離婚して本当に大丈夫?後悔しないために知っておきたいポイントとは?

    全体:4月:0週:0日:0

離婚したときに後悔しないようにするために、実際に離婚した人が離婚後に後悔する理由や離婚しない方がいい人などを詳しく紹介しています。離婚する前に知っておくと心の準備ができるので見ておきましょう。

離婚してから後悔した理由

夫婦として喧嘩ばかりしてしまって、つい離婚を考えてから勢いで離婚してしまった場合間違いなく後悔することでしょう。離婚してから自由な生活があると思っていても、夫婦のときの思い出ばかりが思い浮かんできて一緒に遊んだり悲しんだりしたことを1人になってそのよさをかみ締めてしまうことになります。

離婚することを考える前に冷静になってからもう一度考えた方が後々後悔しなくて済みます。子供がいた場合、離婚後に後悔しても遅いので離婚する前に離婚後どういう生活が待っているのかを考えてから決断しましょう。離婚後いろんな後悔をしたというその理由を見ていきます。

もう少し頑張ればよかった

離婚する理由はいろいろとあるかもしれません。そのときの感情だけで離婚してしまったら後悔することになりそうです。そのときは離婚してから自由になれるのであれば、人生やり直しが利くと思ってから離婚する人がほとんどではないでしょうか。

ただし、離婚してから1人の人生を歩んでいくことになり、何か寂しさを感じる日々を送ることになります。周りを見ていると、離婚しないでなんともやり直している夫婦もいて仲良く老後を過ごしている方たちもいます。そういうのを見ている感情的になってから離婚するのではなく、もう少しがまんできればよかったのではないかと思うときがあります。

失ってから気づくケース

離婚するときは相手の嫌な面ばかりが見えてしまって、離婚するしか方法はないと離婚を決断するものです。ただし、離婚後に1人での生活になってから夫婦時代に相手からの気遣いや優しさを改めて気が付くこともあります。

離婚してから気が付いても遅いので、できれば離婚を考えるときに相手の悪い点ばかりを見ないでよい点にも目を向けて考えていれば、離婚することもなかったのではないでしょうか。長い夫婦生活をしているとお互い嫌な面もありますが、気が付かないだけでよかったと思える出来事もいっぱいあったはずです。

子供にとって必要な存在だと認識

離婚するときに自分のことばかり考えてから離婚に踏み切ってから後悔することがあります。それは、子供がいてまだ親の力が必要な場合は、簡単に離婚に踏み切るのはよくないと言えます。学校行事があったときに、両親が揃っていないと子供に寂しい思いをさせてしまいます。

あとは、離婚してから気づくことですが、今まで自分が一生懸命頑張れたのは子供がいたからということを痛感させられます。人生の目標がなくなってから抜け殻のような生活をしてしまうのが子供がいながら離婚したあとです。

離婚してから後悔する人しない人

離婚は現在約3割の人がしています。離婚してから後悔する人もいればしない人もいます。離婚の原因によっても後悔する場合としない場合があります。実際に離婚してから後悔する人の原因にはどんなものがあるのでしょうか。

離婚後に生活をしていく上で非常に困るタイプの人もいます。離婚後のお互いの関係は犬猿の仲になってしまうのでしょうか。離婚してから仲良くなったということもあるのではないでしょうか。離婚後に良好な関係を築いていくことができるのでしょうか。

離婚を後悔する原因

離婚をして誰もが考える後悔があります。離婚するときは考えてもいなかったことが離婚して初めて考えさせられることもあります。その後悔する原因で一番多いのが、もう少し頑張れたのではないかということです。

子供がいる場合は、子供に対する申し訳ないという気持ちがあります。子供が小さければ小さいほどその思いが離婚後に感じるものです。子供の成長とともに片親だと苦労させてしまうということが後悔の原因でもあります。子供は子供の世界があり、片親だとどうしても解決できないことが出てきます。そうなったときのことを考えると、もう少し頑張れたのではないかと思うことです。

最後に離婚してから初めて失ったものの大きさです。結婚しているときは気が付かなかったことですが、離婚して初めて気が付いたということはよくあります。1人になって仕事をしていると仕事でトラブルなどがあったときに、妻に相談できたことが誰にも相談することができません。別れて初めてそのつらさに気が付きます。

離婚後の生活費で女性側は特に苦労します。結婚しているときは専業主婦やパートで働いていたような人は、離婚後の生活が一変します。生活をするために働かなければいけなくなります。生活を維持していくために働くのは大変なことです。主婦時代にパートで働いていたときとはがらりと変わります。離婚後、生活をしていくことがいかに大変かを身にしみてわかっったときに後悔してしまいます。

依存性が高い人は要注意

離婚してからシングルマザーになって生活をしていかなければいけません。そうなったときに生活をしていくことができる人とできない人がいます。相手に依存する度合いが高い人は離婚後の生活をしていくことは難しくなります。

依存度が高かった人の場合、何かに付けて配偶者に頼ってきたわけなので、離婚後では全てを自分1人で解決していかなければいけません。そうなったときに解決できないことに直面する可能性があります。自立していないで相手に頼っていたのが原因でこのような結果を招いてしまいます。

今まで夫におんぶに抱っこだったのが全てを自分でしなければいけなくなります。離婚するときは養育費が入るので何とかなるだろうと甘い考えを持っていても、いざ現実に金銭問題が発生したときには誰も頼りにできる人はいません。そうなると全ての金銭問題を自分1人で解決しなければいけません。これが大変なことで、今までは夫がいたから何とかなっていたものがそうはいきません。

離婚した後も良好な関係を大切に

離婚後は一切会わないでお互いの人生を歩んでいくものかと思いきや、離婚後に良好な関係を築いている元夫婦はたくさんいます。離婚して初めてお互いの必要性や大切さに気が付いたという夫婦はたくさんいます。離婚したら法律上は他人ですが、実際はそう簡単に割り切ることは出来ません。

離婚後に冷静に考えて相手のことを思いやることができるようになったという元夫婦は多いもので、そこで初めて気が付くことも多いようです。離れてみて初めてわかった大切さというものがあります。ただし一緒に生活をしたいかというとそうでもありません。離婚したからこそ良好な関係を築いていくことができるケースです。

2人の間に子供がいる場合は、子供のことを考えると離婚後もお互いが良好な関係を築いていこうと考えればできないことはありません。今までの結婚生活があるからこそ離婚後に相手のことを思いやって、お互いの生活を尊重しながら良好な関係を築いていくことができます。

後悔する離婚原因

長い結婚生活をしていて子供もいる場合に離婚してしまったら、スッキリする部分もあれば後悔する部分があります。離婚してから後悔することと言えば子供がいる場合は子供の精神状態や生活などを一番に考えます。結婚しているときとはまったく変わってしまうので子供に悪い影響がないのか気になります。

離婚すると金銭的に大きく変わってきます。生活をしていく上で2人で築いていたものを1人で築かなければいけません。シングルマザーになった場合は特に金銭的に苦しくなります。その金銭問題で苦労することで後悔することもあります。

最後に離婚すると苗字が変わることがあります。周りの目が気になり始めます。当然今まで夫婦一緒に生活をしていたのができなくなり、両親のどちらか片方と生活をすることになります。そうなったときに周りから見られる視線が気になってきます。どういうときに気になるのか具体的に見ていきましょう。

子どもの存在

離婚してから後悔するのが子供の存在です。子供と一緒に離婚できればいいのですが、相手に子供の親権が渡ったときは毎日会うことができません。離婚後子供と会えなくなって寂しさを感じることが出てきます。そのときになって初めて子供の大切さに気が付いて離婚しなければ良かったと思うこともあるでしょう。

自分1人の生活と子供がいる生活では全く違う生活になって、子供と一緒に生活していたときのことを懐かしく思えます。ふとしたときにそういったことを考えてしまって、子供との生活がいかに生きる活力になっていたかがわかります。

金銭関係

離婚後すぐ必要となるのが、生活をしていく上でお金です。お金がなければ生活できないため、結婚していたときのような生活をしていくことは難しくなります。子供を引き取った場合は寂しさはありませんが、生活をしていく上で金銭的に苦しくなります。離婚するときはそこまで苦しくなるとは思っていなかったことが、離婚後身に染みてお金の必要性を感じてしまいます。

周囲の目

離婚後苗字が変わってしまって生活が一変します。シングルマザーの場合は結婚前の苗字を名乗ることになりますが、新しく出会う人には違和感なく接してもらえますが、夫婦のときを知っている人たちからはなんとなく嫌な感じがするときがあります。

意識していないつもりでも周囲の目はそうは思ってくれません。離婚したことを知られてしまっていて、影ではなんと言っているんだろうとかとついネガティブなことを考えてしまいます。生活をしていて知らないうちに卑屈になっていたりします。

まとめ


感情に任せて離婚をする前に離婚した後にどんな生活や精神状態が待っているかを知っておくと、離婚するべきかどうかをもっと冷静に考えることができます。離婚する前に離婚後の後悔しそうな事や準備しておかなければいけないことがわかります。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/80090/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 「痴漢をされたら安全ピンで痴漢の手を刺しましょう」に賛否
  2. 中国政府、Google、Facebook、YouTube等だけでなく全言語のWikipediaをブロック
  3. 【画像】 「好きで好きで仕方なかった」 新宿で男性"刺"して逮捕の女
  4. 「英語ペラペラになりたくない?」ダメ教材アプリでTOEICスコア9,000万兆を目指そう!
  5. 【画像】 東京五輪の暑さ対策、かぶる傘を試作 小池知事が明らかに
  6. その心持ちに同情!一張羅をめぐる赤ちゃんとの優しい攻防が笑える
  7. 初々しさがカワイすぎる!鈍感男子の背中を押す優しい世界に尊さが溢れる…
  8. 最強生徒会長に目をつけられた!弱小アニメ部廃部の危機を回避したのはあの名作?
  9. 日本社会に物申す!接客業の叫びを聞いてくれ 7選
  10. カツオのイケメンぶりがスゴい!実写版「サザエさん」一家のビジュアルが解禁されたぞ!
  11. 軽い気持ちでZOZOSUITを注文→サービスが徹底しすぎてまさかの事態に
  12. 夏に温度が上がるチャイルドシート!対策をご紹介
  13. 夏に温度が上がるチャイルドシート!対策をご紹介
  14. オタクの目をなめたらいかん...!同志なら共感する趣味に熱い人々 7選
  15. オタクの目をなめたらいかん...!同志なら共感する趣味に熱い人々 7選
  16. 大人を悶絶させるピュアキッズ 8選!全力で抱きしさせてくれ...
  17. ナチュラルエレメンツバランシングセラムCで毛穴ケア!口コミの評価や実際の使用感は?
  18. 花菜の選べる乳酸菌は口コミ通りの効果がある?実際に使ってみた!
  19. 堂々たる勘違い。思わずツッコミたくなる「違う、そうじゃない」エピソード 7選
  20. 笑いはプライスレス!生活を支えるスーパーでの驚きエピソード 7選
  21. 大人になった今だから!子供には思いつかない「これやりたい」願望 7選
  22. 「本を読むことの大切さ」を説いた母の教えが素敵すぎる!
  23. 世界中が虜に!少女の自由すぎるダンスに生きる元気をもらうオトナ続出
  24. 【画像】 チップの代わりに手書きでお礼を書く「キモチップ」がキモイと話題に
  25. まさかの展開に読者爆笑!マッチ売りの少女が最後に願うものとは!
  26. 「食パンの薄切り」に挑戦し続けるパン屋のドキュメンタリー
  27. 【親の心子知らず】自由すぎるゴールデン・レトリバーの日常に笑う
  28. 3匹のネコと息子の「甘えん坊軍団」に囲まれて暮らす日常にほっこり
  29. 「なんで私が東大に!?」にツッコんだらまさかの事態に発展
  30. クレイジーのあいつが参戦!?LGBTの祭典「東京レインボープライド」イベントレポート
アクセスランキング