肌質診断をして自分にピッタリなスキンケアをするのが重要な理由

    全体:5月:0週:0日:0

誰もが肌が汚いよりはきれいな状態になりたいと思っています。ファンデーションなしで過ごせるような美肌は毎日のメイクの手間が省けるのはもちろんですが、自然な美しさを作ることができてとても魅力的です。しかし、美肌を作るのは意外と大変です。美肌作りをするために肌質診断を受けてみましょう。

肌質診断の前に肌質タイプを知ろう!


肌質診断を受けることに興味があるもののなかなか行く勇気がモテないという人も多くいます。診断を受けたらすぐにあれこれスキンケア用品を買わされるのではないかとかエステの勧誘をされないかといった不安があることもハードルの高さの原因です。そこでまずは肌質タイプを知ることから始めましょう。

乾燥しがちな肌質

肌が全体的に乾燥していてカサカサしていると乾燥肌です。皮脂の分泌が少ないために乾燥しやすく肌の表面の水分量が蒸発しやすい状態になっています。乾燥肌は乾燥し続けてしまうと肌表面の角質がどんどんとはがれて肌のバリア機能が低下してしまいます。そうするとちょっとしたことですぐに肌荒れが起こるようになり敏感肌になることも多いです。

皮脂や水分が多い肌質

顔が皮脂で脂っぽくなっている場合には脂性肌です。特にTゾーンと言われる鼻と額をT字につなぐゾーンは皮脂の分泌が多い場所であり触ってべたつきを感じる場合には皮脂が過剰分泌しています。

皮脂は油であるためでない方が良いと思われることがありますが、そのようなことはありません。肌が健康を守るためには適度に皮脂が分泌する必要があります。しかし余分な皮脂が出ているとニキビをはじめとした肌トラブルの原因となります。そこで適度に皮脂を取り除き適切な量になるよう心がけることが重要です。

トラブルの多い肌質

トラブルが多い肌というのは乾燥肌と脂性肌とが混合状態になっていることが多いです。ニキビができやすく慢性化していたり、毛穴が開いていたりといった状態になっている人はちょっとしたことですぐに肌にトラブルが起きることがあります。肌の状態を整えることでトラブルを減らしていくことが必要です。

肌質診断の前に基本的なスキンケア法を学ぼう!


毎日しているスキンケアが正しくない人が意外と多いです。肌に気になる症状がある人はまずはスキンケアの方法から見直してみましょう。

洗顔のしすぎ・ごしごし洗いはNG

洗顔をする際、皮脂の分泌が多い人はどうしても強くゴシゴシと洗いがちです。ゴシゴシ洗わないと皮脂や汚れが落ちない、毛穴の中の詰まりが取れないと考えるためにゴシゴシと洗うのですが、これは正しい洗顔方法ではありません。

洗顔は洗顔料を使って洗うのは1日に2回までです。それ以上洗うと肌に必要な皮脂が流れ落ちてしまい乾燥肌になったり乾燥を補うために皮脂が過剰分泌したりする原因となってしまいます。夏場のように汗をかきやすい時には1日2回以上洗いたくなることもありますが、そのような時には水洗顔を取り入れ洗顔料を使うのは2回までにしましょう。

次に洗顔の方法としてはたくさんきめ細かい泡を泡立てて優しく洗うことです。きめ細かい泡をつくれば毛穴の中の汚れもきちんと落とすことができます。適度に皮脂も残して洗顔することができるので肌を傷めることもありません。洗顔した後もタオルでゴシゴシ拭くのは厳禁です。肌についている水分を優しく吸収するようにして取るようにしましょう。

しっかりとした睡眠を

睡眠は美肌を作るのに欠かせません。寝ている時に出る成長ホルモンが肌細胞の補修をしてくれますしターンオーバーを促したりコラーゲンを生成したりときれいな肌を作るために必要なことが行われます。肌のゴールデンタイムといわれる22時から2時は成長彫るものが分泌される時間でありできればこの時間に眠っていることが望ましいです。

しかし毎日の生活で22時までに寝ることはなかなか難しいことです。そこでそこまでに寝れなかったとしても質の高い睡眠をとることでカバーができます。寝る2時間前までにお風呂に入り体のクールダウンをしてストレッチをしたりノンカフェインの飲み物をのだりしてリラックスをしましょう。さらに寝る前にスマートフォンやテレビなどブルーライトが出るものを見ると目がさえる原因となるので読書をしたり音楽を聴いたりしてゆったり過ごすのがおすすめです。

化粧を落とさず寝てしまうのなNG

メイクをしたまま眠ってしまうのは肌のために絶対に避けるべきことです。飲み会から帰ってソファに座ってそのまま居眠りしてしまったり子供の寝かしつけ中のママが隣で一緒に眠ってしまったりということは誰もが経験したことのあることです。しかし、たった一度のことでもマイナス10歳肌になると言われているほどメイクをしたまま眠ることは肌へのダメージがあります。

メイクをしたまま眠ってしまうことはなぜ肌にトラブルが起きるのでしょう。起きたときには特に肌にダメージを感じないことも多いので、肌が10歳も更けるようなことのように思えない人も多くいます。しかし、長時間肌に化粧品をつけているのは腐った食品を肌に塗っているのと同じくらいの影響があります。

肌に乗っている化粧品は油分や金属などいろいろな成分が入っています。これらは長時間肌に乗せていると空気に触れて酸化をし、肌から分泌するひしと混ざり合うことで腐敗したような状態になってしまいます。そのような有害なものを肌に乗せたまま放置をすれば肌は顔ダニが繁殖したりニキビの原因となるアクネ菌が増殖したりといったダメージがたくさん出てきます。

そして、新陳代謝が悪くなる原因となるので肌のターンオーバー周期が乱れますし毛穴が広がってしまったり色素沈着をしたり肌が乾燥したりといったたくさんのトラブルを引き起こしてきます。何度も繰り返していくうちに肌が老化をしてしまいマイナス10歳肌の状態になってしまうのです。そこでメイクをしたまま寝るのを防ぐためにも肌への負担を軽減するためにも外出から戻ったらすぐにメイクを落とす習慣を身につけましょう。

どうしてお肌が荒れてしまうのか


誰だって肌荒れをしたいと思っていません。毎日きちんとケアをしていてもどうしても肌は荒れてしまいます。なぜ肌荒れをするのでしょうか。

遺伝

親の顔を見ると自分の顔の将来がわかるということが言われます。これは肌質が遺伝するものであることを意味しています。両親の中に思春期にニキビができていた人がいれ子供もニキビが遺伝します。乾燥肌や混合肌などの肌質も遺伝することが多いです。

このように先天的に生まれたときからある程度の肌質は決まっていると言われています。両親が色白で美肌であれば美肌なことも多いです。ただ遺伝ですべてが決まるわけではありません。どれだけ美肌な両親のもとに生まれても毎日の肌ケアを怠っていれば子供の肌は荒れてしまうことも多いです。

加齢

私たちの肌は加齢とともにどんどんと代謝が悪くなります。生まれて間もないころはターンオーバー周期が28日できれいにすべての肌が新しいものに生まれ変わります。しかし、年々代謝が悪くなると肌の上に角質が残るようになり、これがターンオーバー周期が28日以上かかるようになったりすべてがきれいにターンオーバーで入れ替われないようになってしまう原因です。

ターンオーバーが正しく行われないと肌が乾燥したり皮脂が過剰に分泌したりして肌荒れの原因となります。昔は加齢といえばシミやしわ、くすみといったものがトラブルとして挙げられていましたが、最近では40代以上でも大人ニキビで悩んでいる人もいます。様々な肌トラブルによって肌荒れは怒ってしまうのです。

免疫

免疫力が低下すると肌のバリア機能が弱くなり肌に普段からいる細菌によって炎症が起こることがあります。これも肌が荒れる原因です。規則正しい生活や栄養バランスの整った食事を心がけて免疫力を高めることが必要です。

肌質診断ができるサイト


自分の肌がどのような状態であるかを知ることは正しいスキンケアを行うために重要なことです。肌質診断のサイトを利用して肌の状態をより良いものにするスキンケアを知る機会を設けましょう。

かんだん!肌タイプCHECK

肌質診断のできるサイトの一つとしてdプログラムのサイト(https://www.shiseido.co.jp/dp/check/)があります。質問に答えていくことで簡単に今の肌の状態を知ることができます。そして対処方法についても紹介がされているので自分がしているスキンケアが正しいかどうかを判断するのにも役立ちます。

美肌診断

マキア(MAQUIA)が運営している美肌診断のサイト(https://maquia.hpplus.jp/cosme/special/hsd/)もスキンケアに役立つ美肌作りのための肌タイプをチェックすることができます。「はい」と「いいえ」の質問に答えていくと肌質を診断してくれます。肌の状態をよくするためにのスキンケアのポイントも教えてもらえるので毎日のケアの参考になります。

あなたのお肌の状態は?

オルビスの肌診断のサイト(https://www.orbis.co.jp/skincheck/?pcd=70000006&plnkcd=3845&pmcd=j13&pmsegcd=35&pagtcd=5)は質問数が多い分診断結果も細かく参考になる情報がたくさんあります。今の肌の状態と使うべきスキンケア用品、どのようなことに気を付けてケアすればよいかを知ることができます。オルビスの商品が気になる場合にはそのまま診断結果に応じたサンプルを申し込むこともできます。

まとめ


肌の状態を知ることは正しスキンケア行うためにとても重要です。毎日のケアで肌の状態は確実に変わってきますから、肌の状態を正確に把握して肌のためにベストなケアを心がけましょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/80766/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 花嫁修業部はじめます!理想のお嫁さんになるために女子高生が大奮闘!
  2. 20年服役・今年出所した65歳男、スカートめくりで逮捕 過去には少女二人を殺害
  3. 笑いは自粛しなくていいハズ!届け!地震対応にまつわる珍エピソード 8選
  4. どうやら元気に育ってるようです。わが子の成長を噛みしめた瞬間 6選
  5. テレ朝「報道ステ」富川悠太、死亡した9歳女児の同級生に「亡くなってどう思う?」とインタビュー
  6. 【閲覧注意!】子供とホラーの組み合わせは最恐すぎる件 7選
  7. 日本ユニセフ協会「ネットのデマに騙されないで!私たちは墓金額の20%を運営費にしているだけです!」
  8. 【だいえっと】幼女社長 第21話
  9. 笑いも金言も圧倒的なパワー炸裂!たくましすぎる母の教え 7選
  10. ハスキー犬に『消えるマジック』を見せてみた!「ん?あれ??……ご主人、どこおおおおお!!」
  11. 人間離れした超絶ジャンプ!椅子8個も、自動販売機も、キスしているカップルも飛び越える!
  12. おむつの子供とお母さんの親子ヨガ!青空の下、繰り広げたスゴ技に深い絆を感じる
  13. 2018年夏トレンド!《オフショルダー》を使った大人可愛いコーデを紹介◎
  14. 大流行!ウェットヘアを作るなら《N.ポリッシュオイル》がおすすめ◎
  15. あなたは誰がお好み?タイプを表す〇〇系男子まとめ
  16. 肌への負担も軽減◎《ノーファンデーション》でも美肌を作るメイク術
  17. 昔の自分に伝えたい、あの人の優しさ。大人になって気づいた大切なこと 7選
  18. あなたはどの形にする?ジェルネイルが映える《爪の形》まとめ◎
  19. 魔法少女が男の子だっていいじゃない! ガキ大将といじめられっ子のコンビが街の平和を守る
  20. 愛情たっぷり♡年上の旦那さんに贈る「ダジャレ海苔文字弁当」がやっぱり面白い!
  21. 魅力的な女性に見せるためには?《女子力》を発揮させる5つのポイント
  22. 眉毛で印象が変わる!イメージに合った≪眉毛≫選びのススメ
  23. 夏に向けた美白対策!使えるおすすめアイテム集めました
  24. 中年男のゆる〜い日常がクセになる!ドラマ化もされた「THE大市民」無料配信中!
  25. 【大阪地震】 9歳女児が亡くなったブロック塀、建築基準法違反だった模様
  26. この人、無敵か?メンタルの強さに惚れ惚れしてしまうマイペースさん 7人
  27. 女子刑務所サバイバル!自分をハメた男へ復讐するため女は鬼となる!
  28. 恋は盲目…恋愛シーンで思わぬ空回りをしてしまった男女の苦悩が甘じょっぱい 8選
  29. 【左翼脳】 「安倍晋三が総裁選を有利にする為に人工地震を起こした」
  30. おじさまと猫第24話。おじさまが電車で出会ったお姉さんの不器用すぎる優しさに感動
アクセスランキング