉ちゃん 6選
  5. 良かれと思ったことが裏目に!せめて笑ってほしいロンリーヒーローの哀しき逸話 8選
  6. -67℃“世界で最も寒い村”に自転車で向かい夏用テントに滞在していた日本人学生らがSOS、地元住民が保護
  7. ひとり反省会スタート!心の中でごめんなさいを叫んだまさかの展開 7選
  8. 立ち止まらざるをえなかった!呼び込みの店員が放つナゾトーク 6選
  9. 子育ては毎日が思い出。ママがふと子どもの成長を感じたときに溢れた想いとは
  10. 美人は一日にして成らず!イイ女度を高める7つの指南的つぶやき
  11. まさにカオス……。44体のファービーが合唱する衝撃のオルガンが話題!
  12. どこから連れてきた!(笑) 巨大なクマさんがサイドカーに乗って街中に登場
  13. 「リング」貞子がARでテレビから飛び出し、あなたを追う恐怖映像!
  14. 神秘的な美しさ!大雨の後に登場した水中トレッキングコースがスゴい
  15. キュートすぎる!巨大サメとダイバーがじゃれる様子に思わず顔がほころぶ!
  16. 【画像】 松本零士の描いた最新のメーテルが酷すぎると話題に
  17. 熊本県警のセンスに金メダル! 全国で発見された見過ごせない「おもしろ電光掲示板」 8選
  18. 北朝鮮美女応援団の1人、米国選手に拍手 周囲「っ!?」「バカな…!」「あ…あ…」
  19. シュール折り紙フェスティバル!アイディアあふれる10作品に爆笑間違いなし!!
  20. 魅せ方うますぎ!みんなの「クリエイティブクッキング」が力作揃いで凄すぎる 10選
  21. 最近人気の癒し系男子。芸能人だったら”あの人”!
  22. 【女性専用車両】 駅員「男性乗れる」女性「えー!?降りて欲しい人~」「はーい!」「降りろ!降りろ!」→遅延 京浜東北線(動画あり)
  23. ドS男子の特徴とは?ドS男子に好かれる女性の”ある”共通点
  24. 魅力的な女性の特徴とは?あの人に振り向かれるために必要な考え方
  25. 純粋な女性はどうしてモテる?この世の男性が思い描く理想像とは
  26. 妊婦に起きやすい湿疹トラブル!早く治さないと大変なことに
  27. 日焼けが原因の湿疹はどう治療すればいい?
  28. 絶食系男子って本当にいるの?その驚くべき実態とは
  29. サブカル男子の特徴や好きな女性のタイプ、究極の攻略法とは?
  30. お肌に「はたけ」ができるのは〇〇の可能性も!効果的な治療法も
アクセスランキング