肌が汚い原因は・・?なんでいつまでたっても綺麗にならないの?

    全体:6月:0週:0日:0

メイクをして隠そうとしても、素の肌が汚すぎて、全然どうしようもないと、嘆いている方は少なくありません。素肌の綺麗さはその人の魅力を左右する重要なポイントなので、色々なケアを行い、素肌を綺麗にキープしたい物です。素肌を綺麗にするためにはどうすれば良いのか、そもそもどうして肌は汚くなってしまうのか、原因や対策と合わせてご説明します。

そもそもなぜ肌が汚いのか

ニキビやニキビ跡

肌荒れの代表例として知られているのが、ニキビやニキビ跡です。老若男女問わずに悩まされる肌荒れの一種で、繰り返して再発することも多いのが、ニキビやニキビ跡の特徴と言えるでしょう。

ニキビにはいくつか種類があり、白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビなどがあります。いずれもそれぞれ出来る原因や対策が異なりますが、肌が汚く見えることに変わりはありません。ニキビを潰しすぎると出来る、ニキビ跡も厄介な存在で、クレーターのようになった結果、でこぼこと主張が激しい素肌に陥ってしまう方も多いでしょう。

乾燥肌


肌の潤いが失われて、いつ触ってもかさかさボロボロな状態な乾燥肌も、肌が汚く見えてしまう原因です。メイクをしても上手く乗らずに、見た目が見苦しい状態になってしまうのが、乾燥肌ならではの難点といえるでしょう。

乾燥肌の場合は、小じわやほうれい線も目立ちやすくなってしまうのが特徴で、通常の肌質の人と比べると、明らかに年齢が老けてみられてしまうのも、乾燥肌の難点として知られています。

乾燥肌は潤いが少ない分、刺激にも非常に敏感で、敏感肌を併発している方も少なくありません。肌に合わないスキンケア商品を使ってしまうと、すぐに痛みやかゆみが出てしまったり、ちょっとした刺激で皮膚炎を発症してしまったりする可能性が高くなるのも特徴です。

くすみや毛穴の開き

肌のトーンが明らかにくすんでいるなど、肌の透明感が失われた状態も、肌トラブルの一種です。明らかに肌がくすんでおり、日焼けのような健康的な肌質とは違う、よどんだ肌色が特徴と言えるでしょう。

肌のくすみは年齢を重ねるごとに顕著になると言うことも多いですが、日頃のスキンケア方法や、紫外線対策などを間違えてしまうと、肌トーンがくすんでしまうことも多々あります。その為、日頃のスキンケアなどは、正しい方法で行う事が大切と言えるでしょう。

また、毛穴の開きも非常に悪目立ちするタイプの肌荒れとして知られています。毛穴がぱかっと開いてしまい、ぼつぼつと苺のようになってしまっているような毛穴に、コンプレックスを抱えている方も少なくありません。毛穴の開きはファンデーションなどで隠しても、時間と共に目立つ事も多く、非常に厄介な肌トラブルとして知られています。

肌のくすみも毛穴の開きも、いずれも年齢に関係なく、ちょっとした事で目立つ事が多いのが特徴です。特に肌のくすみに関しては、日頃のお手入れ方法が間違っていると、くすんだ状態で定着してしまう場合もあるでしょう。

汚い肌がきれいにならない理由

洗顔が間違っている

ニキビ等がなかなか治らないという場合は特に、洗顔方法が間違っている可能性があります。洗顔は正しく行わないと、肌トラブルが悪化し、肌質が悪化する一方ですので、十分注意をしないといけません。

まず洗顔は、洗顔料をしっかりと泡立てて使う事が大切です。洗顔料を泡立てずに使っていると、皮膚をゴシゴシとしてしまい、乾燥肌の原因などに繋がってしまう恐れがあるでしょう。また、汚れをきちんと落とすことが出来ず、目には見えずらいファンデーションなどが、ばっちり残ってしまっている可能性があります。洗顔料を使う際には、しっかりともちもちとした泡を作り、優しく丁寧に洗うことが大切です。

次に洗顔は、あまり頻繁に行ってもいけません。多くても朝と夜の2回など、あくまで汚れた時だけ、皮脂を落としたいときだけなど洗うようにして下さい。ゴシゴシと洗えば洗うほど、肌がダメージを受けてしまい、肌トラブルに繋がる場合もあります。また、洗顔料を使わずに、水洗顔だけでも十分な場合もありますので、肌のコンディションを見ながら、洗顔方法を変えることも大切です。

三つ目は、洗顔料そのものの見直しです。洗顔料にも様々な種類があり、含有されている成分が異なります。肌質がデリケートな方の場合、洗顔料の何らかの成分が肌に合わず、洗顔をすればするほど、肌に深刻なダメージが伝わる恐れがあるでしょう。肌がデリケートな方は特に、洗顔料の成分をチェックして、出来るだけアルコールや香料など、刺激のある成分が入って居ないタイプを選ぶ事が大切です。

食生活


食生活の乱れは、肌トラブルを引き起こす最大の引き金となります。食生活を根本的に見直すことで、肌質が徐々に改善し、ツルツル素肌になるケースも多いでしょう。基本的には野菜中心の食生活を心がけて、偏食しないように、栄養バランスを考えて食事をとることが大切です。

脂分を摂取する際にも、動物性油ばかりを取るのでは無く、植物性で、良質な油を取るようにすると、お肌への負担は少なく、脂分のよい部分だけを反映させることが出来るでしょう。例えば、オリーブオイルやココナッツオイルなど、植物性油脂と一口に言っても色々な種類がありますので、好みのタイプを選んで見ることが大切です。物によっては、アンチエイジング効果も期待出来ます。

また、ビタミン郡を積極的に取ることも、肌トラブル改善をするためには欠かせません。ビタミン郡は、肌のターンオーバーを促進して、くすみや肌荒れ、ニキビや乾燥肌など、様々な肌トラブルに対応することができるでしょう。ビタミンCやビタミンD、ビタミンには様々な種類がありますので、それぞれのビタミンを効率良く摂取する事で、肌質改善に役立ちます。

ビタミンを効率良く摂取するためには、野菜や果物から上手に摂取する事がおすすめ。特に、果物を積極的に取ることで、体内に効率良くビタミン補充をする事が出来るでしょう。

更に、水分を摂取する際には、出来るだけ、ミネラルウォーターなど、純粋な水分を摂取することが大切です。甘いジュースや炭酸などは、どうしても糖分が多く含まれていますので、実は肌には大きな負担がかかります。たっぷり水分補給をする際には、純粋なお水が一番お肌に良いでしょう。水分をタップリ摂取することで、ターンオーバーも促進されやすくなります。

体質や加齢

元々の体質や加齢によっても、肌質は大きく変わる傾向があります。例えば、体質的にニキビが出来やすい、体質的に乾燥肌になりやすいという方も多いため、その場合は、自分の体質に合わせた対策を徹底的に行う事が重要です。

年齢を重ねることで、今までのスキンケアの効果が薄れてしまうというケースもありますので、自分の体質や年齢に合わせて、スキンケアや、各種対策を見直すことが重要でしょう。

まずはお肌のタイプを知ろう

皮脂の多い肌

顔がてかりやすい、ニキビが出来やすいという方は、皮脂量が多い肌質の可能性があります。分泌される皮脂量が人よりも多いため、肌がてかりやすく、化粧が浮いて来てしまうと言う女性も少なくありません。

皮脂の多い肌は、肌に水分が足りて居ないのか、食生活が偏っている可能性がありますので、気をつけてみると良いでしょう。

乾燥がちな肌


メイクが乗りにくい、何だか小じわが目立つ、触り心地がガサガサという場合は、肌が乾燥がちな可能性が大!スキンケアはとにかく保湿を重点的に行い、少しでも水分を肌に残す事が出来るように、スチーマーなども活用して、徹底的に保湿ケアを行いましょう。

また、乾燥がちな肌の方は、油分摂取が足りていない可能性もあります。良質な油を適量摂取するように心がける事で、ちょうど良いバランスのお肌をゲットすることが出来るでしょう。

ニキビや毛穴が見えるお肌

ニキビや毛穴の開きが起こりやすい肌質の場合は、日頃の洗顔の方法から見直してみることが大切です。洗顔の際には、お湯などで行わず、水かぬるま湯で行い、洗顔後は必ず、冷やしたスキンケア商品などで、開いた毛穴をしっかりと引き締めることが重要です。

毛穴を引き締めることで、皮脂などが毛穴に入り混む事を防ぎ、ニキビケアにも繋がる傾向があります。毛穴が開きやすい環境を出来るだけ改善する事で、ニキビケアにも繋がり、一石二鳥と言えるでしょう。

汚い肌がみるみる綺麗になる方法

UV対策をしっかりしよう

紫外線対策、UV対策をきちんとすることで、汚いお肌が嘘のように綺麗になったと実感している方は少なくありません。紫外線はオールシーズン、お肌にとっての天敵ですので、1にも2にも、UV対策を行うようにしましょう。

紫外線対策をする際には、日焼け止めを塗ることはもちろん、出来るだけ肌の露出を抑える服装をしたり、日傘を着用したりして、物理的に紫外線をカットするアイテムを使う事が大切です。日焼け止めにも様々な種類がありますので、日焼け止めを選ぶ際には、効果が強い物を選ぶなど、シーンに合わせて選んで活用すると良いでしょう。

便秘改善をしよう


便秘をしがちな方はまず、便秘改善をすることで、肌質が一気に改善すると言う傾向にあります。便秘の方は、体内に毒素が溜っている状態ですので、毒素を体外に排出しようとして、ニキビや吹き出物などに繋がる事が多いのです。体内に毒素が溜っている状態はニキビなどの他にも、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいますので、とにかく便秘解消をすることを、一番に考えて見て下さい。

食生活や生活習慣を徹底的に見直そう

食生活の見直しは勿論、睡眠不足の改善、適度な運動を取り入れるなど、根本的な生活習慣の見直しを行い、継続していくことで、肌質はあっと言う間に改善します。肌は生活習慣のバロメーターと言っても過言では無いほど、日頃の生活習慣を表しているので、肌トラブルが起きたら、生活習慣の何らかが荒れている可能性があるでしょう。

こういう習慣が肌を汚くしている

煙草やお酒

タバコは百害あって一利無し。積極的に毒素を摂取している状態ですので、当然お肌には良くありません。肌は常にガサガサという方も多いため、てっとり早く肌質改善するためには、絶対に辞めましょう。また、お酒も過剰に摂取すると、肌質悪化に繋がります。毎日のように大量に飲むのでは無く、必ず休肝日を作り、内臓の負担を減らすことで、お肌の負担も減らすことが出来るでしょう。

化粧を落とさず寝てる


化粧を落とさずに寝てしまうと、肌年齢が10年衰えると言われているほどで、非常に負担がかかります。化粧は必ず綺麗に落としてから、ぐっすりと眠ることが大切です。化粧を落とす気力が無いほど疲れている時もあるかと思いますので、そんな時の為に、服だけで化粧を落とせるシートなどを用意しておくことも大切です。

ごしごし洗顔

汚れをしっかりと落そうとして、ゴシゴシと洗顔をしてしまう方も居ますが、これはタブー中のタブー。摩擦によって肌に深刻なダメージが伝わりますので、そのまま続けて居ると、肌がどんどん老化してしまいます。お肌は丁寧に、優しくマッサージするようにして、洗顔することが重要です。

特に目元は非常にデリケートな部分なので、余計な負担がかからないように、丁寧に洗顔するようにしましょう。

まとめ

汚い肌を理想の美しい肌にする為には、日頃の生活習慣の見直しをすることが何よりも大切です。高いスキンケア商品などを使うのではなく、根本的な部分を見直した方が、確実に、よりてっとり早く、理想のお肌を手に入れられます。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/80754/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. ジョークはデキる大人の必需品!愛され上手な「冗談がうまい人々」 7選
  2. 立憲民主党さん、主催した大会で支持者らに「PERTNER」と謎の英単語が書かれたIDカードを配布する
  3. 「自分が少し可愛くなった気がする」オシャレに励む女性なら共感できるキモチ 7選
  4. 「一緒に遊ぼうよ~♡」大好きなワンコをあの手この手で起こそうとするニャンコ
  5. 【危険注意】可愛さと笑いが融合したニャンコのボケて10選
  6. 【「ひやしあめ」は懐かしい味?】大阪ちゅーとリアル 第29話
  7. 疲れた時に見たい4コマが登場!不思議な女の子に癒されること間違いなし(全3作)
  8. 今だからこそ北海道へ!相次ぐ宿泊キャンセルに対する熊本市長からの呼びかけが素敵
  9. 【不可能を可能にする】おぎぬまXの4コマ空間 第46話
  10. ミニPS登場! “プレイステーション クラシック”が12月3日発売決定! 『FFVII』『R4』などPSの名作20本を収録
  11. 心から尊敬!がん患者に寄付するため、小2の男の子が髪の毛を3年間伸ばし続ける
  12. ニャンてことだ!スゴ技を連発する猫のサーカスに、米国オーディション番組の辛口審査員もタジタジ
  13. ウエディングドレスが引き立つサッシュベルトのおすすめの選び方
  14. プロポーズのネックレスが注目されている理由とは?
  15. 心に響くプロポーズのセリフ6選!女性がときめく一言とは?
  16. プロポーズの時期~交際期間とタイミング~
  17. プロポーズ成功の鍵はシチュエーションにあるって本当?
  18. プロポーズで指輪以外でもらって嬉しいプレゼントとは
  19. 憧れのプロポーズの言葉!どんなプロポーズをされたいか徹底調査
  20. グリーンスムージーダイエットのやり方とメリットを紹介!1食置き換えるだけの簡単ダイエット!
  21. 脱毛シートを徹底解説!驚くべき効果や使い方、選び方まで
  22. 除毛クリームの気になる効果を検証!最適なムダ毛対策とは?
  23. 除毛クリームでvioのムダ毛処理!選び方から注意点まで
  24. 除毛クリームを市販で買う場合の注意点!選び方のコツも紹介
  25. 鼻の黒ずみができるのはなぜ?原因~簡単にできるケアを紹介
  26. 脇の黒ずみに悩む人必見!原因と対策を一気に紹介
  27. 黒クマに悩みを持つ人必見!黒クマの原因から改善方法を紹介
  28. メラニン色素のメカニズムと役割!体に与える影響とは
  29. メラニンと体の関係について!メラニンを増減させる方法
  30. メラノCCが人気の理由とは?ラインアップや使い方も紹介♪
アクセスランキング