不倫で後悔する人の特徴と、実際に後悔した人の経験談をご紹介

    全体:11月:0週:0日:0

一度はしてみたいという人が多い不倫ですが、実際にした結果、するべきではなかったと痛感するような状態に陥った人もまた多いです。ここでは不倫したことを後悔する、しない男女の特徴や、不倫をしなければよかったと嘆いている人の実例を取り上げます。

不倫を後悔する男性・しない男性の特徴は?


自分の配偶者に対してどういう思いがあり、どういう関係を築いているのか、また不倫相手に対してどういう思いがあり、どういう関係を求めているのかによって、不倫で男性が後悔するかどうかは変わってくることが多いです。

妻との関係が良好な男性は後悔する

妻とうまくいっている男性は、不倫をしなければいけなかったと思っている人が多いです。不倫をしていることで妻に悪いという気持ちになるほか、発覚すれば何の問題もなかった夫婦関係が一気に悪くなってしまう可能性が極めて高いです。妻を愛しているのに不倫によって別れるようなことになれば、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

妻と不仲の男性は後悔しない

夫婦関係が冷えきっていて、離婚してもいいと思えるような状態であれば、不倫をしたことで後悔する可能性は低いでしょう。男性の中には、新たに本気で交際したり、再婚したりする相手を不倫という形ではあるものの、妻にバレないように探していることが少なくありません。

愛ではなく欲求を抑えられない男性は後悔しない

自分の、たとえば不倫相手に対して愛されたいなどという思いはいっさいなく、性的な欲求を満たすことだけが目的の男性は、不倫をしたことを悔やむようになる可能性は低いでしょう。別れることになってもまた別の女性を探せばいい程度ぐらいに思えているためです。

しかし、別の形で後悔することはあります。不倫がバレて離婚することになったり、不倫相手に子供ができてしまって責任を取らなければいけなくなったような場合です。このような場合は制裁を受けることになってはじめて不倫を後悔することになります。

不倫で後悔する女性・しない女性の特徴は?


不倫は民法上の不法行為であり、してはいけないことです。禁固刑になるようなことはないものの、離婚や損害賠償の理由になります。このようなリスクを負ってまで禁断の関係を男性と築いた結果、後悔する女性も多いですが、後悔しない女性がいるのもまた事実です。

夫には悪いと罪悪感がある既婚女性は後悔する

結婚していて不倫していることが夫に申し訳ないと感じる女性は、不倫をしたことを後悔する確率が高いでしょう。ずっとその思いに支配されることになりかねません。不倫しているだけでなく、その後悔は不倫関係を解消したあとも継続することがあります。

ひどい場合には自分を責めるあまり、自分は妻として相応しくないと思ってしまい、離婚を考えてしまう人もいます。罪悪感があるということはとくに夫との関係が悪くなっていないことも多く、良好な関係をわざわざ崩してツライ思いをするのはやめておいたほうがよいでしょう。

「たまたま好きになった人が既婚者」と思っている独身女性は後悔しない

結婚していることを知った上で関係を終わらせることを選択しないのであれば、このように思っている独身女性はそのあとに続く言葉によっては後悔しません。そのあとに何がいけないのかという言葉が続けば、後悔しない可能性が高いでしょう。

たまたま好きになった人が既婚者というだけで何がいけないのかとなると、不倫相手の配偶者に対して罪悪感はないわけですし、不倫自体がいけないこととは思っていない可能性も高いでしょう。普通の恋愛と変わらない意識でいるため、不倫したことを後悔しないというわけです。

不倫をしてしまった男性の後悔


後先を考えずに不倫をした結果、自分の人生を台無しにしてしまう男性は多いです。不倫には一時の快楽や幸福感はありますが、下手をするとそのために支払う代償があまりにも大きくなるというのは把握しておく必要があるでしょう。

欲望を抑えられずに不倫に走ってしまった

一時の感情を抑制できずに不倫に手を出したことを悔やむ男性は多いです。理由としては不倫関係にあった女性に結婚を迫られる、不倫相手の女性を妊娠させてしまう、相手に配偶者がいて不倫がバレてしまい、損害賠償を請求される、自分の配偶者にバレてしまい家庭が崩壊してしまうなど、深刻な事態に発展した例は多いです。

妻も子供も離れてしまいやり直したい

不倫が発覚した結果、妻が子供を連れて出て行ったというのはよくある話です。しばらく実家に帰ったあと戻ってくるようなケースもありますが、そのまま別居状態になったり離婚になったりすることも珍しくありません。離婚では親権が妻にあり、子供との離別を余儀なくされることもまた多いです。妻子への愛情が深い人ほどひどく後悔しがちです。

社会的制裁を受けて、人生の先が真っ暗になった

不倫で離婚となれば、慰謝料や養育費などの代償を支払わなければいけなくなる場合が多いです。さらに社会的制裁として、仕事をクビになってしまうこともあるのです。色を失えば収入がなく、そこに自身の生活費だけでなく妻への損害賠償が重くのしかかってきます。社会的な信用の喪失、失職により将来が見えなくなり不倫を後悔する男性は多いです。

不倫をしてしまった女性の後悔


もともと不倫願望が強い女性もいれば、テレビドラマなどの影響を受けて不倫に憧れる女性も多いです。ただ、不倫がきっかけでその後の人生が狂ってしまった女性もまた少なくないことには気をつけなければいけません。

恋心が突然冷めてしまって後悔に押しつぶされる

理由は人によって違いがあるものの、急に不倫相手のことがどうでもよくなり、関係を持たなければよかったとひどく悔やむ人がいます。自分は女性として汚れているなどの負の感情に捉われてしまうのです。

不倫相手に恋愛感情がなくなった場合は、早々に関係を終わらせるのみです。後悔の念に駆られるのではなく、その後の自分の人生を充実させることを考えましょう。すぐに克服するのは難しいかもしれませんが、なかったことになる日が来る見込みは十分にあります。

何も知らない夫に対して罪悪感がいっぱい

夫のことを嫌いになったわけではないけれど、ほかにも好きな男性ができてしまったという女性に多いパターンです。不倫をしていることに全然気づいていない夫に対し、罪の意識を感じる女性は珍しくありません。

罪悪感は自分のため、子供のために献身的に動いてくれる夫ほど感じやすいものです。不倫を疑うような素振りもなく尽くしてくれているのに、自分はこんな素晴らしい夫を裏切っているのかとツライ思いをすることになるわけです。

現状でバレていなくても、バレたときのことを考えて不倫を続けていっていいものなのか、適切な判断をしましょう。なお、不倫関係を解消しても不倫をしていた事実は消えないため、何も知らない夫に対する罪悪感が消えないという女性は少なくありません。

望まない妊娠をしてしまった

肉体関係をともなう不倫関係で起こり得るのが妊娠です。欲しいと思っていないのにできてしまい、中絶を選択したり、一人で育てていくことを選択したりしている女性は少なくありません。中絶や育児のための金銭的な支援を不倫相手に受けることができた人もいれば、そうでない人もいます。妊娠を機に不倫関係を終わりにされた女性もいます。

望まない妊娠をしないためには、避妊を徹底するか、プラトニックな関係を貫くしかありません。赤ちゃんができて中絶する場合には高額な費用がかかるだけでなく体に大きな負担をかけることになります。産むことを決断した場合は、子供を立派に育てあげなければいけません。そのためには養育費をしっかりと確保しなければいけません。

妊娠をきっかけに不倫相手の男性が離婚し、一緒になってくれるケースもありますが、多くはありません。また、不倫でできた子供ということで親や友人など誰にも相談できず、一人で苦しんだという人もいます。不倫相手との望まない妊娠はこれほどまでに多くの問題があり、妊娠をしたことで不倫を後悔する女性は多くいるのです。

不倫の末、結婚した人の後悔


不倫関係を途中でやめることなく、離婚をして結婚する道を選択する人は少なくありません。しかし、そのすべての人が幸せになっているわけではなく、さまざまな理由で結婚をしなければよかったと思っている人も多いです。

略奪婚で世間から祝福して貰えない

世間的に略奪婚というのはイメージがよくありません。祝福する人がいないだけでなく、批難を浴びることも。職場の人だけでなく自分にとって近い存在である友人、家族や親戚も祝ってくれなかったと嘆く人がいます。ひどい場合には友人などに付き合いを断たれてしまったという例もあります。

また、祝福を受けることができないという点で問題になるのが結婚式です。招待しても断られてしまうのがオチということで、二人だけで式をあげたという人もいれば、式をあきらめてしまったというケースもあります。

このような理由で、何か悪いことをしたという意識が常にあり、こんな思いをするぐらいであれば結婚しなければよかったと思っている人がいるのです。世間を敵にまわしてまで不倫関係を続け、再婚するのが本当に幸せなことなのか、よく考えたほうがよさそうです。

離婚の代償で金銭的に厳しい

不倫が原因で離婚し、そのあと再婚にいたったもののお金の面での苦労が大きいという人がいます。というのも、不貞行為による離婚は損害賠償の理由となるためです。その支払いが発生するのが金銭的に厳しくなる理由のひとつで、もうひとつの理由は収入のダウンにあります。

勤め先の方針や不倫の内容にもよりますが、減給や解雇のような減収につながる処分を受けることがあります。損害賠償の支払いが発生するだけでなく、収入が低くなることが重なり、余計に金銭面で苦しい思いをすることになるのです。

より悲惨なのがW不倫のケースで、不倫の末にその人との結婚にいたっても、お互いの配偶者に請求された損害賠償と、社内不倫のため二人とも職を失い、お金での苦労を強いられたというケースがあります。

まとめ


後悔先に立たずということわざがありますが、失敗例をみて不倫はするものではないなと思った方も多いのではないでしょうか。不倫は誰も傷つかずにゴールできる可能性が極めて低い恋愛です。また法に反する行為でもあるため、避けるのが賢明な判断といえるでしょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/79100/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 窓をバールで割って知人男性宅に侵入した女子高校生を逮捕 「彼氏を絶対に許さない」
  2. 「120日絶食」「オスがミルクっぽいもん出す」育休を取るペンギンが理想の夫すぎた…
  3. 女性「ガストで子供が暴れてたのを放置してたら店員に注意されたからブチギレて店長呼んでやった」
  4. 【二枚目をご覧ください。私じゃなくて資料です。】人生で一度は言いたいセリフ 6選
  5. 見て見ぬふりができなかった「寺の御言葉」 7選
  6. HAHAHA!国境を超えてやってきた「海外の笑い話」 6選
  7. キラキラを閉じ込めよう♡セルフでも簡単!《スパンコールネイル》できらめく指先
  8. お気に入りの色を長く楽しむために!染めた髪の色を長持ちさせるコツ
  9. 【コスパ◎】ドラッグストア・ネットで手に入る《お手ごろ乳液・保湿クリーム》6選♡
  10. また同じようなものを買っちゃった?《コスメの色かぶり》を防ぐポイント
  11. さらっとした美肌を長時間キープ!話題の《塗る脂取り紙》とは?
  12. 知ってる人は使ってる!研磨剤なしの歯磨き粉のおすすめ5選
  13. お手ごろ価格なのに超優秀!ドラッグストアで手に入る《おすすめ化粧水》7選♡
  14. 女性の何気ない仕草にドキッ!食事中に男性がときめくポイント5つ
  15. 突然訪れる衝動!女性がヘアスタイルを変えたいと思う瞬間5パターン
  16. もうひと手間が美人への近道!メイク後のワンポイントテクニック
  17. 大人女子ならいつものケアにプラスしよう!おすすめ《フェイスマスク》6選♡
  18. この職業の男性はお断り!女性に不評な職業の共通点は「女の気配」!
  19. 今年の夏は《フォンダンウォーター》が来るッ!おしゃれで美味しいお水の正体とは?
  20. 大人可愛い《ステンドグラスネイル》で芸術性あふれる魅力的な指先に
  21. 男が思わず振り返る!去り際に程よく香る「いい香りを放つシャンプー」
  22. 夫婦生活の中で会話がなくなっていく…これって普通?~Aさんの場合~
  23. ふんわり感が可愛い!《バルーンシルエット》で楽しむコーデ術
  24. 老けてしまう原因はヘアスタイルにあり!考えられる7つのミスとは
  25. トランプ「私はフェイクニュースを国民の敵と呼ぶことにした」→報ステ字幕「私はメディアを国民の敵と呼ぶことにした」
  26. 本人は気づいていない!実は「ブス見え」している変なメイク
  27. 恋人はいらない「おひとりさま」が増加中!ひとりが心地いい時代に
  28. 秋冬ファッションに取り入れたい!《アーガイル柄》のファッションアイテム特集
  29. ポーチの中をすっきり整頓!持ち運びしやすい《スティックコスメ》の魅力
  30. ワサビは刺身にのせる?醤油に溶かす?結果は大接戦 全国図
アクセスランキング