胸ニキビを改善!生活面やケアの面など!必要な情報盛沢山!

    全体:4月:0週:0日:0

ニキビといえば思春期になるものであり大人になると落ち着くと思っている人も多いですがそうではありません。意外と大人になってもニキビに悩んでいる人はおり、大人になってからのニキビは思春期のものとは大きく違っています。特にニキビができる場所は思春期と大人では違い、大人のほうがいろいろな場所にニキビができて悩んでいます。そのようなニキビの一つが胸ニキビです。

胸ニキビができる原因


胸ニキビというのは鎖骨からデコルテ、胸の谷間といった場所にできるニキビのことです。ニキビといえば顔や背中にできることが有名で胸ニキビはあまり知られていません。しかし普段隠れていて気付かないだけで意外と多くの人が胸ニキビで悩んでいます。今胸ニキビができていない人もいつかできる可能性がありますからその原因は知っておきましょう。

選択していない衣装の菌が移って起こる

顔にニキビができる原因としても不衛生が挙げられますが、これは胸ニキビでも同様です。胸ニキビができる要因として分泌された皮脂や汗が付いている下着や洋服を身につけていることで胸にニキビができてしまいます。特に最近ではナイロンをはじめとした化学繊維の洋服が増えており、化学繊維の入っている下着や洋服を身につけている人が多いです。化学繊維は通気性があまりよくないので肌への刺激も大きくあります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなります。男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、女性ホルモンには抑える働きがあります。そして、女性ホルモンの中には肌のバリア機能を高める性質もあります。そこで、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが整っているとバリア機能がしっかりと働きながらも皮脂が適正な量分泌することになります。そのため多少の刺激でも肌が乱れることはありません。

しかし、ホルモンバランスが乱れてしまうとこの肌の状態が乱れることになります。多くの人はニキビができたら男性ホルモンの分泌を抑えることばかり考えますが、そうではなく両方のバランスを整えることが重要です。女性ホルモンも過剰分泌すると子宮筋腫や乳がんといった病気のリスクが出てきますし皮脂の分泌が減りすぎて乾燥での肌トラブルも起きやすくなります。そこで、あくまでも両者のバランスを整えることが重要なのです。

スキンケアがきちんとできていない

背中ニキビの原因と同じようにお風呂でのシャンプーやリンスの洗い残しが原因でニキビができることもあります。特にボディーろーしょにゃジェルといったものをお風呂上りにつけている人はスキンケアのつもりが逆に過剰に付けすぎてニキビを引き起こしている可能性もあります。洗うところから入浴後の保湿ケアまで正しい方法で行われているか一度確認をしてみましょう。

また、紫外線もニキビの原因となるものです。そこで夏場のように水着になったり胸元の開いた服を着たりして日差しを浴びるときにはきちんと日焼け止めを塗ったり日焼け後のケアをしたりすることも重要です。

胸ニキビの治し方


胸ニキビができないように注意していても様々な要因から突然できしまうことがあります。もしも胸ニキビができたらどのような方法で対処すればよいのでしょう。

生活習慣や食生活を見直す

顔のニキビ同様に生活習慣が乱れるとニキビができる原因となります。もちろんニキビができてからの治りが早かったり遅かったりするのも生活習慣が一因です。そこで予防のためにも、できてからの治癒のためにも生活習慣を見直すことは必ず行いましょう。

食生活が偏っていること、不規則な生活、睡眠不足といったものはニキビができやすいですし治るのも遅くなります。そこで栄養バランスの整った食事、規則正しい生活、良質な睡眠を日ごろから心がけていきましょう。こういったものは即効性があるものではないですし、長年の習慣であるためになかなか変えることができません。だからこそゆっくり腰を据えて対策をとることが重要です。

着るものはきちんと洗濯をする

皮脂分泌が盛んな場所といえば多くの人が顔のTゾーンをイメージします。しかし、実は意外と頭や胸、背中の肩甲骨周りといった場所も皮脂腺が多くあり皮脂が意外と分泌しています。そのため私たちは気付いていなくても洋服の胸元は意外と皮脂がついて汚れていることも多いです。

皮脂が付いている洋服を着たまま過ごしていると皮脂汚れから雑菌が繁殖しやすくなりますし毛穴に皮脂が残る原因にもなります。これはアクネ菌が喜ぶ環境を自ら作っていることになりニキビができる要因となるものです。そこで、ニキビ予防のためにも洗濯はきちんと行いましょう。

ただ洗えばよいのではなくしっかりと汚れが落ちるように洗わなければなりません。特に汗をかきやすい季節には目には見えなくても洋服の繊維の中までびっちりと汚れが含まれていることも多いです。冬場は水が冷たくて洗濯洗剤がきちんと解けないことも多いですから液体洗剤を使うようにしたり粉洗剤を使う時には事前にお湯で溶かして入れたりしましょう。

また最近では良い匂いの柔軟剤が多くなっており、洋服から柔軟剤の匂いがするようにと多めに入れて使っている人もいます。柔軟剤も肌への刺激となり胸ニキビの要因となることがありますから刺激が強すぎるものを使うのは控えたり適量を使うように心がけましょう。

ボディクリームなどでケアをきちんとする

私たちは肌のケアというとどうしても顔のケアにばかり気がとられがちです。しかし、顔だけでなくデコルテやその他のパーツも顔と同じ皮膚でできています。きちんとケアをしないと乾燥したり肌トラブルが起きたりして当然です。

デコルテや胸のケアはどのようにすればよいかあまり知られていません。顔と同様に保湿が重要であり、ボディクリームなどでしっかりと保湿をすることが重要です。腕や脚はボディクリームを塗っているもののほかの場所は塗っていないという人も多くいます。そういった人は腕や脚のケアと合わせて胸やデコルテにもボディクリームを塗布しておきましょう。

また、洗顔料やシャンプーの泡が胸に残っているとニキビの原因となります。ボディソープで体を洗う際にも強くゴシゴシと洗っていると肌が乾燥して皮脂が過剰分泌しやすくなりニキビの原因となります。そこで体を洗う際も顔と同様にたくさんの泡で優しく洗うこと、熱すぎるお湯に入らないこと、洗い残しが無いようにすることを気を付けるとニキビ予防になります。

胸ニキビができやすい人の環境


胸にニキビができる人はいくつかの生活習慣や生活環境の特徴があります。当てはまる人は今現在胸ニキビがなくても将来的に胸ニキビで悩む可能性がありますから早いうちから生活改善に努めましょう。

部屋を掃除しない人

部屋を掃除しない人は不衛生な部屋で過ごすためにニキビができやすいのはもちろんですが、衛生観念がゆがんできていることも多いです。ダニやハウスダストがたくさん含まれている布団で全く気にすることなく過ごしていたり、汚れた洋服を着ていたりしても気にならなくなってくることも多いですし、お風呂に入らなくても抵抗なくなっていることも多いです。このようなアクネ菌が喜ぶような環境で過ごしていると胸ニキビはもちろんですがそれ以外の場所でもニキビや吹き出物が出てくる可能性が高いですから清掃することを心がけましょう。

不衛生な部屋で過ごしていて規則正しい生活やバランスの整った食事、質の高い睡眠は実現できません。一度にすべてを変えることは難しいですからまずは生活環境を整えることから始めましょう。長く布団を外に干していない人はハウスダストやダニとその死骸がたくさん入っている可能性が高いので天日干しをして汚れを掃除機で吸い取るだけでなくコインランドリーで布団を洗うようにしましょう。清潔な布団と清潔な部屋になれば寝心地もよく睡眠の質も高くなります。

お風呂にほとんど入らない人

女性は男性よりも皮脂の分泌量が少ないため一日くらいお風呂に入らなくても大丈夫と思っている人も多いです。しかし、私たちは毎日意外と汗をかいており目に見えなくても結構汚れています。そして、自分の汚れや匂いにはなかなか気づけません。そのため自分がきれいだと思っていても周囲は不衛生だと思っていたり匂いがすると思っていたりすることもあるのです。

また、最近ではお風呂に入らずにシャワーで済ませてしまう人も多いです。シャワーで済ませているときちんと汚れが落とせていないことも多くあり、きちんと清潔にしているつもりでも意外と不衛生な状態になっていることがあります。シャワーのほうが手軽で経済的ですが極力湯船に浸かることを心がけましょう。

好き嫌いが多く栄養バランスが崩れている人

食事は生活の基本であり、健康な体を作るためには外せません。特に食生活が乱れてくると体のたくさんの部分に支障をきたします。免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったり、ストレスが溜まりやすくなったり、寝つきが悪くなったり、便秘になりやすかったりとたくさんのことに悪影響を与えます。そして、これらのもののすべてがニキビができる原因とつながるものです。ですからニキビを改善したければ食生活を改善することから始めましょう。

まとめ


あまり知られていない胸ニキビですが意外と多くの人が悩んでおり誰でもできる可能性のあるものです。日常生活で予防することができますから、規則正しい生活や質の高い睡眠、栄養バランスの整った食事を心がけつつ毎日スキンケアをきちんと行いましょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/80837/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 花嫁修業部はじめます!理想のお嫁さんになるために女子高生が大奮闘!
  2. 20年服役・今年出所した65歳男、スカートめくりで逮捕 過去には少女二人を殺害
  3. 笑いは自粛しなくていいハズ!届け!地震対応にまつわる珍エピソード 8選
  4. どうやら元気に育ってるようです。わが子の成長を噛みしめた瞬間 6選
  5. テレ朝「報道ステ」富川悠太、死亡した9歳女児の同級生に「亡くなってどう思う?」とインタビュー
  6. 【閲覧注意!】子供とホラーの組み合わせは最恐すぎる件 7選
  7. 日本ユニセフ協会「ネットのデマに騙されないで!私たちは墓金額の20%を運営費にしているだけです!」
  8. 【だいえっと】幼女社長 第21話
  9. 笑いも金言も圧倒的なパワー炸裂!たくましすぎる母の教え 7選
  10. ハスキー犬に『消えるマジック』を見せてみた!「ん?あれ??……ご主人、どこおおおおお!!」
  11. 人間離れした超絶ジャンプ!椅子8個も、自動販売機も、キスしているカップルも飛び越える!
  12. おむつの子供とお母さんの親子ヨガ!青空の下、繰り広げたスゴ技に深い絆を感じる
  13. 2018年夏トレンド!《オフショルダー》を使った大人可愛いコーデを紹介◎
  14. 大流行!ウェットヘアを作るなら《N.ポリッシュオイル》がおすすめ◎
  15. あなたは誰がお好み?タイプを表す〇〇系男子まとめ
  16. 肌への負担も軽減◎《ノーファンデーション》でも美肌を作るメイク術
  17. 昔の自分に伝えたい、あの人の優しさ。大人になって気づいた大切なこと 7選
  18. あなたはどの形にする?ジェルネイルが映える《爪の形》まとめ◎
  19. 魔法少女が男の子だっていいじゃない! ガキ大将といじめられっ子のコンビが街の平和を守る
  20. 愛情たっぷり♡年上の旦那さんに贈る「ダジャレ海苔文字弁当」がやっぱり面白い!
  21. 魅力的な女性に見せるためには?《女子力》を発揮させる5つのポイント
  22. 眉毛で印象が変わる!イメージに合った≪眉毛≫選びのススメ
  23. 夏に向けた美白対策!使えるおすすめアイテム集めました
  24. 中年男のゆる〜い日常がクセになる!ドラマ化もされた「THE大市民」無料配信中!
  25. 【大阪地震】 9歳女児が亡くなったブロック塀、建築基準法違反だった模様
  26. この人、無敵か?メンタルの強さに惚れ惚れしてしまうマイペースさん 7人
  27. 女子刑務所サバイバル!自分をハメた男へ復讐するため女は鬼となる!
  28. 恋は盲目…恋愛シーンで思わぬ空回りをしてしまった男女の苦悩が甘じょっぱい 8選
  29. 【左翼脳】 「安倍晋三が総裁選を有利にする為に人工地震を起こした」
  30. おじさまと猫第24話。おじさまが電車で出会ったお姉さんの不器用すぎる優しさに感動
アクセスランキング