肌断食の効果に驚き!ニキビ、乾燥、角栓対策にできるやり方とは

    全体:4月:0週:0日:0

肌断食という言葉を耳に挟んだことがある方は意外に多いのではないでしょうか。現在では多くの女性がこの肌断食に取り組んでいますし、肌がきれいになった、ニキビが治ったという声も聴かれます。ここでは、肌断食に興味があるけど効果は本当にあるの?どれくらい続ければいいの?という疑問を持っている方のためにいろいろな情報を発信したいと思います。今後肌断食をやってみたいと考えている方はぜひ目を通してください。

肌断食の効果とは


そもそも肌断食とはいったいどのようなもので、どんな効果が得られるのでしょうか。ここがはっきりしない限りトライすることはできませんよね。肌断食とは肌に負担を与えているコスメやスキンケアを一時的にやめることで肌を休ませ、本来の機能を取り戻すために行うものです。

コスメがお肌の負担になっている!?

どうして肌断食が必要なのか、という疑問を抱いた方もおられるでしょうが、女性だと毎日コスメやスキンケアアイテムを使用していると思います。特に化粧品にはさまざまな化学物質が使用されていますし、それが肌にストレスを与えていることが少なくありません。多くのメイク用品には界面活性剤が使用されていますし、この成分が肌のバリア機能を破壊してしまうのです。メイク用品以外にも日焼け止めやクレンジングなどにも界面活性剤は使われていますし、肌のバリア機能が破壊されてしまうことで外からの刺激にも弱くなってしまいます。

外からのダメージに弱くなってしまうということは荒れやすい肌になってしまうということです。肌はもともと外部からのダメージに耐えるためにバリア機能を保有していますが、それが破壊されてしまうことで紫外線など外部からのダメージに弱くなってしまいます。その結果肌荒れなどさまざまな肌トラブルが起きてしまうということですね。

肌断食とは肌をよみがえらせるケア

肌断食を簡単に説明すると肌の機能を蘇らせるためのケアと言えます。先ほどお話したように肌のバリア機能が壊されてしまうと外部からダメージを受けやすくなってしまいますし、肌荒れの原因となってしまいます。肌断食ではコスメを使用しませんから、次第に肌の機能が復活してきます。

ニキビ、乾燥肌、いろいろな肌悩みに効果を期待

肌断食にはさまざまな効果があると言われており、実際に効果を得られたという方も少なくありません。だからこそ多くの女性から注目を集めているのでしょうが、具体的にどのような肌の悩みに効果的なのか知りたいという方もおられるでしょう。肌断食は乾燥肌やニキビなど、実にさまざまな肌の悩みに対応可能なのです。乾燥肌だと常に肌がカサカサしていますし、みずみずしい肌を取り戻したいと切実に願っている方もおられるでしょう。また、何をしてもニキビが治らない、治ってもすぐにニキビができてしまうという方もいるはずです。そのような悩みも肌断食で解消できる可能性が高いのです。

手間をかけなくても美しい肌作りを目指す

美しい肌を手に入れるためにはそれなりの手間と時間をかけなくてはなりません。ずっとそのようにしてきた女性は大勢おられるでしょうし、美しい肌のために手間と時間、費用を惜しまずにつぎ込んできたという方もおられるでしょう。肌断食は手間をかけなくても美しい肌を作ることが可能となりますし、手間暇かけずに美しい肌作りが目指せます。これが大きなメリットであり支持されている理由と言えるでしょう。

肌断食のやり方


ここからはより気になる部分に切り込んでいきましょう。肌断食の効果などについては何となく分かったと思いますが、気になるのはどのようにしてやればいいのかということですよね。肌断食のやり方についてはインターネットなどでもすぐに調べることができますが、ここでも改めてご紹介したいと思います。

化粧水やメイクをやめるだけ

肌断食のやり方はとても簡単で、化粧水やメイクをやめるだけです。過剰なスキンケアやコスメによって肌のバリア機能が破壊されているというお話を先ほどしたと思いますが、肌のバリア機能を復活させ本来の機能を取り戻すためにはまずスキンケアやメイクをやめる必要があります。日常的にメイクやスキンケアをしている女性にとってやめるのは迷ってしまうと思いますが、きれいな肌になるためには避けて通れない道です。

夜だけ、週末だけ、短期間の肌断食も

肌断食のときにメイクが必要になったらどうする?という方もおられるでしょうが、肌断食のやり方にもいろいろなパターンがあります。夜だけ、週末だけといった短期間の肌断食もありますから、仕事などの関係でメイクが必須という方はこうした短期の肌断食を考えてみると良いでしょう。さすがに毎日仕事に出ている女性だとスッピンで出かけるわけにはいきませんし、スッピンを晒すくらいなら肌断食などしないほうがマシだと考える方もおられるでしょう。メイクが必要な方はこうした方法で対処できますから、夜だけ、週末だけの短期肌断食にトライしてみてはいかがでしょうか。

効果が出るまでにかかる期間は数ヶ月

肌断食にチャレンジするにあたりもっとも気になるのは効果が現れるまでの期間です。どれくらいの期間で肌断食の効果が現れるのかというのはもっとも気になるところでしょうが、これは正直人によってまちまちです。すぐにでも効果が感じられたという方もいれば、効果が出るまでに数ヶ月かかったという方もいます。一般的には数ヶ月かかると言われていますし、多くの女性が数ヶ月で効果を実感できたと口にしていますからこれくらいを目安にしておけば良いでしょう。肌をすぐキレイにする魔法のような方法ではありませんから多少時間が必要になるのは当然です。

肌断食でニキビ対策


ニキビに悩んでいる方もおられるでしょうが、肌断食ではニキビ対策も可能となります。今までいろいろなニキビ対策をしてきたけどまったく効果を感じられなかった、という方が肌断食でニキビが改善されたという話もありますから、試してみる価値は十分あるのではないでしょうか。もちろん、肌断食を行うことで絶対にニキビが治るという保証はないのですが、コスメやスキンケアをやめるだけという簡単な方法で改善できればそれに越したことはないでしょう。軽い気持ちでチャレンジすることをおススメします。

ニキビできる原因

そもそもニキビがどうしてできてしまうのかということですが、ニキビの原因はいろいろ挙げられます。根本的な話をすると栄養バランスの偏りが挙げられますし、乱れた食生活がニキビの原因になっていることが多々あります。普段から偏食しているという方だとニキビもできやすくなってしまうため注意しなくてはなりません。また、オイリー肌だとニキビができやすいと言われていますが、乾燥肌でもニキビができてしまうことはあります。乾燥した肌は毛穴を狭めてしまいますし、そこに皮脂などが溜まってニキビの元になってしまうのです。

肌断食でニキビ改善が期待できる理由

ニキビの原因については理解できたと思いますが、いったいどうして肌断食を行うことでニキビを改善することができるのでしょうか。メイクをしたら必ず落とす必要がありますし、クレンジングでしっかりと落としたあと洗顔もしますよね。実は、肌の洗い過ぎは天然の保湿成分まで洗い流してしまうのです。セラミドや良質な皮脂など保湿の役割を担う成分を洗い流してしまいますし、それが乾燥肌に繋がってしまいます。

先ほど乾燥肌がニキビができる原因の一つであるというお話をしたと思いますが、肌断食を行うことで乾燥肌を回避することができますし、それが結果としてニキビを改善できることに繋がるということです。実際に肌断食をし始めてからニキビが改善されたという声はよく耳にします。

思春期ニキビには効果なしです

ニキビと一口に言ってもいろいろな種類がありますが、思春期にニキビができてしまうこともよくありますよね。この思春期にできてしまうニキビを一般的に思春期ニキビと呼びます。この思春期ニキビができるメカニズムはまた違いますから、肌断食でも効果はありません。思春期の女子というのは成人の大人ほどメイクやスキンケアもしていないでしょうし、肌のバリア機能などもそのままの状態です。それでも思春期になるとニキビができてしまいますし、肌断食でこれを回避することはできないのです。

肌断食で乾燥対策


肌断食で乾燥対策もできます。肌が乾燥してしまうとさまざまな肌トラブルの原因になってしまいますから、できるだけ肌は乾燥しないにこしたことはありません。いつも潤った肌でいるのがベストなのですが、ここでは肌断食で乾燥対策ができるというお話をしたいと思います。

肌が乾燥してしまう原因

まずは肌が乾燥してしまう原因についてお話しましょう。肌が乾燥してしまう原因というのはいくつも挙げられますが、まずは皮脂の減少が挙げられます。皮脂膜は肌の表面に油膜を張ることで天然の保湿液としての役割を果たしているのですが、皮脂膜が少なくなってしまうとどうしても肌が乾燥してしまいます。また、角質の細胞内の天然保湿因子が少なくなるのも感想の原因と言えますし、セラミドなど資質が減少してしまうことで肌の乾燥を招くこともあります。

つまり、肌の乾燥はさまざまな原因によって肌のバリア機能が低下し、さらにターンオーバーの乱れなどによって引き起こされるということです。先ほどもお伝えしたように肌が乾燥してしまうとさまざまな肌トラブルの原因となってしまうこともありますから、常に潤いのある肌にしておかねばなりません。

肌断食で乾燥肌改善が期待できる理由

肌断食で乾燥肌の対策ができるのはどういう理由かということですが、これについては既に多くの方は理解できているのではないでしょうか。先ほど乾燥肌の原因はさまざまな理由で引き起こされる肌バリア機能の低下にあるというお話をしました。肌断食は肌のバリア機能を取り戻すことが可能になりますから、結果的に乾燥肌対策ができるということです。

肌のカサカサが気になるときはワセリンでケア

乾燥肌が気になるときにはワセリンでケアするという方法があります。ワセリンは優秀なスキンケアアイテムとして知られていますし、皮膚から水分が失われるのを防いでくれる効果もあります。ヘタに化粧水などで保湿するよりもワセリン一つあったほうが遥かに効果は高いですから、ワセリンを一つ持っておけば安心でしょう。

肌断食で毛穴の角栓対策


毛穴の角栓が気になるという方もおられるでしょうが、肌断食で毛穴の角栓対策も可能になります。毛穴の角栓が多いとザラザラして気持ち悪いですし、できるだけ早く何とかしたいと考えている方もおられるでしょう。ここでは肌断食による角栓対策についてお伝えしますからぜひ参考にしてください。

毛穴の角栓がザラついてしまう原因

肌に触ると何だかザラザラする、という経験をしたことがある方は多いでしょう。乾燥肌でザラザラしているということもありますが、ほかの原因として毛穴に詰まった角栓が挙げられます。肌の毛穴をよく見ると毛穴が広がり、そこに汚れが溜まっているのを目で確認することもできます。毛穴が開いてしまうとそこにさまざまな汚れや皮脂が入り込んでしまいますし、それが角栓になってしまいます。

肌断食で角栓改善が期待できる理由

肌断食でどうして角栓の改善ができるのかということですが、もともと肌は自ら潤いを保つ機能を持っています。スキンケアなど余計なことをしなくても、本来肌は潤いが保てるような機能を持っているのですが、余計なスキンケアやメイクなどによってそれが難しくなっているのです。そこで肌断食を行うことで肌が本来持つ機能を取り戻すことが可能となります。肌が本来の機能を取り戻すことができれば乾燥などで毛穴が開くことも少なくなりますし、そこに汚れが溜まって角栓になってしまうこともなくなる、ということです。

どうしても角栓ケアしたいときは無理のない方法で

角栓を完全に除去するのは難しいとも言われていますし、それなりの時間もかかってしまいます。さまざまな角栓ケアの方法がありますが、どうしてもケアしたいという方は無理のない方法で角栓のケアをしましょう。ムリに角栓を何とかしようとすると逆効果になってしまう恐れもありますから注意が必要です。

肌断食でシミ対策


シミはお肌の大敵ですが、肌断食を行うことでシミ対策ができるという話もあります。果たしてそれは本当のことなのでしょうか。

シミができてしまう原因

シミができてしまう原因はいろいろありますが、もっとも多いのはメラニン色素が沈着することが挙げられます。紫外線によってメラニン生成が起こり、メラニン量が増えすぎるとケラチノサイトの部分で色素沈着が起こりそれによってシミが現れてしまうというメカニズムです。

肌断食でシミ改善が期待できる理由

肌断食を行うことで肌のバリア機能を高める、回復させることができます。肌のバリア機能が向上すれば紫外線など外部からのダメージを受けにくくなりますから、メラニンの影響も少なくなるということです。

日焼け止めは肌に負担の少ないものを選びましょう

日焼け止めを日頃から塗って紫外線対策をしているという方もおられるでしょうが、日焼け止めが肌に良くないということもあります。肌に負担を与えることもありますから、肌断食を行うときは特に肌に負担の少ない成分が使われているものをチョイスするべきです。

肌断食で気をつけたいポイント


肌断食を行うときにはいくつか気を付けるべきポイントもあります。正しく行えば肌の機能を取り戻すことができますが、間違った方法で続けても意味がありません。ここでは肌断食を行う上で覚えておくべきポイントについてお話しましょう。

ケアをしない我慢が成功と失敗をわけるカギ

今まで続けてきたスキンケアを一時的とはいえやめるのですから、それはかなり勇気のいることでしょう。しかし、肌断食で失敗してしまう方の多くは結果が出る前に我慢できなくなって投げ出し、結果的に何の効果も得られないまま終わってしまうというケースがほとんどです。ケアをしないことに我慢ができるか、それが成否を大きく分けてしまいます。

炎症は酷くなるまえにケアしましょう

肌の炎症は酷くなる前にケアすることが大切です。炎症が酷くなってしまうと肌断食にも影響を与えてしまいますし、続けられるものも続けられなくなってしまうかもしれません。炎症の状態が酷くなる前にしっかりとケアすることが大切です。

メイクは必要最小限、肌に負担の少ないもので

肌断食ではスキンケアだけでなくメイクもしません。化粧品に使われている化学物質などが肌に負担を与えてしまいますから、それが肌の機能を低下させている大きな原因でもあります。そのため、基本的に肌断食をしているときにはメイクもできないのですが、どうしてもメイクをせざるを得ないというケースもあるでしょう。特に毎日仕事に出掛けている方だとメイクは必須ですし、スッピンで出かけることはできないはずです。

このような場合はできるだけ必要最小限のメイクで済ませるようにしましょう。また、できるだけ肌に負担の少ないコスメを使うというのもポイントです。現在では肌への負担が少ないコスメなどもたくさんリリースされていますから、なるべくそうした化粧品を使うことで肌断食を効果的に続けることができるでしょう。

まとめ


肌断食を行うことで得られるさまざまな効果についてご紹介しました。実際のところ、肌断食を行って効果を得られたという方もいれば得られなかったという方もいます。効果が得られなかったという方の多くは途中でスキンケアを我慢するということができなくなり、肌断食を諦めてしまったことが原因だと考えられます。肌断食でそれなりの効果を得られるまでには一定の期間も必要となりますから、長い目で肌断食を続けることも大切です。覚えておきましょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/79370/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 窓をバールで割って知人男性宅に侵入した女子高校生を逮捕 「彼氏を絶対に許さない」
  2. 「120日絶食」「オスがミルクっぽいもん出す」育休を取るペンギンが理想の夫すぎた…
  3. 女性「ガストで子供が暴れてたのを放置してたら店員に注意されたからブチギレて店長呼んでやった」
  4. 【二枚目をご覧ください。私じゃなくて資料です。】人生で一度は言いたいセリフ 6選
  5. 見て見ぬふりができなかった「寺の御言葉」 7選
  6. HAHAHA!国境を超えてやってきた「海外の笑い話」 6選
  7. キラキラを閉じ込めよう♡セルフでも簡単!《スパンコールネイル》できらめく指先
  8. お気に入りの色を長く楽しむために!染めた髪の色を長持ちさせるコツ
  9. 【コスパ◎】ドラッグストア・ネットで手に入る《お手ごろ乳液・保湿クリーム》6選♡
  10. また同じようなものを買っちゃった?《コスメの色かぶり》を防ぐポイント
  11. さらっとした美肌を長時間キープ!話題の《塗る脂取り紙》とは?
  12. 知ってる人は使ってる!研磨剤なしの歯磨き粉のおすすめ5選
  13. お手ごろ価格なのに超優秀!ドラッグストアで手に入る《おすすめ化粧水》7選♡
  14. 女性の何気ない仕草にドキッ!食事中に男性がときめくポイント5つ
  15. 突然訪れる衝動!女性がヘアスタイルを変えたいと思う瞬間5パターン
  16. もうひと手間が美人への近道!メイク後のワンポイントテクニック
  17. 大人女子ならいつものケアにプラスしよう!おすすめ《フェイスマスク》6選♡
  18. この職業の男性はお断り!女性に不評な職業の共通点は「女の気配」!
  19. 今年の夏は《フォンダンウォーター》が来るッ!おしゃれで美味しいお水の正体とは?
  20. 大人可愛い《ステンドグラスネイル》で芸術性あふれる魅力的な指先に
  21. 男が思わず振り返る!去り際に程よく香る「いい香りを放つシャンプー」
  22. 夫婦生活の中で会話がなくなっていく…これって普通?~Aさんの場合~
  23. ふんわり感が可愛い!《バルーンシルエット》で楽しむコーデ術
  24. 老けてしまう原因はヘアスタイルにあり!考えられる7つのミスとは
  25. トランプ「私はフェイクニュースを国民の敵と呼ぶことにした」→報ステ字幕「私はメディアを国民の敵と呼ぶことにした」
  26. 本人は気づいていない!実は「ブス見え」している変なメイク
  27. 恋人はいらない「おひとりさま」が増加中!ひとりが心地いい時代に
  28. 秋冬ファッションに取り入れたい!《アーガイル柄》のファッションアイテム特集
  29. ポーチの中をすっきり整頓!持ち運びしやすい《スティックコスメ》の魅力
  30. ワサビは刺身にのせる?醤油に溶かす?結果は大接戦 全国図
アクセスランキング