大人ニキビの原因!乾燥やホルモンバランス等!原因を把握して対策!

    全体:5月:0週:0日:0

大人ニキビの原因は本当にいろいろありますが、例えばホルモンバランスが乱れたときに発症しやすいと言われています。この場合はホルモンバランスを整えるための、ホルモン治療という方法もあります。また肌レベルで治療するレーザー治療。他にも洗顔料を見直すなど、ニキビを根本から改善するためには、ニキビの原因をしっかり把握することが大切です。

大人ニキビ洗顔のポイント

大人ニキビに洗顔をして清潔感を保つ

ニキビには清潔感を保つことがとても重要です。ニキビの原因は毛穴の中に皮脂が溜まり、そこに汚れや古くなった角質などが溜まり、そこにアクネ菌などの常在菌が侵入して起こります。毛穴の中はちょうどいい温度と食べ物がたくさん溜まっており、どんどん増殖してしまいます。

常在菌は常に肌に棲み着いている菌で、それ自体特に悪さをするわけではなく、逆に悪い菌を肌細胞に侵入させないという良い働きをしてくれます。しかし毛穴の中で異常繁殖してしまったアクネ菌は力を蓄えてしまいどんどん肌細胞内に侵入してくる悪い菌になってしまうのです。それを阻止するために、免疫システムが炎症を起こして菌の侵入を防ぐわけですが、それが炎症性の赤ニキビ状態なのです。

このようなニキビのメカニズムを知っていくと、最初に一番重要なことは清潔に洗顔をすることだということが分かってくるのです。ニキビは治療より、まず洗顔によって予防することが大切だということになります。清潔にしていれば毛穴に入ってしまったアクネ菌を増殖させることはありません。毛穴に皮脂などが詰まり、アクネ菌を増殖させるニキビの素地をつくらせないことが重要なのです。

洗顔をする回数は?

ニキビ改善には清潔が一番と言われていますが、1日に何回も気付いたときに、こまめに洗顔をすればいいのでしょうか。実は洗顔をすると皮膜が破壊されてしまい、新たに再生されるまでに時間がかかります。そのため何回も洗えば良いというものではないのです。逆にガードができない弱い肌になってしまいます。

そのため洗顔は朝夜の2回が良いと言われています。夜は1日の汚れをしっかり取ります。朝は軽く水洗い程度にしたいところですが、夜アクネ菌などの代謝物が肌の上にたくさん残ってしまい、それを取るのは水やお湯では無理。そこで無添加の質の良い洗顔料や石けんを使用して優しく洗顔しましょう。

夜も朝もゴシゴシ洗顔することは厳禁です。優しい泡洗顔をすること。また洗顔の後にはしっかりスキンケアをして、保湿ケアと皮膜の代わりに肌を守る美容クリームなどが必要となります。ただし皮脂の多い人は、クリームよりジェルやゲルタイプの油分の少ないものにしましょう。

洗顔料にも拘る

またニキビ肌を改善するためには、洗顔料にこだわることも必要です。今まで当たり前のように使われていたアルコール系の洗顔料は、良い香りや綺麗な色をし、安価で魅力的なものですが、実は薬品でつくられたもので、肌へ悪影響を与えると言われています。長い間アルコール系の石けん、洗顔料、シャンプーなどわたしたちは当然のように使用してきた結果、アレルギーや肌トラブル、抜け毛などが増えてしまったとも言われているのです。

アルコール系の洗顔料は、さまざまな化学物質系の添加物をたくさん使用しています。その上、合成界面活性剤は毛穴の中の必要な皮脂まで取り除いてしまうことで、体は皮脂をもっと出さなければと過剰に分泌するようになり、脂性の肌になってしまったり、逆に皮脂が出にくい乾燥肌になったりと、皮脂分泌異常の原因にもなるのです。皮脂過剰分泌こそ大人ニキビにつながってしまいます。

ニキビの人がアルコール系洗顔料をそのまま使い続ければ、ニキビの改善が難しく、アレルギーや敏感肌など、次のトラブルも発症してしまうこともあるのです。ニキビ予防、改善のためには、まず天然素材を使用したアミノ酸系の洗顔料を使用するようにしましょう。ただし洗顔料を選ぶときに注意しなければならないのは、「天然成分配合」という謳い文句です。

現在アミノ酸系の洗顔料に人気が集まる中、アルコール系の洗顔料であっても幾つかの天然成分を配合されていれば、「天然成分配合」ということを謳います。しかしこれはアミノ酸系だということではなく、ただ天然成分がプラスされているというだけで、アルコール系洗顔料には変わりないのです。このように謳い文句に惑わされないように、選ぶときにはしっかり内容をチェックしましょう。

まず幾つもの添加物がフリーになっていること、特に合成界面活性剤をはじめ合成香料、合成着色料、鉱物油、アルコール、パラベンなど無添加のものを選びたいものです。そして合成界面活性剤を使わず、さまざまな天然成分で毛穴の中を無理なく綺麗にしていく成分が含まれている洗顔料を選ぶようにしましょう。

また少しでも肌に優しい洗顔料を選ぶためにも、泡洗顔にふさわしいものがおすすめです。泡洗顔はとても肌にやさしく、質の良い洗顔料ならこすらなくても、綺麗に不必要な皮脂や汚れを浮き上がるので刺激なく洗顔できます。このように洗顔料と洗顔方法を注意することの両面からしっかりニキビ肌ケアをしていくことが大切ではないでしょうか。

大人ニキビの治し方を分析!

ホルモン治療でホルモンバランスを改善

大人ニキビの改善法として、ホルモン治療を行うということがあります。もともと大人ニキビにはいろいろな原因があります。例えば上でもご紹介したように洗顔料の原因から皮脂分泌異常が起こり、大人ニキビになる場合もあります。しかし例えばストレスなどによる原因では、交感神経のバランスの乱れからホルモンバランスの乱れを起こし、そこから大人ニキビになることもあるのです。

もちろん思春期ニキビのように、ホルモンバランスが不安定なことから起こるニキビとは基本的に違いますが、ホルモンバランスが崩れという点では似ています。大人ニキビに悩んでいる人の大半は、皮脂分泌異常が原因と思われていますが、実はその裏にはホルモンバランスの乱れということも大いに考えられるのです。

男性の体内には男性ホルモンの他にも女性ホルモンが分泌しており、逆に女性でも女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンも分泌しています。そして男性は男性なりのバランスがあり、女性には女性なりの正常なバランスがあります。そのホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが増えてしまうと皮脂分泌が多くなり、ニキビの原因になるのです。

例えば最近は社会進出している女性が増え、男性と同じようにいろいろな責任やストレスを抱え、バリバリと仕事をこなしています。そのため男性ホルモンが増加しやすくなり、それによってニキビが出来やすくなるということもあるのです。ホルモン治療は、男性ホルモン分泌を抑えるために、女性ホルモンを投与する治療となりますが、最初は女性ホルモンに類似した働きのある、疑似ホルモン剤を投与することもあります。

疑似ホルモンとしてはイソフラボンとエストロンなどがよく知られており、疑似ホルモンは分子量の大きいグリコシド型と分離量が小さいアグリコン型があります。また避妊薬として使われているピルの服用などもよく行われる治療ですが、ピルには女性ホルモンのエストロゲンが含有し男性ホルモンを抑えます。

大人ニキビは、ホルモンバランスが崩れているという原因が多いため、ホルモンバランスを正常にするために、このようなホルモン治療が効果的です。しかし何故ホルモンバランスが乱れるのかということをもう一つ踏み込んで考えると、そこには人それぞれの原因があるのです。その原因を改善することもとても重要となります。

治療としてはホルモン治療が最適であっても、ホルモンのバランスが乱れる原因が何かを探してみましょう。もしストレスにあった場合は、ストレスを受ける環境から離れることも大切です。もし職場のように離れることができない場合は、自分なりにストレス解消法を探すことも必要ではないでしょうか。

例えば趣味を見つけて、趣味を楽しむようにするなどもいいかもしれません。また同じ状況を繰り返さないためにも、ホルモンのバランスの乱れの陰に隠れている本当の原因を探し改善することも大切なのです。

ケミカルピーリングで肌の環境を整える

肌の再生は28日周期で細胞が入れ替わる、肌のターンオーバーが正常に行われなくなった場合、ニキビや肌荒れ、シワ、くすみ、シワなどが起こります。そのため肌の入れ替えが理想的に行われるように、酸を使って治療を行うのがケミカルピーリングなのです。ケミカルピーリングは皮膚の表面に酸を塗り、古い角質を溶かし皮膚再生を促していきます。

使用する酸は医師によってさまざまですが、一般的なものとしてニキビや吹き出物の改善の効果があり、テンサイ、パイナップル、サトウキビなどから抽出されるフルーツ酸の一種の「グリコール酸」。くすみ解消、ハリ、ツヤに働き、美白・保湿効果に優れたマイルドなピーリング剤である「乳酸」。ボディのニキビやくすみに働くサリチル酸や、他にもグリコール酸、乳酸、サリチル酸をバランスよく配合した新しいピーリング剤「MIXピール」などを使用します。

レーザー治療で肌から綺麗に!大人ニキビを排除!

重度のニキビの治療として人気のあるレーザー治療ですが、その種類はいろいろあります。「炭酸ガスレーザー」治療は、レーザーをメスとして使用します。またニキビに穴を開けるときに針の代わりに使用する場合もあります。ニキビの化膿が深いところまで溜まってしまった場合は、抗生剤などで炎症を抑えるだけでなく、化膿した膿を取り出す方がニキビ跡を残さず綺麗に完治することができると言われています。

「アレキサンドライトレーザー」治療は、シミ、くすみ、脱毛などの改善や、毛穴の引きしめに使用されるレーザーです。ニキビの原因がシェービングすることによるダメージの場合、脱毛することが先決となります。その場合は男性の髭などの脱毛に利用されることもあります。もちろんニキビを出来にくくする効果もあり、またニキビ跡のくすみやシミを改善するときに利用されることもあります。

「ロングパルスYAGレーザー」治療は、アレキサンドライトレーザーと同じようにニキビを出来にくくする効果があり、またニキビの跡の色素沈着や赤身を改善します。「フォトセラピー・IPL」治療は、ニキビ治療としてよく使われる手段の1つです。アクネ菌を殺菌する効果があります。またニキビの赤や黒にも反応しやすいため、ニキビにフラッシュを当てて照射します。

他にも「フラクショナルCO2レーザー」治療は、クレーターや陥没など重症なニキビ跡に有効な治療です。レーザーを小さな点状に照射して、トラブルが起きている皮膚を徐々に再生させていく方法で、傷や妊娠線などの治療にも使われます。また毛穴を小さくする効果もあり、ニキビ跡だけでなくニキビ予防としても利用されるレーザー治療です。

大人ニキビの原因を考える

乾燥する環境にいると大人ニキビができやすい

肌の保湿と皮脂過剰を、同じように考えている人もいるようです。そのため皮脂が多い人は、乾燥している環境の方がサラッとしていて、ニキビには良いと勘違いしている人もいます。しかし皮脂過剰の人こそ保湿不足なのです。そのため皮脂過剰を改善するためにも、保湿はとても重要となります。

そのため冬など乾燥している時期は、加湿器を使用して湿度を高めの環境にしましょう。また最近は夏でも冷房などを使用しているので、室内は乾燥していることも多く、できるだけ湿度を高めて乾燥する環境をつくらないようにしましょう。それでも自宅でなければ、思ったように湿度を高めることもできません。そんなときにはしっかり保湿を考えたスキンケアを心掛けましょう。

男性ホルモンの過剰分泌が影響している

男性ホルモン過剰分泌が影響していることがニキビの直接的な原因であることが多いので、ニキビができやすく悩んでいる人の場合は、医師に相談してホルモン治療を検討すると良いのではないでしょうか。ただし女性の場合は生理の1週間ぐらい前からニキビができやすくなってきます。これもホルモンバランスによるものですが、これは生理のメカニズムによって起こるものです。

重度のニキビ意外はホルモン治療を考えるより、肌を綺麗にしておくなどの予防を心掛けるようにしましょう。生理から生理の約真ん中ぐらいの時期が排卵日となります。その後次の生理までの期間は、エストロゲンが低下しプロゲステロンが増加してきます。これが生理のメカニズムであり正常な流れなので、この状態を変えてしまうことはできません。そのため生理の近くになるほど皮脂分泌が増えてニキビができやすくなるのです。

どうしても辛い場合は、女性ホルモン様のものを摂取するという方法もあります。例えば大豆イソフラボンなどは女性ホルモンのエストロゲン様の成分として知られています。またピルを上手に利用して、女性ホルモンをコントロールし、男性ホルモンを減らす方法でニキビ予防、改善を行うこともあります。しかし妊娠を希望しているときには使用できません。

栄養の偏りで肌のバリアがなくなる

毎日の食生活の乱れによって栄養のバランスが悪化し、ニキビを増やしたり悪化させる原因にもなるのです。特に外食中心の人は脂質やタンパク質、糖質などは意外と摂りやすく、逆に野菜は不足しがちになることが多いのではないでしょうか。野菜に多く含まれるビタミンやミネラルなどが不足すると、肌に悪影響が出やすくなるのです。

また食生活が乱れていると、どうしても便秘になりがち。それによって腸内環境が悪化していきます。しかし免疫細胞の約60~70%は腸内に存在しているため、腸内環境が悪くなると免疫力も低下することになるのです。ニキビにとって免疫力を高めることはとても重要です。そのため腸内環境が良い状態に保持されるためにも乳酸菌や食物繊維をしっかり摂りたいものです。

また肌を守るバリア機能の低下もニキビ体質につながります。ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどは皮膚の健全にとても重要ですが、食生活が乱れるとまず影響を受けるのは、これらのビタミン、ミネラルです。そのためニキビ体質を改善し、ニキビ予防を考えるなら、しっかり栄養のバランスを考えた食事を摂るようにしなければなりません。

まとめ


大人ニキビの原因として、洗顔料の問題、ホルモンバランスの問題、栄養の問題などがあります。また治療方法も幾つかご紹介しました。この中から自分のニキビ原因の可能性を探り、それにあった見直しや治療法でしっかり大人ニキビを改善していきましょう。

引き用元サイト: FEELY

記事元url: https://feely.jp/79618/

 - FEELY

推し

1
ロキソニンに重大な副作用が発覚 「小腸・大腸の狭窄・閉塞」など

1 名前:リサとギャスパール ★:2016/03/23(水) 18:43:24.67 ID:CAP_USER*.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60m...

2
【悲報】ロキソニンに重大な副作用 小腸・大腸の狭窄・閉塞などを使用上の注意に追記

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/03/23(水) 20:45:26.60 ID:aU953s/Va.net

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウ...

新着記事

  1. 労いの言葉ってどんな言葉?気持ちを伝える7つのワード
  2. オルジェノアの特徴は?女性のためのオーガニックシャンプー
  3. 判断力の低い人は損?成功を手に入れる7つの方法
  4. ナチュラルなベースメイクに最適!「シリコンパフ」に大注目
  5. 理解力がないのはどうして?理解力を高める方法とは
  6. 結婚できない不安を感じる原因と不安を払しょくする方法
  7. 面倒見がいい人の特徴と気をつけたいこと
  8. 外出中のメイク直しに!「マルチポンポン」が優秀すぎる◎
  9. きつい仕事の職業って?こんな職場は気を付けて
  10. 大人の女性にぴったり!おすすめしたい4つの「渋色チーク」
  11. 「説明が下手」と言われないために!説明上手になる方法とは
  12. 洞察力を仕事に活かす!洞察力の鍛え方とメリットを紹介します
  13. カバーとキープ力が優秀!「ザセム」のプチプラコンシーラー
  14. なんでもできる人になる!デキる人になるためには?
  15. 赤はリップだけじゃない!おしゃれな「赤コスメ」で楽しむメイク
  16. 今の仕事から逃げたい!そう感じたら考えて欲しいこと
  17. 絶妙なニュアンスを実現!おすすめしたい3つの「マーブルコスメ」
  18. 世渡り上手になりたい人へ!オススメの習慣を教えます
  19. 崩れないメイクが完成!「メイクアップフォーエバー」のお粉
  20. 出世したくない人が増えている?出世したくない理由とメリット
  21. なんだか泣けてくる…!寒い冬にピッタリの心がジーンと温まるお話 7選
  22. 仕事でサボリ癖がある!と言われたら?改善するための方法
  23. 上司が怒鳴る人でツライ…そんなあなたにオススメの対処法
  24. 言われたことができない部下に困っていませんか?接し方のポイント紹介
  25. 懐かしさにほっこり♪ 「サクラクレパス」のコラボグッズが可愛すぎる件 10選
  26. 「後悔知らず」の人生を!あなたのこれからをハッピーにするための計画書 7選
  27. 魅力的な美肌に近づく!「イブサンローランのメイク下地」が優秀
  28. 「ちふれが50周年」!大人気アイテムを数量限定で販売開始◎
  29. 自分のお気に入りのトイレが奪われると勘違いしたカワウソの反応が可愛すぎる!
  30. もはやほとんどインド!千葉県印西市の動画「印度じゃないよ」がインド映画風に踊りまくり
アクセスランキング